高齢で病弱な母に孫の面倒を丸投げ! 漫画を読みふける姉が許せない

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:むーみん
性別:女
年齢:40
プロフィール:高校卒業後上京し就職。結婚し小学校高学年の一人娘がいるパート主婦。

16.jpg

現在70歳の母は昔から病弱でした。私が小学生だったころは何度か入院もし、お母さんっ子だった私はその度に悲しく、不安になり、なにより母が心配な毎日を過ごしていました。
私は母を助けたい一心で家事全般ができるようになりました。一方、二人の姉は家事全般がダメ。特に私より5歳年上の長女は、わがままな人でした。両親が初めての子ということで、甘やかしたのも悪かったのでしょう。病気で寝込む母の横で「お腹空いた、ご飯つくってよ」と言っていた姉。私は昔から姉たち、特にこのわがままな長女が嫌いでした。

私は高校卒業後、上京し就職。結婚して子供も小学校高学年になりました。次女も独立して遠方に暮らしているのですが、長女は地元でお見合い結婚。相手の家で義両親と同居して、3人の子どもに恵まれていました。

そんな長女が1年前離婚し、小学生2人、幼稚園1人の計3人の子どもを連れて実家に戻ったのです。そこから姉はフルタイムのサービス業(平日休みで土日出勤必須)についたのです

が、その分子育ては母の手に丸投げされました。

元気いっぱいの3人の孫達。体力がない上にもう70歳の母は、今にも倒れそうです。

もちろんかわいい子どもたちなのですが、様子を見ていると母を奴隷のように使っているように感じました。「おばあちゃん、これやってあれやって」と要求ばかりなのです。これは、姉の母に対する態度にそっくり。姉の姿をみて、子どもたちも母に対してそのような態度をとっているのでは、と思いました。

遠方に住む私はなんとか母を休ませたいと、新幹線で3カ月に1回実家に帰り(電車代も馬鹿になりません)、様子を見るようになりました。実家にいるときは作り置きをしたり、なるべく母が休めるよう、大物の洗濯、掃除をしています。

そんな中、許せないことがありました。

姉もなれない仕事で疲れているのはもちろんわかるのです。ですが、仕事から18時に帰宅し母に「ご飯」といいご飯を食べ終わると、そのまま横になって大好きな漫画を読み始めたのです。

その間も母は自室にいる病気の父のための食事の用意、子どもたちの食事の後片付け、子どもの面倒、そしてその日3回目になる洗濯機を回し、明日の弁当(姉の分です‼)の用意をしているのです。

私は怒り心頭で「お姉さん、いい加減にして‼」と怒鳴りつけました。ですが姉は「うるさい! 人の家に口出しするな!」と怒り、舌打ちをして自室へ逃げていきました。

正直姉には実家を出て自活して欲しいと思っています。ですが、母はそれはかわいそうだから......と止めてきます。私たち姉妹3人を育てあげ、ようやく一段落といったところだったのに、母のおだやかな老後を奪った姉が許せません。

今の私は3カ月に1回実家へ行き母を助けることと、子供たちを第二、第三の姉のようにしないため、「おばあちゃんをそんなふうに使ってはいけない。手伝いなさい」と伝えることしかできていません。母が心配です。

関連記事:晩婚化の影響がここにも? 育児を手伝う高齢の祖父母にのしかかる「孫疲れ」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

記事下バナー.jpg

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP