「黒猫に餌をあげないで」猫の保護活動を推奨する街で張り紙をした住人。"黒猫"限定の理由が...?

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:はおり
性別:女
年齢:58
プロフィール:専業主婦で子どもは3人。3人とも独立しているので、今はネコとゆっくり遊ぶことが趣味。

6.jpg

私の住む地域は、いわゆる「地域猫」という猫の保護活動を推奨していて、猫好きな私も、その活動を手伝っています。

野良猫を保護し、病院に連れて行き、病気がないか診察し去勢をします。

それが済んだ猫ちゃんには耳に印を付けます。

その費用は市が助成してくれるのです。

そして、地域にいる猫たちの餌やりも指定した場所で順番にあげていきます。

地域には私の他にも猫好きな人が多く、可愛い猫たちと触れ合うのは楽しいです。

しかし、世の中、猫好きな人ばかりではないのも確かです。

地域猫という制度に疑問を持っている人もいて、餌やりなど猫の世話をしていると、イヤミを言ってくる人もいます。

「去勢もしているし、餌やりの場所も限定しているので、迷惑はかけないようにしています」

と説明していますが、ちゃんと聞いてくれないこともあります。

そんなある日、町内の掲示板や電信柱に「黒猫に餌をあげないでください」という貼り紙が、あちらこちらにあるのを見つけました。

地域猫活動の仲間と「どうして、黒猫限定なんだろう?」と困惑しました。

そうしているうちに、その貼り紙をしている人物が特定されたのです。

それは、以前から猫の保護活動に嫌みを言っていた、50代くらいの男性、Aさんです。

Aさんと同じマンションに住む40代の主婦仲間から、話を聞きに行ってみようと提案しました。

どうして黒猫限定なのか、聞いてみたいというのです。

付いてきて欲しいと頼まれまれたので、一緒にAさんの所に行くことになりました。

「すみません、私たち地域猫の活動をしているんですが、黒猫の餌やり禁止の貼り紙のことでお話をお聞きしたくて...。何か、理由があるのでしょうか?」

ドアから顔を出したAさんの話す「理由」に、私たちは顔を見合わせてしまいました。

「黒猫は縁起が悪いんですよ。ヨーロッパでは、黒猫を見ると悪いことが起こる前兆と言ってます。だいたい、地域猫の保護に市が助成金を出すなんて、とんでもないですよ。もっと税金の使い方があるはずですよ」

そう一気にまくしたてたAさん。

やはり、地域猫活動そのものが、気に食わないようです。

「地域猫のことに関していろいろご意見があるのは知っています。ですが、黒猫が縁起が悪いので餌やり禁止の貼り紙は、ちょっと疑問というか、それが理由で餌やり禁止はできないと思います。もし、地域猫の助成金に疑問がおありなら、市の方に相談に行かれてはどうでしょうか?」

私たちが返すとAさんが明らかに不機嫌になったのがわかりました。

「何もそこまでしなくていいよ。活動をしたかったら、勝手にしてください。でも、黒猫はヨーロッパでは縁起が悪いのは本当ですから」

Aさんはそう言ってドアをガチャンと閉めました。

丁寧に説明したつもりですが、分かってもらえなかったようです。

それ以来、貼り紙は無くなりAさんもイヤミを言ったりしなくなったのですが、後味が悪く、腹が立つというより寂しい気持ちが今もあります。

関連の体験記:大雨の中、子犬を拾ってきた52歳の夫。その姿で思い出した、私が夫に一目ぼれした24年前の「子猫の救出劇」
関連の体験記:うちの玄関にマーキング、愛犬には吠えたててマウント...「良き隣人」の「問題犬」を何とかしたい!
関連の体験記:コロナ禍で猫を飼う人が増えている!? 「かわいい」だけじゃない猫と暮らす現実とは/フニャコ

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

地域猫保護については賛成も反対もありませんが、去勢をして餌やり場を限定していたところで迷惑がかからない事にはなりませんよね。そう思っていては反対する人とぶつかって当然だと思います。
ヨーロッパにイギリスは含まれないみたいですね(違うそうじゃない)
クロネコヤマトは絶対に利用出来ませんねえ… ヨーロッパでは…って、いやここ日本だし。そもそもいつの時代の話だか。ヨーロッパの人達にも笑われそう。 猫が嫌いなら嫌いでいいのにわざわざ関わろうとする変な人ってどこにでもいるよね
去勢して餌やりも決まった場所で、ちゃんとやって慈善事業だ、なんて思っているのでは? 猫嫌いの方の目に入らない場所でのみ生活させることは無理ですし、人様のお庭に侵入したり粗相したり荒らしたり絶対しないとは言い切れませんよね。 私自身ネコや動物は好きですし活動を批判したりする考えはありませんが、ちょっと考えが甘いのではないでしょうか。活動を続けたいなら考え方を改めたほうがいいのでは。 黒猫限定で反対するのはいきすぎかなとは思いますが。
トイレはどうしてるんでしょう? 食べたら出すのが生き物、そして当然ながら排泄物は臭うし衛生的なものではない。地域猫だろうと、エサとトイレはセットだと思うんですよ。 私も猫は好きだし地域猫も受け入れられているけれど、それは私の住む地域に農家が多く敷地も広く、糞害デメリットより害獣駆除のメリットが大きいからです。さらに生まれた時から動物に親しんでいる住民が多く、好きではなくも存在は受け入れている人が多い、つまり地域猫が受け入れてもらえる下地や理由があるんです。 相手の言葉が偏りすぎることもあってお相手が悪いように思われてますが、お住まいの地域が街中や住宅街であったとしたら対応が甘いともいえます。ハッキリ言えば地域猫は家猫ほどの責任を負わないので、文句を言われるくらい許容範囲として覚悟してほしいです。
黒猫よりもそんな偏った間違った考え方をもったお前みたいなオッサンは世界中で縁起悪いし害悪ですよ。といってやりたい。
日本では、黒猫は幸運を呼ぶ猫。 黒猫の招き猫も有ります。 猫が嫌いの人も居るでしょうけど、動物保護活動と割り切って考えて欲しいものです。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP