「タマちゃん、私を忘れないでね」2人と1匹で海まで散歩した日/ねことじいちゃん7(6)

妻に先立たれ、ねこのタマとふたり暮らしの大吉じいちゃんの日々をほのぼのと描き、定期誌「毎日が発見」で大人気連載中の『ねことじいちゃん』。単行本は毎年1冊ずつ刊行されていて、このほど第7巻が発売されました。そこで、今回は最新刊『ねことじいちゃん(7)』より第6話「ツバメ」をお届けします。

【前のエピソード:ばぁさんの笑顔の写真で思い出す...じいちゃんと息子・剛の約束とは?/ねことじいちゃん7(5)】

【最初から読む:「起きて起きて~」春、大吉じいちゃんとタマが暮らす島の朝/ねことじいちゃん7(1)】

01.jpg02.jpg

【次のページ:小野田先生「今のうちに...」】

 

ねこまき(ミューズワーク)
2002年より、名古屋を拠点としながらイラストレーターとして活躍。コミックエッセイをはじめ、犬猫のゆるキャラマンガ、広告イラストなども手がけている。著書にはベストセラー『まめねこ』シリーズ(さくら舎)、『ねこアンソロジーコミック ねこといっしょ ニャつらの傾向と対策』(KADOKAWA)など多数。

shoei.jpg

『ねことじいちゃん(7)』

(ねこまき(ミューズワーク)/KADOKAWA)

妻に先立たれ、ねこのタマとふたり暮らしの大吉じいちゃん。ある日、押し入れの奥にしまい込んでいたアルバムを開くと、妻・佳枝が亡くなる直前にタマと3人で撮った写真が出てきてー。写真を通して蘇る、愛しい人の思い出。優しい水彩画タッチのイラストと、毎日がいとおしくなる四季折々の彩りにのせてお届けします。

※この記事は『ねことじいちゃん(7)』(ねこまき(ミューズワーク)/KADOKAWA)からの抜粋です。

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP