五十肩で何もできないの...。心が弱っていた私の「涙の訴え」が呼んだ、家族みんなの「全力サポート」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:さくらみちこ
性別:女
年齢:53
プロフィール:辛い時、サポートしてくれる人がいると本当に心強いです。

34.jpg

2020年の春、利き腕が五十肩になった時のこと。

何とかやりきろうと、いつも通りに過ごしていたら、どんどん痛みが強くなり何もできない状態になりました。

左手で頑張ろうにも、これがなかなか難しい。

想像以上に私の左手は不器用だったのです。

そんなわけで、家事や仕事はおろか、お箸を持つことも、字を書くことも、入浴ですらままなりません。

それでも、なんとか工夫して乗り切るのが普段の私なのですが、この時ばかりはギブアップ。

「肩が痛くて何もできない」と夫に弱音を吐きました。

すると夫からは「何か手伝えることがあったら言ってね」と軽いリアクション。

しかし、目はパソコンに向かったままで、本気で聞いている様子じゃないのです。

この時、夫は大好きな格闘技を見ている最中だったので、タイミングが悪かっただけのこと。

それなのに、涙がポロポロ流れてきてしまいました。

この時私は、他にいくつかの問題を抱えていたので、きっと心が弱っていたのでしょう。

どんなにグッと我慢しても涙が全然止まらないのです。

私の様子に気づいた夫はビックリした様子で「ごめん、そんなに痛いの? 辛いの?」と聞いてきます。

それを受けて、私は更に大号泣。

「肩が痛くて何もできない。手が自由に動かせないの。それでも頑張らなきゃと思うけど、お洗濯を干してても掃除してても痛いし、包丁も使えない。だから助けて欲しいの」

そんな風に、嗚咽まで漏らしながら夫に自分の窮状を伝えてみました。

するとそこから夫の全力サポートがスタートしたのです。

...申し訳ないくらいの。

夫は普段からそれなりに家事を分担してくれていますが、出来ないことも多々あります。

出来ることはこれまで通り、不慣れなことについては、逐一私に質問しながらこなしてくれていました。

洗濯も、掃除も、食事も、後片付けも。

申し訳ないと思いつつ、早く治して普段の生活を手に入れるには今が肝心。

この時は甘えさせてもらうことにしました。

「助けてくれてありがとうね」

自分の気持ちを素直に伝えてみたら、夫のサポートは更にパワーアップ。

私のお世話まで頑張るようになりました。

「そこまでしなくても大丈夫。自分でできるから」

夫に伝えてみたのですが、一度火がついた夫のやる気はそう簡単に鎮火しません。

私の動きを逐一気にかけながら、私が頭上にあるものを取ろうとすれば素早くやってきて「何がいるの?」と取ってくれます。

私がお風呂から上ると、「俺に任せて」と、ドライヤーで髪を乾かしてくれます。

私が痛みでよく眠れないと知れば、「リラックス出来ると思って」と入浴剤を買ってきてくれます。

鎮痛剤を飲んでも効果が薄いと知れば、シップを貼ったり塗り薬を塗ってくれたり。

車の運転ができない私を「どこ行きたい?」と連れ出してくれたり、仕事帰りに夕飯を買ってきてくれたり。

こんな風に、夫は全力で私を守ろうとしてくれました。

すると、子供や孫も影響を受けたのでしょう。

20代後半の娘は家事の殆どを済ませて仕事に向うようになり、9歳の孫は「肩が冷えないように」と肩にストールをかけてくれました。

7歳の孫ですら、「俺に任せて」と言いながら、掃除を代わってくれました。

そんな生活がスタートして2カ月が経った頃、五十肩の痛みは随分治り、家事も仕事も普通にこなせるまでになりました。

途端に娘や孫は元の生活に。

しかし、夫は相変わらず、「全力サポート」体勢をとったままで、事あるごとに私の所にやってきては「俺に任せて」と言ってくれます。

そんな夫に「もう大丈夫。痛くないよ」と笑顔を向けながら、愛しさと感謝を感じています。

そして今度は私の番。

その時は「私に任せて」と言いたいと思います。

関連の体験記:夫が倒れて働きづめの私。進学を諦め、助けてくれた長女。並んで座った電車での何気ない会話に涙が...

関連の体験記:離婚して出戻った姉。70歳の母に3人の子供の世話をさせ、自分は漫画を読みふけり...
関連の体験記:結婚に反対した長女が泣いている...。次女の彼氏との顔合わせで見えた「父子家庭で育った姉妹の絆」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP