「この前キツく言ってごめんね...」謝ったあとに義母からもらったホロリとくるひと言/なとみみわ

人気ブロガーのなとみみわさんが、義母の「ばあさん」(2018年、88歳で他界)の介護エピソードを中心に、ブログでは書ききれなかったの話をご紹介する人気連載! 「腎臓病を患い、食事制限中の義母が隠れてお菓子を食べていた」問題が発覚したなとみ家。義母を夫婦で怒ったものの、こうした行為が「よくある行為」と発覚、義母にキツく言ったことを謝るなとみさんですが...。

前回のエピソード:悩んだ末に「介護ではよくある話だよ」。安堵と怒りで涙した私に、夫がかけてくれた言葉は...

食事制限8a.jpg

今回は認知症専門医の友達の意見や、看護師の友人の意見をきいて、本当にたくさんのことを学ばせてもらいました。

「買い物など自分でされてた方はやっぱり買い物に行きたいと思います。欲しいものがあるとかではなくお店に行って、品物を選んで、自分でお金を出して支払いをするという一連の行為が楽しみでもあると思います。買うだけ買って、手付かずで仕舞い込んである人も珍しくないですよ」

そんなケアマネさんからのアドバイスに「ああ~~~~なるほどな~~~」と。

強く強くうなずきました。

あたしたちが普段、当たり前のようしていることが、出来なくなっていく悲しさ・・・・・・。

それはきっと今の私たちには想像もつかないことだと思います。

そんな小さなことを毎日毎日失っていく悲しさは、わたしもばあさんぐらいの歳になって初めてわかること。

買い物を奪うことは簡単だけど、それはやはり奪っちゃいけないんだな~~~、と。

まあかわっていても、家族には感情があるもんですから、時にはきつい事いっちゃったり、傷つけあったりしちゃいます。

だって家族なんだし。

そこ、家族のいいとこなんだし。

腹立ったら怒って泣いて、悪いと思ったら「ごめんなさい」うれしかったら「ありがとう」そんな具合に少しづつ、なとみ家なりの「介護の道」を進んでいきたいと思います。

つづく!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

なとみみわ

テレビ制作会社に勤務。子育ても終わり趣味であるマンガを描きつつイラストレーターに転身。Web、雑誌、書籍、ムック、広告等を中心に活躍


81+avVPVxkL.jpg

『ばあさんとの愛しき日々』

(なとみみわ/イースト・プレス)

【2019年5月発売!】ガンコだけど可愛くて憎めない、なとみ家のばあさん。いつも笑顔とすっとぼけた言動で家族を楽しくふり回す毎日。そんなばあさんと暮らした楽しくってかけがえのない日々を、あたたかく描くコミックエッセイです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP