ごめんなさい!離婚交渉中子どもを母に預けたら、過労で倒れてしまった

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:めろんぱん
性別:女
年齢:38
プロフィール:結婚7年目の専業主婦です。

16.jpg

会社の元上司と結婚した私は、結婚と同時に退職。のちに2人の娘を授かりました。

ですが、夫のわがままや威圧的な態度に耐えきれなくなり、今から1年前に離婚を決意。歩いて10分程のところに住んでいる両親に相談したところ、もともと夫をよく思っていなかった両親は喜んで協力すると言ってくれ、その日から私は離婚準備をはじめることにしました。

当時4歳と2歳だった娘たちを母に預けては、弁護士の友人を訪ねて有利な条件で離婚するにはどうすればいいのか、親権や養育費はどうなるのか聞いたり、離婚後自立するために就職活動を開始。

母は「応援してるよ。いつでも頼って!」と言ってくれていたのですが、そんな母も60代後半。私はもっと母の体調を気遣うべきでした。

その日も娘2人を預け、仕事の面接にいっていた私。面接が終わり携帯電話をみると、父から数回着信がありました。まさか子どもたちになにかあったのかと思い、慌ててかけなおすと、父は母が急に倒れたので、救急車で病院に来たとのこと。

ただ病気ではなく過労という診断だったので、今点滴をうっている。子どもたちも一緒に病院にいるから、迎えにきてくれとのことでした。

過労......。

母に無理をさせてしまっていた! 私のせいで! 申し訳なさと後悔、そして母は大丈夫なのかと親を慕う小さい子どものような気持ちが溢れ、泣きそうになりました。

すぐ病院に駆けつけると、父と娘たちが待合室にいました。子どもは病室に入れないとのことで、待合室にいてくれたのです。ひとまず子どもを預かり、父は母の病室へ。5分後くらいに戻ってきて「気持ちよさそうに寝てたよ」と教えてくれました。私も母の顔をひと目見たいと思い、子どもを父に預け病室へ向かいました。ベッドの上で母はぐっすりと気持ちよさそうに寝ていました。

もともと痩せ型でしたが、加齢のため昔よりも細くなった母。私のせいで無理をさせてしまったと涙が溢れて止まりませんでした。

その後私と娘たちは先に実家に帰り、点滴が終わった後に父も母も帰宅しました。母をベッドに寝かせて、夜ご飯、家事などをこなしてその日は実家に泊まると、母は「ごめんね。役に立てなくて。あなたも休みなさい」と気遣い続けてくれます。自分は無理しているのに、子どもには無限の優しさをくれる。そんな母に感謝するとともに、私も娘にとってそんな母親にならなくてはと強く思いました。

あれから半年ほどたちました。まだ離婚は成立していませんが、母に無理をさせないように、そして心配をかけないように心がけています。そして無事離婚し、自立ができたら、もっと親孝行をしようと思っています。

関連記事:週に1度、1回30分の訪問が多い!? "孫と会う頻度"に関する投稿が話題

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP