認知症の薬を断固拒否する母。ところが...お薬手帳にまさかの文字が!/ワフウフ

みなさんこんにちは!ワフウフです!

前回の記事:「ねえ、私どこかおかしいの⁉︎ 」認知症検査後の母に繰り返し聞かれて.../ワフウフ

あーちゃんの脳ドックの後日血液検査を受け、またその1週間後に結果を聞きに病院へ行きました。

血液検査は問題なし。

と、いうことはやはり認知機能に問題があるということです。

先生はあーちゃんの頑固な性格について私たちから聞いているので、あくまでさりげなく認知症の薬を飲む方向に話を進めてくれました。

しかし、あーちゃんは一筋縄ではいきません。

「どうですか?物忘れとか困っていることはないですか?」

と先生が聞いてくれても

図1.png

「自覚は特にないようですが、ご家族の方が心配されているようだし、お薬を飲んでみますか?」

と先生が聞いてくれても

02.png

あーちゃんは先生が勧めてくれた服薬を断ってしまいました。

だけど、ワフウフたちはあーちゃんの認知症状が軽いうちに薬を飲んでもらって、少しでも進行を遅らせたいので必死です。

03.png

なーにゃんがハッキリ言ったら、ショックを受けて固まってしまったあーちゃん。

先生は「糖尿病の薬との飲み合わせもあるから、お薬手帳を見てみましょうか」

と言って、あーちゃんのお薬手帳を見てくださいました。

そして...

04.png

と仰った。

...え?

...えええ⁉︎

05.png

お薬手帳を見てみると、確かにそこには

「アリセプト(アルツハイマー型・レビー小体型認知症治療薬)」の文字が。

06.png

一緒にお薬手帳を覗き込んだあーちゃんが 信じられない、という顔で言った。

いやいや、どういう事なのか聞きたいのはこっちの方なんだけど!

ワフウフさんの過去記事はこちら!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP