認知症の自覚がなくプライドが高い母。検査を受けさせるにはどうしたら?/ワフウフ

みなさんこんにちは!ワフウフです。

母(あーちゃん)の様子がおかしくなってきた頃のことを描いています。

前回の記事:母がおかしい!行きはひとりで来たのに「私どうやって帰ればいいの?」/ワフウフ


ワフウフには3つ年上の姉・なーにゃんがいます。

図1.png

毒親で不仲の両親の元で育ったなーにゃんとワフウフは、一緒に困難を乗り越えてきただけあってとても仲良しです。

ワフウフは、あーちゃんの異変をすぐになーにゃんに知らせました。

なーにゃんは、実際にあーちゃんの変な言動を見ていないので半信半疑でした。

2.png

この年のお正月にワフウフの家でなーにゃん家族とあーちゃんと集まったのに、数日後に電話した時に...

3.png

と言われて驚いたことを思い出して教えてくれました。

とにかくあーちゃんを早急に病院へ連れて行き、認知症の検査を受けさせたほうが良いだろうことは分かっていました。

でも...、本人に、何と言って病院へ連れて行く?


あーちゃんは、自分が若く見えることが自慢で、とてもプライドが高いのです。

5.png

しかもあーちゃんの母親、つまりはワフウフの祖母はアルツハイマー型認知症だったので、変わりゆく祖母を見ていたあーちゃんはずっと、

4.png
と、言っていました。

6.png

「老年科」や「認知症外来」なんて場所に連れて行こうものなら、もの凄い抵抗をされるのは目に見えています。

スムーズに治療に持っていくには、まずは検査に連れて行くところが大事です。

ワフウフたちは知恵を絞って策を立てました。

つづく

関連記事:認知症で怒りっぽくなったお義母さんをうまく病院に連れていく方法/バニラファッジ

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP