ああ、デイサービスの皆さんありがとう...。骨折以来、便秘だった義母の「うれしい知らせ」/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年以上が経ちました。

義両親と同居しながら介護をしていた当時のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:義母がお茶を飲み込めなくなっちゃった! その窮地を救ってくれたのは...⁉

義父母同時の転倒により義母の腰椎圧迫骨折。

てんやわんやの展開となったのは日曜日のことでした。

しかし実はその次の土曜日、義母はデイサービスの利用を早くも再開しているのです。

骨折だよ? まだ1週間経ってないよ?ソレってどうなの?

そんな声が聞こえてきそうですが・・・。

しばらく安静にしていた義母でしたが、整形外科で打ってもらった痛み止めが効いたのか、救急車を呼んだ時に比べたら幾分状態も良くなってきました。

そうなると認知症の進行も気になってきます。

なるべく歌を歌ったり話しかけるように心がけたりするものの

1.jpg

2.jpg

少しでも放っておくとすぐに横になって眠ってしまう義母です。

けれど私だって四六時中付き添っているわけにはいきません。

それからもう一つ気がかりだったのは排便のことでした。

もともと便秘気味の義母は身体を動かさない上に、食事も以前ほど進まずウンチは骨折以来止まったままになっていました。

また、もし出たとしても今までのように長い時間立っていられない義母の排便介助を私一人で行うことができるのでしょうか?

おしっこパッドの交換は何とか出来ていましたが、大量の便の処理を寝たまま行うのはかなり難しく、上手くやれる自信がありませんでした。

その頃、利用していた介護サービスといえばデイサービスのみです。

日中だけでも義母の面倒を見てもらえるのなら、ここにすがるしかないと思ったのです。

そして何より義母自身

4.jpg

デイサービスへ行くのが大好きだったのも幸いしました。

金曜日にデイサービスへ連絡し、土曜日からの利用再開をお願いしました。

3.jpg

さて。

デイサービス再開の当日。

もし、呼び出しの電話がかかって来てもすぐに迎えに行けるようずっと家で待機していましたが、途中で帰されることなく終了時間まで利用することができ、義母は無事、送迎車で帰ってきました。

さすがに帰って来たときは

5.jpg

かなり疲れた様子でしたが、デイの連絡帳には

6.jpg

沢山の配慮をしてもらいつつ適度に身体を動かし、食事も家にいる時よりすすんだ様子が書いてありました。

そしてなんと

7.jpg

ジャ~ン!

骨折以来。

便秘解消のおまけつき!

8.jpg

デイサービス再開が大正解だったことを実感するのはそれからしばらく後ですが

9.jpg

手探りしながら第1歩を踏み出すことが出来たのは何よりだったと思います。

【次のエピソード】これまで「我流の介護」だったけど...。アクシデント続出の義母に「私が決断したこと」/山田あしゅら

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

【まとめ読み】義父母の介護での「事件」満載!山田あしゅらさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

50代後半の主婦。息子3人はそれぞれ巣立ち、現在は孫が2人のおばあちゃん。指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を綴ったアメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」は11年以上続き、現在も継続中。義父は入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。2019年肺炎により再度入院。同年4月28日逝去。享年90歳。義母は週5日デイサービスに通いつつ在宅で介護されていたが2018年1月体調を崩し入院。療養病棟へ移り現在に至る。94歳。在宅期間の日常を題材にした著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

コメント一覧

流石 親孝行な方ですね。私も母親91歳介護でがんばっております。アルツや非常に症状などの細かい内容が重なり成る程!本当に参考になる事が多くこころを癒されます。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP