た、立っちゃった⁉ 骨折して自力で立てなかった義母が「介護認定調査」の時だけ.../山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年以上が経ちました。義両親と同居しながら介護をしていた当時のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:「介護に行き詰まったら人を頼ればいい」頭ではわかっていても、土壇場になると.../山田あしゅら

さて、認定調査当日の金曜日。

この日は整形外科で午前中痛み止めの注射してもらい

1.jpg

お昼ご飯を早めに済ませたあと認定調査員さんを待ちました。

2.jpg

予定の1時きっかり、我が家に到着した調査員さん。

認定調査では心身の状態の聞き取りを行い、 実際の身体の動きを見ていきます。

椅子に座っていられるか、

椅子に座った状態から立ち上がりしばらく立っていることができるか、

歩くことが出来るか、

床に就き寝返りをうつことができるか、

そして起き上がることができるか、

などなど、日常必要な動作の中でどの程度介助が必要なのかを見て項目ごとにチェックしていきます。

これまで大方のことは自分で出来ていましたが

3.jpg

4.jpg

骨折以来、介助の度合いはグンと上がり、何をするにも私の手が必要となった義母です。

調査員さんの前でも以前のように動くのはまず無理だろうと思っていました。

5.jpg

ところが・・・。

調査員さんに指示されるやいなや

6.jpg

そりゃもう「クララが立った!」そのまんま。

介助もなしに一人で立ち上がるではないですか!

骨折からほぼ1か月間、一人で立ち上がることは一切なく、調査員さんが来る直前まで立とうとするそぶりさえ見せなかった義母なのに・・・。

7.jpg

それからは義母の独壇場でした。

8.jpg

9.jpg

10.jpg

超ゆっくりだけど確実にワザをきめていく義母。

あまりの変貌ぶりに私はただただ唖然とするばかりで思わず苦しい弁明にはしる始末です。

11.jpg

そう言えば以前救急車を呼んだ時、 救急隊の前で急にシャンとした義母に驚いたこともありましたっけ・・・。

関連記事:ええぇ!見たこともない「血圧計の数値」にパニック! 慌てて救急車を呼んだら.../山田あしゅら

認知症の義母は何かの拍子にスイッチが入ると出来なくなったはずの動きが急によみがえり、驚かされることが多々ありました。

それは数年後、症状が進んで自身の身体が動かなくなるまで続くことになります。

その時義母の頭の中がどうなっていたのか?

今をもっても分からない、認知症の不思議のひとつです。

ただ、せめて認定調査にはスイッチを切っておいてほしいものですけどね。

【次のエピソード】調査での「義母のアピール」にガックリだったけど...。数日後に届いた「通知」の結果は...⁉/山田あしゅら

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

【まとめ読み】義父母の介護での「事件」満載!山田あしゅらさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

50代後半の主婦。息子3人はそれぞれ巣立ち、現在は孫が2人のおばあちゃん。指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を綴ったアメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」は11年以上続き、現在も継続中。義父は入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。2019年肺炎により再度入院。同年4月28日逝去。享年90歳。義母は週5日デイサービスに通いつつ在宅で介護されていたが2018年1月体調を崩し入院。療養病棟へ移り現在に至る。94歳。在宅期間の日常を題材にした著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP