【漫画】名家に嫁ぎ「どこの出身か存じませんが」と言われ...劣等感まみれの私が妊娠したら...<前編>

「実家が地元の名家である夫と結婚したのは20年前。『裕福な家庭で暮らせる!』と思ったものの、日に日に劣等感が芽生えてきて...。そんな中、妊娠した私にまさかの事態が起こりました」
親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードが漫画になりました。この時、あなたならどうしますか?

6-1.png

【続きを読む】

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

漫画:ようみん
ブログ:ママようび。
インスタグラム:@mamayoubi

コメント一覧

職場が認知症の病棟ですが、介護職の方がいなければ仕事になりません。どんなに金持ちでも、地位のある人でも、必ず老いるのです。人間性って一番大事だと、読んでいて思います。
お金持ちは自分の事しか頭にないから嫌い

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP