皮膚がんが混じっていることも...放置しても良いの?「いぼ」の基礎知識

年を重ねるうちに顔や首などにいぼができて、気付いたときにはずらり並ぶようなことも起こります。シミだった皮膚が黒く盛り上がっていぼになってしまうことも。 いぼは放置して良いもの?今回は新宿南口皮膚科院長の乃木田俊辰先生に「いぼ」の基礎知識について教えてもらいました。

pixta_54999634_S.jpg

良性のいぼの中にがんが混じっていることも

「いぼにはいろいろな種類がありますが、シニア世代に多いのは、脂漏性角化症という老化現象に伴う良性のいぼです。ただし、黒色調を呈するので、悪性黒色腫、基底細胞がんなどの皮膚がんが生じていることもあります。いぼに気付いたときには一度は皮膚科を受診して、皮膚がんか否か、どのような種類のいぼなのかという診断を受けることが重要です」と乃木田俊辰先生は警鐘を鳴らします。
良性のいぼは増えても命に関わりませんが、顔に生じたたくさんのいぼの中に、皮膚がんが交じっていることもあります。

皮膚がんは、痛みなどはなく見た目にも「単なるいぼ」と思えることが多く、放置して進行させてしまうことも。

自己判断はやめた方が無難です。
「急にたくさん生じた黒いいぼは、胃がんなど内臓系の悪性腫瘍のサインということもあります。皮膚科の診断を受けるように心がけましょう」と乃木田先生。

定期的に鏡などで確認することも心がけておきましょう。

シニア世代に多い「いぼ」は?

一般に「老人性いぼ」と言われるものは、正式名は 「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」あるいは「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)」です。

中年以降に頭部、 顔面、体幹にできる、皮膚が盛り上がった「できもの」の ことで、別名「疣贅」ともいいます。

色は皮膚の色、淡褐 色などが多く、黒ずんでいることも。

こんな人がなりやすい

・若いころに日焼けをすることが多かった
・野外で作業を行うことが多い
・あまり日焼け止めを塗布することがない
・日傘を使う習慣がない
・食生活ではビタミンCの摂取が少ないような気がする
紫外線対策を行っていない人や、保湿などのケアをせずに放置している人 はいぼができやすいのでご用心。

<いぼには、いくつかのタイプがあります>

「老人性疣贅」 (脂漏性角化症)
特徴&できる年代:中年以降  
原因:加齢、紫外線など  
色や形状:肌色、黒褐色

できる場所:顔、手、首

「尋常性疣贅」
特徴&できる年代:一般的な「いぼ」の 半数以上を占める  
原因:ヒトパピローマウイルス 
色や形状:硬い突起状、ザラザラ

できる場所:顔、手足

「青年性扁平疣贅」
特徴&できる年代:青年期に多い 
原因:ヒトパピローマウイルス 
色や形状:薄い褐色、平べったい

できる場所:顔、手

「伝染性軟属腫」 (水いぼ)

特徴&できる年代:子どもに多い 
原因:ポックスウイルス 
色や形状:白い塊、軟らかい

できる場所:全身

皮膚の老化によるいぼ以外に、水いぼに代表されるようなウイルス性のいぼもあります。

シニア世代に生じやすいのは加齢に伴う脂漏性角化症です。

ただし、がんが交じっていることもあるので自己判断は禁物です。

「顎関節症」「足底腱膜炎」...気になるあの症状!その他の記事はこちら

 

新宿南口皮膚科院長東京医科大学皮膚科兼任教授
乃木田俊辰(
のぎた・としたつ)先生

熊本大学医学部卒。東京大学医学部皮膚科で医学博士取得。東京女子医科大学皮膚科助教授、米国ハーバード大学医学部留学を経て、2003年新宿南口皮膚科院長。10年より現職。

この記事は『毎日が発見』2019年12月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP