ええぇ!見たこともない「血圧計の数値」にパニック! 慌てて救急車を呼んだら.../山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年以上が経ちました。義両親と同居しながら介護をしていた当時のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:もう義母は自力で2階へ上がれない...リビングにベッドを置く「本格介護の始まり」/山田あしゅら

義母のいびきで眠れぬ夜を過ごしたその翌朝。

義母を起こそうとするのですが、前日以上に顔色は悪いし動きも鈍く何だか様子がおかしいのです。

とりあえず苦労しながらリハパンの交換と着替えだけは済ませましたが

1.jpg

支えてないとまるで空気が抜けた風船のようにしなだれてしまう義母。

実は昨日の受診の後、整形外科の先生から電話があり

2.jpg

と言われていました。

骨折なのに何で肺炎?と思われるかもしれませんが、高齢者に体調の急変はつきものなので、数値の異常がどこ由来のものかはっきりとは分からず、しっかり調べないと断定が難しいということのようなのです。

その上、認知症の義母は身体に異常があっても、どこが痛いとかどこが苦しいとか具体的に訴えることが出来ません。

素人の私にはますますもって判断がつきかねるのです。

熱を測ってみるとそれほど高くはありませんでしたが、呼吸が荒く、表情はうつろで声も出せない様子。

3.jpg

そして今度は血圧を測ってみることにしました。

すると

4.jpg

血圧計が示したのは今まで見たこともないような数値!

これは普通ではない!

うろたえた私は急いで救急車を呼ぶことにしました。

5.jpg

救急通報未経験の方も多いかと思いますのでここでざっと説明いたしますと

6.jpg

⑤で聞かれた連絡先(電話番号)は119のコールセンターから管轄の消防署に引き継がれ、場所の確認などのためにその消防署から(場合によっては出動した救急車から直で)折り返し電話がかかってきます。

通報を終えたあと電話機から離れてしまうとこの折り返し電話に出そびれてしまうこともありますから注意してください。

(固定電話だと救急車を呼びに外へ出てしまって電話が受け取れないことがあるのです)

私は電話でのやりとり、長男が誘導と手分けして救急車は無事到着。

7.jpg

ちょうどこの頃転職活動中で長男が家におり、ずいぶん助けられました。

駆けつけてくれた救急隊員は3名。

全員、靴はぬがずビニールのキャップを足につけて玄関から上がってきます。

今はコロナの関係で多少対応が異なるかも知れませんけどね...。

8.jpg

そして、意識はあるか、受け答えはできるか・・・など。

迅速に義母の容体をチェックしていきます。

と・こ・ろ・が・・・

それまで声も出せなかった義母がちゃ~んと受け答えしてるじゃありませんか

9.jpg

・・・一体どうなっちゃってるの?

次回に続きます。

【次のエピソード】ああ、心強い...!「救急車騒動」を起こした義母にかけてもらった「かかりつけ医の言葉」/山田あしゅら

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

【まとめ読み】義父母の介護での「事件」満載!山田あしゅらさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

50代後半の主婦。息子3人はそれぞれ巣立ち、現在は孫が2人のおばあちゃん。指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を綴ったアメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」は11年以上続き、現在も継続中。義父は入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。2019年肺炎により再度入院。同年4月28日逝去。享年90歳。義母は週5日デイサービスに通いつつ在宅で介護されていたが2018年1月体調を崩し入院。療養病棟へ移り現在に至る。94歳。在宅期間の日常を題材にした著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP