なぜここまでするの...⁉ 都会育ちの私には理解不能だった、夫の地方の「地元の小さなお祭り愛」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:みかん
性別:女
年齢:43
プロフィール:40代に突入し、体力の衰えを全身で感じています。

1.jpg

結婚して地方で生活をしています。

この地方特有なのか、田舎だからなのか分かりませんが、地元のお祭りを愛してやまない人が多いです。

お祭りは年に3回ほどで、秋祭りと夏祭りとゴールデンウィークです。

子どもが小さかった頃、旦那の実家から手伝いを頼まれ、参加してみたらびっくり。

お神輿の埃を払ったり点検したりの準備、出店を何にするのかの会議、婦人会や青年会で担当者決めなど、やることが盛りだくさん。

特に驚いたのが、子どもへの指導です。

神輿にある太鼓の叩き方や盆踊りの踊り方など、2カ月前から公民館に集まって練習します。

夕方から2時間ほど、遊んだり談笑しながらやっています。

仕事のようにテキパキとこなせばあっという間に終わるのでしょうが、町内の小さなお祭りです。

みんなで楽しくわいわいとやることを目的にしているので、とにかく時間がかかります。

夕飯どきに太鼓や盆踊りの練習をするのは、子どもの日常の生活リズムがズレるので嫌でたまりませんでした。

会議もいつのまにか話が脱線してしまい、お酒が入ることも。

女である私はお酌係です。

早く家に帰りたくてたまりません。

しかし、旦那から言わせると「祭りってそういうもんでしょ?」とのこと。

でも、私は近所づきあいが薄い「都会に近い町」で育ったため、祭りの習慣がありませんでした。

お祭りに行くのは観光にもなるような大きいお祭りだけで、屋台で焼きそばを食べて花火を見て楽しむものだと思っていたのです。

そのため、この土地特有の祭りの文化は受け入れがたいものでした。

このような経験から、絶対に「祭りのない地域に住もう」と決め、その後、新興住宅地に家を買いました。

旦那の実家からの手伝いも断り、今は祭りとは縁のない生活をしております。

しかし、新興住宅地で祭りのない生活を見た友人や知人からは「かわいそう」と言われます。

「子ども達がお祭りに参加できないなんて......」

「町内の人と一緒に盛り上がれる機会がないなんて......」

「夜遅くまで騒げないなんて......」......。

そんな風に憐れまれています。

憐れまれるのはいいのですが、友人や知人には優しい人が多く「うちのお祭りに参加する?」と親切心から声をかけてくれます。

「幹事に言っとくから来ればいいよ!」

「みんな大歓迎だよ!」

「人数増えると盛り上がるからぜひ来て」

などなどみんな優しく声をかけてくれるのです。

お祭りに興味がないというと白い目で見られるので、毎回予定を作って断っていますが、嘘をついているのが辛いです。

旦那は私の意見を受け入れてくれましたが、なぜ、そこまで嫌なのかはわかってくれているのかな......。

祭りのシーズンが近づくとわき上がる、何とも言えない複雑な気持ち。

どなたか共感してくれる方はいませんか?

関連の体験記:共働きの息子夫婦に頼まれ、2歳から預かった孫娘。彼女が「小学校で書いた作文」で嫁との関係が...

関連の体験記:「なんで最期に来てくれんかったんや!」と泣く父。母の死後、薄情だった母の実家とどうつきあう?
関連の体験記:幼い2人の娘を母に預け、離婚交渉していた私。ある日父から「母が過労で倒れた」と連絡があり...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

大きいお祭りはいいけど小さなお祭りなんてということですね。そのように育ってしまったのだから今さら投稿者さんの感覚は変わらないでしょうが、自分の感覚だけで子供さんに経験させないのはせっかく機会があるのになと思う。
ごめんなさい。共感出来ませんでした。私は田舎育ちの人間です。町内会や育成会にいる子たちのお母さんたちは祭りの何ヶ月も前から会議に取り掛かり、祭りの1か月前から子供たちは太鼓の練習に励みます。太鼓の練習の終盤には芋煮会もあるので豚汁を作るのはそれもお母さんたちの仕事です。たしかにお母さんたちの負担が大きくて子供たちは楽しむだけって感じですが、そういうもんだと思っていました。母は、東京の大きな祭りしか知らない所から嫁に来て、毎年祭りの準備を手伝わされてますが、談笑の方が楽しいので祭りは苦痛じゃないと言います。もしかしたら近所にも投稿者さんのような人がいるのかもしれませんね。そういう祭りの準備が苦手という意見もあることを知れてよかったです。
私投稿者さんの気持ちが分かります。夫の実家の地域でやる馴染みも愛着もないお祭りの手伝いに行き男尊女卑的な扱いを受けて子供の生活リズムまで狂われるのは不快でしかありません。要はコミュニティの内外どちらかという感覚だと思いますし、夫が子を祭りに関わらせたら経験もできますよね?けれど夫がそれを放棄したら今は引っ越しして祭りなしで暮らしてます。つまり夫婦で決めた事です。 可哀想扱いする方はいきなり他人の集団に下僕扱いされたら嫌な気持ちにならないのでしょうか?
新興住宅地に家を買って離れられたならそれでいいでしょう? 予定があって、と祭りの誘いを断るのも結構。 誘われるだけありがたいと思わないと2度と旦那さんの地元には戻れなくなりますよ。戻っても肩身の狭い思いします。 私も女がお酌とかふざけんな、と思うタイプなんでわかります。 古くからある町の人付き合いは確かに面倒くさいことだらけ。 問題は投稿者の書き方。 旦那の育った街を田舎、自分が育った街を都会と表現するところに旦那さんの地元を蔑む意識がはっきりと出ています。 お祭りの文化がない地域で育ったので地域密着型の住民総出のお祭りが苦手と書けばいいものを。 そもそも都会で育ったから、お祭りは縁日を楽しむものと思ってる認識がそもそも間違ってますから勉強しましょうね。 自分の無知を棚上げして旦那さんを理解できない、じゃなくて嫁いだのなら郷に入りては郷に従え。ダメなら出てしまえ、です。 投稿者より年下ですけど、一般的な常識がない中年多いなぁと思いますね。
言い方が…。 私はどちらかというと、こういう集まりが苦にならないタイプなのですが、こういうの苦手な人がいるのはわかるし、そういう人がこういうことを考えるのもわかります。まあ、投稿者さんの書き方もつっけんどんなところがありますが…。 イヤイヤ参加して陰でぐちぐち言うよりは、サッと苦手なモノから逃げるのは良いことだとは思います。 文章って難しいですね…。
要するに、人付き合いが嫌い。 この手は、都会であろうとも、誰ともなじめない。だったら、はっきりそんなバカ騒ぎのような催事大嫌いなんです、ほっといてくださいとはっきり言えばいい。
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2020.08.09
上の方のように、言えれば良いんでしょうけどね。残念ながら、私も言えません。はっきり言えば良いと思われる方は、ただイライラして、私みたいなのを見ているのでしょうね
私もそういう地域密着型というか、何ヶ月も前から準備しなくてはいけない祭りは苦手ですね。 性格的に合う、合わないがあるのはしょうがないです。 投稿主は何年かはがんばったんだし、もう参加したくないならそれでいいと思います。 可哀想とか言い切る方が嫌な気持ちになりました。
私もそういうの面倒くさい派なので気持ち凄くわかります。が、うちの町内小さいからか異常に仲が良いので面倒なら面倒と言える雰囲気。なんなら引っ越した人も一緒に騒げる感。内輪だけのしきたりもあれど文句ありつつ愚痴りつつ参加しています。実家は遠方でもっと田舎だったけどお祭りは一応ってかんじで単に地域によるものだと思います。参加してその地域で育った人たちの、昔はもっとさぁなんて話きくと自分の子供が大きくなった時に、祭りで近所のあのおっさんに水掛けられたよな〜とかあの角で休憩すると甘い麦茶出してもらえたねとか経験も広がるし、このようなイベントは地域の方と子供の触れ合いの機会を与えてくれて精神的にも防犯的にも地域活性化の一端になるって感じました。普段からいろいろな世代の人と話せる機会があるのはありがたい事だと思います。面倒がってすたれてよい文化では無いと推奨したいです。強制されるのは確かに嫌だけど、ゴミ出しとか町内会の人たちがやってくれている事を無視して文句だけ言うみたいで感じ良くない。義実家も担ぎ手や手伝いが出せなくて町内会に申し訳ないって気持ちもあるから誘うんじゃないかな。孫も見せたいだろし。
投稿者さんの言う所謂田舎出身で、夏の祭りが強制だった地域で育ちました。苦痛で苦痛で仕方ありませんでした!今は色々あって同市内ですが強制ではない地域でに住んでいます。 子どもたちは習い事で土日祝はまるまる潰れるので、年1回の祭りの日は貴重な休みの日。子どもたちが参加したいなら、と毎年聞きますが祭りに出るなら家族で出かけたいと言われ私は心の中で密かにガッツポーズ(笑) でも別に近所から何か言われる訳でもなく参加しない事で人間関係が悪くなるわけでもなくストレスなく平和に過ごしてます。 人は人、自分は自分。良くも悪くもそういう世の中なので強制ということ自体変えていかなければならないのではないかと思います。
全てに共感しました。 うちも夫の実家が田舎の自営業で夫が小さい頃には義父が町内会長なんかをやっていた家です。 幸い家業は長男が継いだため次男の夫は東京でサラリーマンをしており、普段は都内在住です。 義両親とも義兄弟とも関係は良好ですが、結婚して7年、未だにお祭りの何が楽しいのかよく分かりません。夫も子供の幼稚園の運動会に仕事で来なかったことがありますが、お祭りだけは有給まで取って参加です。 今年はコロナで中止になって内心ホッとしています。
全然共感できない。 下僕扱いって凄いけどそれはお祭り関係なく歓迎する人はほぼいないでしょう。 都会の女はこんな片田舎で田舎臭い生活はできません、って全面にでちゃってるよ。 うちは参加できませんって言えばいいだけじゃないの。リア友も誰も共感してくれないから寂しいの?別に隣はとなりうちはうちでもいいんじゃない。
都会にだって祭りはありますよ 親が子に残してあげられる思い出でしょうか自然とと古から伝わる文化 させられてるじゃなく子供に思いで作りさせてあげられるとは思えない 子の事やご主人より自分中心の考え方を正当化してまで家族に押し付ける方なんですね こういうかたは自分の考えがすべて正しいと思い込んでる 可哀想な方です
私は共感します。 自分が子供の時は子供会に入らないといけなくて、お祭りの為に廃品回収を一生懸命してお金を集めて町内のお祭りをやっていました。 当時は苦にならなかったけど 自分が親になってからは時代も変わり子供会への入会は強制もなく町内でやる時は見に行く程度です。子供も特に神輿を担いでみたい。など言わないし 私も話が脱線して家庭の時間を取られるの嫌です。お祭りは参加したい人と見て楽しみたい人の両者で成り立つと思うので参加させないと可哀想って考え方が少し違うかと…子供が参加したいって言ってるのに拒否してるわけじゃないなら問題ないんじゃないかな。
私もお祭りは都内の三社祭くらいしか行ってませんでしたが 準急で3駅下りのお祭りのある土地に嫁ぎました。 私は特に思い入れもないので、自治会の役員になった時しか手伝いに行きません。 主人は地元民でお祭りの神楽を教える事もしていました。 主人は毎年、この時期が楽しみな人なので うちの子供達は主人か義父と練習やお祭り本番に参加します。 私は家で夕飯作ってお風呂沸かして、時間が余った時だけ、 迎えがてら会館まで覗きに行く程度です(笑) お祭りに対する熱量や時間の掛け方は家庭によって違うと思います。 現に旦那さんは仕事で核家族のママは大変そうですが、「せっかくお祭りのある所に居るから私が(子供達に)やらせたいの」と充実している様ですよ。 主さんも、ご主人とよく話し合われて自分達のお祭りに対する時間の割き方をきちんと決めなければ ご主人の地元でも他の土地でも残念ながらストレスは無くなる事は無いと思います。
結婚前は地元のお祭りなど経験がなく、とても大変で馴染めないし、誘われても困ってしまう。ってだけならそれは大変ねと思うけど毒の染みでた見下し感満載の文章読んだら少しも寄り添う気持ちになれなかったわ。共感できなくてごめんなさいね。
本人が嫌いだと言う気持ちはそのまま尊重しますが、それをそのまま子供にも強制しているのと同じですよね?だって参加しないんですから連れて行かないでしょ?嫌だと思う親のほとんどは、嫌だと思いながらも子供の楽しそうな顔を見たくて我慢しています。自分が嫌だから参加しないは、親となった上では身勝手だと思いますよ。お子さんがそのまま成長し、周りの友達と昔の思い出話をする際に「うちの親そう言うの嫌いだったから連れて行って貰ってないんだよねぇ」って言いそうな気がします。逆に親の影響をもろに受けていたら、お子さんが親になった時に同じ様に「そう言うのパス!うちは子供の頃からそう言うの参加しない家だったんで!」って言うかも知れないと思ったら、ますます気の毒に思います。嫌だと言う考えは否定しませんが、子供も参加させない=経験させないって事には「祭りくらい経験させなくてもどうって事ない」って思っているのが親としてどうかと思います。簡単に言うと親の嫌いな食べ物は食卓に出て来ないから、気が付いたら子供まで食わず嫌いになっていたってのと同じかと。
色々並べ立てているけれど、ただお祭りが嫌いなんでしょ。 行きたいと思ったときに出かけて焼きそば食べて花火みて楽しむだけの事をしたいだけなんでしょ。 その焼きそばだって花火だってやりたい人が勝手にやって金儲けしてる訳じゃないことを考えることもできないように育ってしまったのだから今さら仕方ない。 共感はできないけど否定もしない。ただそういう考え方の人もいるんだなーってだけ。 なんで共感してほしいの?
地域の人のしがらみとか、やりたくない苦手なお祭りの準備とか、苦痛ですよね。私も都会の真ん中あたりに住んでいるので、そういうところにいったらきっとストレスだと思います。子供が楽しめることは他にもたくさんありまし、そのために新興住宅に越したのですから、あれこれいう人の意見は聞にせず割り切って別の楽しみを探したらいかがでしょうか?
もうすでに白い目で見られている。「イナカはクソ、あたしの地元は大都会だからキンキラ」を出している。だったらスパッと実家に帰ればいい。
共感できます! 私も同じ境遇なので!嫁いだ先は、3年に一度大きなお祭りのある地域。自宅はお祭り地域外に建てたのに、旦那は祭りだ祭りだと大はしゃぎ。小さなこどもを妻に丸投げし、準備に出かけ、毎晩呑んで帰る旦那を見ては、疎ましく思いました。もちろん義父母も祭り大好き。自宅を立ち寄り所にし、ビールやらおでんやらを振る舞います。乳飲み子をおんぶしながら、その準備をし、終わるとこども達に衣装を着せ、おまえも一緒に歩いてやれと言われ、歩けば疲れただの、喉が渇いただの...いったい私はこの数ヶ月、何をしているのか...本当に嫌でたまりませんでした。 今ではこどもも大きくなり自分の意思で決めますし、義父母も老いましたので。 ただ、ひとつ。そういった地域のコミュニティや伝統は、お祭り好きな人達で受け継がれている、ということもあるのかなと思います。今だから、思えることですが...
私も都会育ちなので、気持ち良く分かります。 田舎特有の【皆で】は未だに慣れません。 子供会に入るの当たり前 お祭り当たり前 とにかく参加、参加で嫌でした。 子供も大きくなったので 子供を通しての集まりもなくなり 気楽になりましたが 知らない土地で、知り合いを作るには良い機会だと、今になっては思います。 悪い事ばかりじゃ、ないかもですよ。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP