実家には冷蔵庫が二つ! 収納するものまできっちり分けた不思議ルールは令和になっても変わらない!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:しらたま
性別:女
年齢:46
プロフィール:最近、自宅のテラスでのバーベキューにハマっている我が家。いろいろなものを焼いて食べるのが毎週末の楽しみです。

48.jpg

私は46歳、一つ年下の夫と、10代の娘との3人で暮らしています。

そんな私の実家には独特な家庭内ルールがあります。

実家の台所には冷蔵庫が2個あるのです。

一つはファミリーサイズで、もう一つは一人暮らし用のサイズのもの。

私と妹は、2人姉妹。

私たちが成人するまでは4人家族でした。

進学や就職で私たちが2人とも家を出た後は、両親が2人だけで暮らしています。

特に来客が多い家庭というわけではありません。

ファミリーサイズの冷蔵庫は、わりと大型のものです。

そのため、家族が飲食する食料は、一つにすっぽりと入ります。

しかし、なぜか二つ目の冷蔵庫があるのです。

実家ルールでは、二つ目の冷蔵庫には用途の違いがあります。

ファミリーサイズの冷蔵庫は、一般的な使い方です。

野菜や果物、魚、肉、要冷蔵の調味料などが入っています。

しかし問題は、一人暮らし用の冷蔵庫。

こちらは、お酒やジュース類などの飲み物、アイスと氷専用の冷蔵庫なのです。

決まったもの以外は、基本的には入れてはダメという暗黙のルールがあります。

さらに、スペースの関係などで決まったもの以外を入れる時には、なぜか家族全員に了承を取る必要があります。

大人になってから、ちょっと変わっているなと気づきました。

昔の記憶をたぐってみると、冷蔵庫が二つあるのは、私と妹が子どもの頃からでした。

父が飲むビールや、私たちが飲むヤクルトなどを、小さな冷蔵庫から出していた記憶があるのです。

父は元公務員で、我が家の経済レベルはごく一般的なもの。

節約上手で家事や料理が得意な母が、家庭を切り盛りしていました。

冷蔵庫は、家電の中でも大きな電気代がかかるものの一つです。

冷蔵庫をまとめれば、電気代が節約できるのに、とても不思議です。

どうしても冷蔵庫ふたつ持ちの理由が分からず、結局、母に聞いてみることに。
すると、これは母の実家のルールだったということが分かりました。

母の実家は従業員を使って農業を営んでおり、来客も多い家だったからということです。

結婚後、父もなぜかこのルールを気に入り、我が家にも導入されたとのこと。

思い返してみると、確かに祖父母の家には冷蔵庫が二つありました。

しかも、2台とも大型冷蔵庫だったのを覚えています。

なるほど、母の実家から受け継がれた家庭内ルールだったのですね。

なぜ、二つあるのかは分かりませんでしたが、子どもの頃にはなんとなく普通だと思っていた家庭内のルールにも、実はいわれがあったのだと知ったお話でした。

関連の体験記:気づいてしまった...中学校の給食室で働いていた私が目撃した、栄養士の「ある行為とその顛末」
関連の体験記:え! 断れず毎日渡してたの⁉「マスク1枚ちょうだい」と娘にねだる友だちに、私が考えた作戦は...⁉
関連の体験記:「この前の、いくら残ってる?」ってお義母さん、息子の進学費用の足しにってくれたはずじゃ⁉

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

飲料酒類の為にとかお肉だけとかそういう2台目冷蔵庫のあるお宅もありますよね。 友人宅はお酒を飲むためのグラスも冷やしてありましたよ。 きっちり分けるルールというか家庭用の大型冷蔵庫には生活に必要な物が収まるのだからわざわざ小さい冷蔵庫に入れる意味がないですよね。
開け閉めが多いのは飲み物出す時だから大きい方の温度が上がらなくて理にかなっていると思うな 体積小さいから特にいい。特に夏はデカイやつバタバタ開けられるとイライラするし

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP