仙骨を前方へ押し込む!「前屈ボール体操」/腰椎分離症・すべり症を体操で治す!

私たちは日常生活で姿勢が悪くなると、腰に負担がかかりやすくなります。

腰やお尻に痛みがあったり、足にしびれがある人は、「腰椎分離症」「腰椎すべり症」かもしれません。
今回は、腰椎分離症・すべり症に詳しい、さかいクリニックグループ代表の酒井慎太郎先生に、「症状の改善に効果のある体操」を教えてもらいました。

pixta_37246882_S.jpg

腰痛の進行を抑える体操を行う

腰や足などに痛みやしびれがある場合、症状をそのままにしないことが重要です。

「テニスボールを使った体操などを行えば、手術や薬に頼らなくても、症状を軽減することができます」

自分がどの腰痛タイプに当てはまるのかを確認して、タイプごとの「おすすめの体操」を行います。

いた気持ちいいくらいの強さが効果的です。

ただし、体操をしている最中や体操の後に痛みが出た場合は、無理をしないで体操をやめます。

どの体操も自宅で簡単に行えて、自分で症状を治せます。

「他の腰痛に移行するのを防ぐことにもつながるので、毎日コツコツ行いましょう」と酒井先生。

仙骨を前方へ押し込む「前屈ボール体操」

腰椎分離症・すべり症の症状を意識した体操。

痛みがひどいときは、そのつど行います。

【1日の回数】1~2回

【用意するもの】テニスボール3個2002p063_01.jpg

硬式用のテニスボール3個を上下左右ずれないように、ガムテープでしっかり固定します。

1.指先で尾骨の位置を確認2002p063_02.jpgお尻の割れ目の上にある、出っ張った「尾骨」を指先で押さえます。

2.指先の位置にボールを当てる2002p063_03.jpg

の位置に、逆三角形の下側のボールがのるように当てます。

3.ボールを当てながら座る2002p063_04.jpgボールを当てたまま、位置がずれないように注意して座ります。このとき両足は前に伸ばし、両手は床に置きます。

4.1~2分間ゆっくり前屈2002p063_05.jpgボールがずれないように、の状態から上半身を前屈させ1~2分間保ちます。

構成・取材・文/松澤ゆかり

こちらもおすすめ『下半身若返り健康法』記事一覧はこちら!

 

<教えてくれた人>

さかいクリニック グループ代表
酒井慎太郎先生(さかい・しんたろう)先生

さかいクリニックグループ代表。千葉ロッテマリーンズ公式メディカルアドバイザー。柔道整復師。著書は「分離症・すべり症は自分で治せる!」(Gakken)など多数。

腰、お尻への負担が気になる人に!

2002p064_0890.jpg

『ブルーマジック 7,480円』

(毎日が発見ショッピング)

独自の蜂の巣構造で厚みのある圧力分散ゲルが体圧を分散してくれます。

背中や腰、お尻への負担を軽濾します。

とても柔らかく、畳の上やいす、車のシートなどに敷いて使えます。

座骨神経痛などの痛みを緩和してくれます。

この記事は『毎日が発見』2020年2月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP