義母がお茶を飲み込めなくなっちゃった! その窮地を救ってくれたのは...⁉/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年以上が経ちました。

義両親と同居しながら介護をしていた当時のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:ああ、心強い...!「救急車騒動」を起こした義母にかけてもらった「かかりつけ医の言葉」

内科の受診を終えて精神的には落ち着けたものの、義母の具合が良くなったかというとそうではありません。

1.jpg

ぐったりした状態は相変わらずでしたし血圧もすぐには元に戻りませんでした。

それに何より帰って来てからも食欲は全くありません。

今までも体調を崩して食欲がなくなることはたまにあったのですが、それでも水分だけは何とか摂れていました。

ところが病院から帰って来るとお茶すら飲めなくなっていたのです。

高齢者の脱水は特に要注意です。

関連記事:熱中症で救急搬送!炎天下なのに散歩に出かけた高齢の義両親

2.jpg

何とか飲ませようとするのですがうまく呑み込めず噴き出してしまう始末。

今までの義母にこんな経験はなく、だんだん心配になってきました。

3.jpg

そこへちょうど次男が電話をくれ

4.jpg

と、教えてくれたのです。

この『とろみ剤』。

かねてからその存在は知っていましたが、地元の歯科医師会から表彰されるほど立派な歯を持っている上

5.jpg

食いっぷりのいい義母には縁のない代物だろうな・・・ぐらいにしか思っていませんでした。

「物は試し」と近所の薬局にとろみ剤を買いに走り

6.jpg

早速とろみをつけたお茶を義母に飲ませてみました。

7.jpg

とろみ剤は分量を調節することによってとろみの強さがが変わります。

少しずつゆっくり飲ませてみると次第にむせることなく無事水分摂取することが出来ました。

出来るだけ顎を引いて飲ませるなど、姿勢を整えるのもムセを防ぐには大事なことのようです。

それともうひとつ。

義母の口の中がとても汚れているのに気が付きました。

食べ物を摂っていないのに口の中はカスでいっぱいなのです。

8.jpg

口腔内が不衛生だと肺炎の原因にもなると聞いたことがあります。

実はこれまで義母の歯磨きに関してはトンと無頓着で月2回、歯医者に連れて行く以外何も関わっていませんでした。

けれど身体が動かなくなると同時に口をゆすぐことも難しくなってしまった義母。

水分が摂りにくくなったことにより唾が出せず、尚更自浄作用も落ちてしまっていたようです。

やむを得ず急遽歯磨き介助も始めることになりました。

その時役に立ったのが

9.jpg

とろみ剤購入のついでに買ってきたこの口腔ケアスポンジです。

10.jpg

認知症の義母の口の中をきれいにするのは結構難しく、何だか子どもが幼い頃の『は・み・が・き・じょ~ずかな~』を思い出してしまいました。

義母の腰椎骨折はほんの一瞬の出来事でしたが、あれよあれよと介護ランクは怒涛のうなぎ上り。

試行錯誤しながらの新しいステージ突入となっていきました。

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

【まとめ読み】義父母の介護での「事件」満載!山田あしゅらさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

50代後半の主婦。息子3人はそれぞれ巣立ち、現在は孫が2人のおばあちゃん。指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を綴ったアメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」は11年以上続き、現在も継続中。義父は入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。2019年肺炎により再度入院。同年4月28日逝去。享年90歳。義母は週5日デイサービスに通いつつ在宅で介護されていたが2018年1月体調を崩し入院。療養病棟へ移り現在に至る。94歳。在宅期間の日常を題材にした著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP