夫が倒れて働きづめの私。進学を諦め、助けてくれた長女。並んで座った電車での何気ない会話に涙が...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:向日葵
性別:女
年齢:52
プロフィール:脳梗塞の夫と二人の子供と暮らす、働くお母さんです。

pixta_3994349_S.jpg

8年前に夫が脳梗塞に倒れてから、夫と子供たちを養うために働きづめだった私。

ですが、現在は当時高校生だった長女が家を離れて就職、一人で生活しています。

とはいえ、末の息子はまだ中学1年生。

公立の中学に通っていますが、毎月の学校納入費や部活動にかかる諸々の経費は小学校の3倍の金額で、ばかになりません。

それに高校受験も控えているのですから、入学費用も貯めておく必要があります。

まだまだ頑張って働かなくてはと思いますが、更年期を迎え高血圧や腰や肩、膝などの不調も頻発。

会社の人間関係でもトラブルがあり、肉体的にも精神的にもキツイ状態が続いていました。

そんな時、うれしいことがありました。

長女が嬉しいサプライズ・プレゼントを用意してくれたのです。

私が夜勤、娘は昼勤で生活時間帯がずれているため、緊急のとき以外はLINEで連絡を取り合うことにしています。

ある日の夕方、目が覚めてスマホを見てみると、娘からのLINEが入っていました。

「お母さん、この前見に行ったミュージカルの舞台版のチケットが手に入ったから、一緒に見に行かない?」

送られてきた文字に、心が踊りました。

そのミュージカルとは、今若い女性層を中心に大人気のオンライン・ゲームが原作。

いわゆる「2.5次元ミュージカル」と言われるものです。

小説や映画などのエンタメが大好きな私が喜びそうだ、と娘が誘ってくれて見に行ったのですが、これがとても素晴らしく、すっかりファンになっていました。

その時に「またいつか二人で見に来たいね」と言っていたのですが、娘はそれを気にかけていてくれたようです。

「もちろん、行くよ!」と、二つ返事で返信しました。

今回は、ミュージカルではなく舞台版ですが、ネットで情報収集してみたところ、幕末が舞台でストーリー的にもかなり面白そうでした。

現金なもので、その娘からのサプライズで、日ごろの疲れや憂鬱な気分が一気に吹っ飛んでしまいました。

その後も、舞台の日程や場所、何時の電車に乗って、どこで落ちあうかなど、細かいやりとりを時間差のLINEで行い、いよいよ当日。

電車に揺られること1時間あまり、途中の駅で娘が電車に乗り込んで来ました。

私が手を振って合図をすると、娘はニコッと嬉しそうに笑って歩み寄って来ました。

幸い隣の席が空いていたので、母子二人で並んで着席。

思えば、娘と顔を合わせるのは実に半年ぶり。

元気そうな様子にホッとしつつも、こうして私のために、骨を折って色々手配してくれたことに、心から感謝しました。

「今日は、色々ありがとうね。お母さん、興奮して眠れなかったよ」と私がおどけていうと、娘は「だと思った!」とうれしそうに笑います。

ただそれだけのこと。

...なのに、なんだか幸せすぎて、思わず目頭が熱くなってしまいました。

8年前、夫が脳梗塞で倒れた時、私は専業主婦で長女は大学受験を控えた高校生でした。

受ける大学も決まっていましたが、経済的な理由から急遽進学を諦めて、高校に通いながら医療事務の資格を取り、卒業後就職して家計を助けてくれました。

その長女が、私のために入手困難なチケットを取り、こうして一緒に連れて行ってくれる。

辛いこともあったけれど、今も大変だけれど、この瞬間にすべてが報われたような気がしました。

そうして見に行った舞台は...ストーリーも役者さんの演技も殺陣も舞台装置も、目から鱗がぽろぽろ落ちるほど素晴らしいもの。

涙腺が弱くなっていた私はハンカチを握りしめて、感動の涙を流したのでした。

娘と二人、水入らずで楽しい舞台をたっぷり堪能し、美味しい食事をして幸せいっぱいで帰宅。

おかげで、これからもまだまだ頑張れそうです。

■おすすめ体験記
10代後半で出産した娘。ダメダメだった母っぷりを支え応援した結果...
きっと忘れないよ! 小学生の長男が「これ使って」と差し出してくれた貯金箱
42歳独身の一人娘が突然「海外に行くことにした」宣言。心配と応援したい気持ちの板挟みでモヤモヤ

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

いい娘さんを持ちましたね
この方の普段の接し方が、娘さんを優しい子に育てたんだろうなぁ 感謝を伝えられる、何気ないことに幸せを感じられる そんな親になりたいものです
突然拝読しました。人生様々な事が御座います。私も、両親離婚親が再婚明日、食べるものが無く、給食費払えず屋上に行っていたなんて思い出が有ります。然し今はあの世に行く方が早くなりました。人生色々です。然し皆、バランス良く苦労もしている筈です。必ず良い思い出になり無駄になることは御座いませんよ。必ず朝はやって来ます。きっときっと優しいお嬢様がおられますので大丈夫です。楽しい毎日過ごしましょう
昔、同じ境遇の知り合いがいました。娘の同級生のお母さん。昼間も働き、夜はコンビニのバイト。思うに今の福祉のお金は本当に正当なものか?と。周りには見せかけ離婚し母子家庭として、援助を貰う。高額所得者の子供も学費は無料、死んだ親を隠して家族が使う、係りの人が訪ねて行っても本人か息子か分からない年齢で追及不可だと言う。ならば、親と息子同時に面接すればよいものを。前に高額取得者の芸能人が親は生活保護、姉は母子家庭手当、姉弟では無理かも知れませんが、親は面倒みたらと。生活保護を申請するのに、これは隠しとかなければ、なんて話してる事を耳にしたこともあります。皆の血税、正当になってるのでしょうか?ずる賢い人が楽をするのでは税金を納めたくないです。
心が温まりました。 ステキな娘さんですね! 苦労しているお母さんの姿を子供たちはずっと見てきたんでしょうね。 環境は年々変わってくると思います。 今は大変だと思いますが、近い将来きっとみんなで笑える日が来ると思います。その時を心待ちにしながら、お体大切になさってくださいね。
とても素敵なお話です。お母さんの背中を見てきちんと育ちましたね。素敵な親子関係ですね
同じような境遇です。 私の場合 主人に障害が残り その後他界しました。 幸いにも 子供は成人して頑張ってくれています☺️ まだまだ私も頑張らないといけないな❗って思います
10歳年上の夫も、6年程前に脳梗塞でICUに1週間入りましたが、幸いにも後遺症は軽く3ヶ月で職場復帰し、この3月末で無事に定年退職しました。 二人子供が居ますが、長男は既に家庭を持ち、長女は1浪の末大学生活を楽しんでいます。夫は一病息災、その後の健康管理も怠らず、次の就職先もお陰様で決まりました。同じ脳梗塞とあって、他人事とは思えず、電車の中で娘さんを待つ1時間を同じ気持ちで、わくわくしながら想像しました。感激の舞台と美味しいお食事、何よりもその至福の時を分かち合える愛娘さんの存在。日頃の辛さも親思いの優しい子供さんが吹き飛ばしてくれましたね。下の子供さんの子育てとパートナーを支える為に日々大変では有ると思います。でも、きっと乗り越えて行く力をくれるのも、家族の皆さんのだと思います。向日葵さんのお話を拝読出来て、心が熱くなりました。ありがとうございました。
家庭を支えてお母さんも大変だったとおもいますが、報われた、って諦めて無理して苦労したのは娘さんですよね。
娘さんが良い子なのは違いないが、奨学金や支援制度など、なにか進学を諦めない手段はなかったのだろうか…とついお節介なことを考えてしまう。
子供の頃災害で家をなくして建て直したりで家計大変だったのと弟がいたので私は高卒で就職しましたが特に後悔したことはないし 高校まで行かせてくれたから感謝しています うちも時々出かけたりして楽しんでます!

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP