離婚した娘の子供が1歳前から保育園に。「かわいそうに」と思ったけれど...

16.jpg

ペンネーム:フラワー
性別:女
年齢:51
プロフィール:2人の孫を持つ51歳のおばあちゃんです。仕事・家事・孫育てに毎日奮闘中。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

◇◇◇

娘が離婚して2人の孫を連れて戻ってきました。

それを機に仕事を始めることになった娘。

私が孫を見る!と言いたいところだったのですが、まだ現役で仕事をしているため、そういうわけにはいきません。

そうなると当然保育園に入園となります。

上の孫は3歳を過ぎていたので良いタイミング。

しかし、下の孫はまだ1歳にもならない年令だったので、「かわいそう」という気持ちを強く持ってしまいました。

そんな思いにとらわれたまま、現実はどんどん進み、ついには保育園に入園。

楽しそうに通う日もあれば、大泣きして「ママがいい~」なんて泣いている日もありました。

保育園の子供はそんなものだとわかっていても、目の前で泣いている孫を見ると感情的な部分が先走ってしまい、「かわいそうだ~」とか、「さみしそうだ~」なんて、娘にプレッシャーをかけるような言動をしてしまっていました。

そんな日々が半年ほど経過した時、娘と一緒に孫の参観日に行くことに。

孫二人の参観時刻は同じ。

これは大変だ!という事で、手分けして参観しようということになったのです。

そこで見た孫の成長にびっくり。

まるで家とは別人の孫がそこにいました。

下の孫は男の子で、とにかくやんちゃで家ではあまり言う事を聞きません。

その割にママにべったり。

ママ~ママ~と毎日娘の後ろを追いかけまわしています。

ママが見当たらなかったら、トイレまで追いかけますし、食事の時にはママのおヒザ。

ご飯は当然のごとく自分で食べなくて、全部ママに食べさせてもらって満足そうな顔をしています。

これがいつもの家庭内での下の孫ですので、てっきり保育園でも甘えん坊なのだとばかり思っていました。

しかし実際には、保育園ではかなりのしっかり者。

まだ2歳にもならない年齡ながら、自分でトイレを済ませ、自分でキレイに手を洗い、自分でズボンをはいていました。

その上、手洗い場付近に飛び散った水滴を雑巾でふき取ることまでやってのけていました。

そんな様子に驚いていると、「しまった、見られた!」とでも言いたいような表情で私を見て、にやりと笑う始末。

その後の食事の時間にも同じ調子。

じっと椅子に座ってお行儀よく自分でもぐもぐ上手に食べていましたし、食器の片づけまで自分でしていました。

それはまるでお父さんのオンとオフ。

「一体あなたは誰?」と、そんな風に聞きたくなるほど、しっかり者の孫の姿がそこにはありました。

そんな様子を見ながら、たくましさを感じるのと同時に猛省した私。

それぞれ自分の与えられた環境下で頑張っていたことにやっと気づいたのです。

孫は保育園になじみ、そこで成長を遂げていましたし、娘は自分達の経済を支えるために、幼いわが子を保育園に預け、一生懸命不慣れな仕事を頑張っていたのでしょう。

今の時代、お母さんが仕事をするためには周囲の理解と協力は不可欠。

そう、理屈ではわかっていても、自分の感情にとらわれすぎていました。

やっとそのことに気づくことができ、それ以来、「かわいそう」という気持ちから「よく頑張っているね!」という気持ちに切り替わりました。

それでなくても子育ては大変。

いくら実家暮らしとはいえ、シングルマザーになったわけですから、余計に大変。

そんな娘の気持ちを理解するきっかけになった「保育園の参観日」は本当に参加して良かったと思いました。

■おすすめ体験記
「生活費必要?実家なのに?」離婚して子連れで戻ってきた娘との大ゲンカの結果は...
お義母さん...これ「わざと」では!? 玄関で毎日続く義母の「小さな意地悪」
両親の大反対を押し切って結婚したのに...離婚の原因となった夫の「許せないひと言」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

可哀想って言われても、実際見られる訳でもない、1人で置いていけないから預けるのに…他人は言うだけタダだからね
かわいそうと思うのは偏見。 今どき幼稚園より保育園の方が多いですしから、、少しイラッとしました。
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2020.08.21
記事を読まずにコメントされてるみたいで、イラッとしました。
家でのお孫さんの姿を見ていたら、かわいそうと思うのも仕方ないと思います。フラワーさんもお仕事されてて歯痒かったかと。 でも、娘さんもお孫さんも頑張っておられて、参観日の姿に、気持ちが切り替わって、本当に良い機会になってよかったですね。 これからは、頑張ったね!ってみんなで声かけあって、ますます楽しく過ごせると良いですね。
私も子ども三人産休明けから保育園に預けてましたが可哀想という言葉に一番いらっとしました。義母の楽でしょと言う言葉と同じように!
「良く頑張っているね!」…良い言葉ですねぇ~! 力になる言葉です。 お孫さんたら使い別けていたなんて傑作ですが、赤ちゃんから保育園に預けられて逞しく成長したのですね! 娘さんやお孫さんの頑張っている部分に気づかれたフラワーさんも、素敵です!
三人の子供を育てました。夫はいましたけど 家事 育児 あとすべて私任せでした。 24時間 365日 子供と付きっきりで ストレスたまるなんてもんじゃありませんでした。当時 困窮していなかった為に働いてませんでしたけど 心身共に健康で丈夫なら働いていた方が良かった!と思いました。ましてや シングルマザーだったら働いて当時だと思います。あと 子供と一緒にいる短い時間で スキンシップをとり子供に耳をかす!それだけで幸せな子供さんにお育ちになられる!と思いました。
私はずっと働きながら、2人を育てました。息子は2が月半、娘は四か月から保育園にお世話になりました。 看護師で夜勤もしていたので、両家にお世話になりながら! 両家から、可哀想にと一度も言われたことがないです。 きっと保育園での様子を見ていたからだと思います。そんな2人も大人になり、寂しかったと一度も言われた事ないですよ。 子どもといる時間が短くても、愛情いっぱいできますから!
私は自分が保育園に預けられていた時に仕事に行く母親を泣きながら見送っていた記憶があったので、長男が9ヶ月半で入園した時にはものすごい罪悪感がありましたが、その話をした時に先生が「お母さんの愛情をいーっぱい受けて育つのは素晴らしいことだけど、子どもにとって大切なのはどれだけ沢山の人達から愛情をもらったかなんだよ。みんなから愛情をもらった子は自分もみんなに愛情を注げる人になる。母さんが仕事している間は私達がいーっぱい愛情注いでいるから心配しないで。」と言って下さり気持ちが少し軽くなりました。長男21歳と次男中2も含め、今でも先生方や保護者の方との交流が続いています。
可哀想?預けられてママと家にいられなくて、という事ですか?シングルでなくても預ける事情のある方は沢山おられると思いますが。 まるで離婚したことを責めるような言動。ママが働かなくて誰が子供たちを育てるのでしょう? 私ならそんな嫌みをいう親の居る家なんて基盤ができたら子供を連れてすぐに家を出ますね。お嬢さんが可哀想。
旦那さんいるけど、うちも考えに考えて、8ヶ月で保育園いれる予定で準備してたら(結局コロナで2ヶ月先延ばしになったけど)、お義母さんに「ママと一緒にいたいよね」とか「保育園落ちてもいいよね」と私でなくまだ意味もわかっていないだろう、うちの子に言われたよ。 お義母さんからしたら孫が可哀想で悪気がなかったんだろうけど、あれは傷ついたな。 フラワーさんはいい方向に考えが変わってよかったです。 うちのお義母さんにもぜひこういう記事を読んでもらって色んな意見を知ってもらって考えるキッカケを作って貰いたいです。
可哀想って言っても働かないと生きていけないんだし、かといってお母さんが預かってくれるわけじゃない、子供だけで家に留守番させとくわけにはいかないんだから黙ってろとしか言えない 親とはいえ他人なんだし手を出せないなら黙っててもらいたい
保育園通いは可哀想ではありません。 早いうちから高い社会性が身につくし、家で母子2人だけで遊ぶより、保育園はさまざまな遊び行事を用意してくれています。 ママといるのが一番!とは限りません。 (もちろん保育園が一番でもありません) 自分の時代に主婦が当たり前だからといって共働き時代の子どもが可哀想などと思うのは老害です。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP