「大人の体操のおにいさん」が教える、介護いらずになる「体操のコツ」

年齢を重ねるにつれて、「肩が上がらない」「足元がおぼつかない」など、若いころにはなかった体の不具合が出てきますよね? そんな悩みを解決できる1日たった10秒の運動があるんです。それは、全国で1万人以上に健康体操を教えてきた"大人の体操のおにいさん・ごぼう先生"こと簗瀬寛さんが考案した介護予防&未病のための健康体操。今回は、簗瀬さんの著書『ごぼう先生と楽しむ大人の健康体操』(あさ出版)から、そのエッセンスを連載形式でお届けします。

pixta_54525994_S.jpg

思うように「体」を「操」れるか

「体操」ができれば介護は必要ありません。そう言うと、多くの方がキョトンとされます。でも、本当に「体操」さえきちんとできれば、「介護いらず」なのです。

ここでいう「体操」とは、鉄棒を持って大車輪をしたり、平行棒で足をぐるぐる回転させたりする、あのオリンピック種目のことではありません。「体操」とは、読んで字のごとく「体」を「操」ることです。

自分の「体」を"思うように"「操」ることさえできれば、介護は必要ありません。大事なのは、"思うように"です。

歩いていて、何もないところでつまずいてしまった。あるいは、入口から部屋へ入るときに肩をぶつけてしまった、そんな経験はありませんか?

これは、"思うように"「体」を「操」ることができていないから起きることです。

頭ではわかっている。でも、実際に行動に移してみると、うまくできない。歳を重ねれば重ねるほど、こうした現象がつきものです。

「つまずく」だけならいいですが、反射も鈍ってしまうため、つまずきに対応できず「転倒」してしまい、大ケガするなんてこともあるのです。

最近よくニュースになっている「アクセルとブレーキの踏み間違え」も同様です。とっさの判断が必要になったときに、頭ではわかっていても体が反応できず動作を間違えてしまい、事故を起こしてしまうのです。

みなさんを不安にさせたいわけではありません。むしろ、その逆です。

今、例に出したのは、「何もしない」からこそ起きてしまうこと。だったら、「何かすれば」いいのです。

日常生活の中にある小さな「老いの兆し」に気づき、今のうちから「意識」して、自分の「体」を思うように「操」れる状態にしておけば、思わぬ大ケガや事故から身を守ることができます。

「体」を思うように「操」るコツは、「動かして 力を入れて 考える」こと。

一つひとつの動きを丁寧に行い、その都度、自分が動かしたい箇所に力を入れ、実際に力が入っているかどうかを確かめるようにしてください。

もし思ったとおりに力が入っていないなら、動かしたい部分を意識しながら、力を入れる場所を変えてみましょう。思っていることと実際に起きていることのズレを認識するのです。

また、体力がどれくらいあるかを知っておくことも、とても大切です。

普段、無意識でしている行動が、意外とできなくなっているなんてことはありませんか?

テレビ番組を見ていて、「これなら私もできる!」と思って実際にやってみたら、まったく体がついてこなかった......。そんな経験はないでしょうか。

「まさか、そんな、あれ?おかしいな」ということが、歳を重ねると起きてきます。

まずは自分のことを知り、できていないことを意識するようにしましょう。それが、自分の体を思うように操る訓練になります。

ごぼう先生考案の楽しい介護予防「大人の健康体操」記事リストはこちら!

056-syoei-gobou.jpg介護予防・未病にために効果を発揮する、10の「大人の健康体操」が写真でわかりやすく紹介されています

 

簗瀬 寛(やなせ・ひろし)

1985年、愛知県生まれ。通称、ごぼう先生。株式会社GOBOU代表取締役。鍼灸師。社会福祉主事任用資格。2014年より「リハビリカフェ倶楽部岡崎店」を運営。全国各地の介護施設で“大人の体操のおにいさん・ごぼう先生”として「介護予防」をテーマに講演、健康体操の普及に努める。さまざまなテレビ、新聞、雑誌等活動の幅を広げている。

監修:白澤卓二(しらさわ・たくじ)
1958年、神奈川県生まれ。医学博士・医師。米国ミシガン大学神経学客員教授。専門は寿命制御遺伝子の分子遺伝学、アルツハイマー病の分子生物学、アスリートの遺伝子研究。

shoei.jpg

『ごぼう先生と楽しむ大人の健康体操』

(簗瀬 寛、監修:白澤卓二/あさ出版)

テレビ、新聞などで人気の“大人の体操のおにいさん”ごぼう先生が考案した、介護予防や未病のための健康体操、介護の心得などがまとめられています。長く元気な生活を送るために、手元に置いておきたい一冊です。

※この記事は『ごぼう先生と楽しむ大人の健康体操』(簗瀬 寛、監修:白澤卓二/あさ出版)からの抜粋です。
PAGE TOP