「なんで最期に来てくれんかったんや!」と泣いた父。母の死後、薄情だった母の実家とどうつきあう?

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ひまわり
性別:女
年齢:44
プロフィール:2年前に母を亡くした事を機に、母方の家族との関係に悩んでいます。

1.jpg

2年前に母を亡くしました。

そのとき、私の祖母である母の母は90歳で、娘に先立たれた形になります。

母の家族と私達家族は、母が生きていたうちはそれなりにつきあってきましたが、正直、内心はあまり良く思っていませんでした。

とりわけ父においては相当我慢していたと思います。

というのも、祖母は昔の人ゆえ、長男=跡取り、長男を大事に、長男が一番と自身の息子をそれはそれは大事にしました。

あきらかに娘である母と「愛情の注ぎ具合」が違っていたのです。

ですが、母は6歳も離れていた長男である弟を大人になっても可愛がっていましたし、仲の良い姉弟という印象です。
母は高校生の頃、父親の事業が失敗したためその土地を離れ、苦労してきた人でした。

そんな中で父と出会って結婚し、幸せに暮らしてきましたが、父親の事業の失敗はしばらく尾を引いて、金銭的にも支援し、トラブルがあるごとに手を差し伸べていたようです。

父は「母の実家に」というより「母のため」と力を貸していたと思います。
さらに母は、生前足の悪い母(祖母)のところに行っては身の回りをサポートしたり、介護認定の手続きをしたり。

一方、叔父家族は歩いて5分くらいのところに住んでいるのに、あまり寄りついていませんでした。

祖母は母の病気が分かってから、一度も見舞いに来ることはありませんでした。

現実を目の当たりにすることを恐れていたと思います。

余命が1カ月半と言われた頃は、老いた祖母に伝えるのも...ということで黙っていましたが、叔父にだけは伝えました。

祖母には自宅で療養しているというと、毎日母に電話をしては一方的に「ガンにはあれを食べたらいい」とか、「なんで父と私達姉妹が病気に気づかなかったのか!」などいろいろ一方的に電話口で喋るのです。

母はそんな祖母の電話が辛くなったようで、最後のほうは私が間に入り、祖母に状況を毎日電話で伝えていました。

そして、母が亡くなる4時間前、危篤となったことを叔父に電話で告げましたが、母の元には来てくれず、会いに来たのは次の日、母が棺に入ってからでした。

充分時間があったのに、なぜ来てくれなかったのか腹立たしい思いでした。

聞けば、仕事でと言われましたが、姉が危篤で仕事を優先するのでしょうか?

さらに、仕事が済んだあと祖母のところへ行き、母(姉)の元に行こうと思ったら、祖母が取り乱したのだそうです。

ですが、叔父の家族には妻と成人した子ども3人もいます。

その人たちに任せて、母の元に来ることもできたんじゃないのでしょうか?

私は叔父を責めました。
そして、そういう一連の薄情な出来事に父は激怒し「母の家族を葬儀に呼ばない!」と宣言したのです。

いくらなんでもと説得しましたが、その考えが変わることはありませんでした。

母には申し訳なかったのですが、父も積年の恨みがこのときに湧き出たようで、母は祖母、叔父を大事に思って力を貸してきたのに「なんで最期に来てくれなかったんや!」と泣きながら訴えていました。

葬儀を終え、父は今後の供養もあいつらは呼ばない、家族だけですると言い切っています。

父の気持ちもわかります。

しかし、祖母も叔父も母の家族です。

母は仲良くしてほしいと思っているのではないでしょうか。

母の気持ちはどうなんだろう?

私だけでも祖母、叔父と連絡を取った方がいいのだろうか?

いろいろ思うことがあり、母に聞きたいといつも思っています。それがいまだに心残りなのです。

■おすすめ体験記

「戒名はいらないからね」と言って亡くなった父に、結局付けてもらった戒名
誰よりも娘の心配をしてくれる母に涙。ある日、母が私にくれた通帳の中身は...
幼い2人の娘を母に預け、離婚交渉していた私。ある日父から「母が過労で倒れた」と連絡があり...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

身につまされます。私も息子を持つ身で、親思いの優しい息子なのに、結婚してお嫁さんが出来てからはお嫁さんにばかり気を遣い、私にはごめんなーと言いながら、たまに来るときは嫁も孫も連れず一人です。私も息子の家庭を波風立てたくないので何も言いません。立場は違っても、そちらの弟さん達もそんなことがあったのではなかったのでしょうか。決して冷淡なのではなく、事情があったと思います。確かにその事情よりも大事なこともあるはずですが。いつか、もう居なくなったお母様を想い、後悔されるときが来ると思います。今は腹立たしく悔しい毎日でしょうが、何とか心を穏やかにされて、平穏な日々をお過ごし下さい。いつか、きっとあの時はこう言う事情があった、と伝えてくれる日が来ると思います。亡くなられたお母様は、きっとその事情をご存知だと思います。
結婚したなら自分の家庭を優先で当たり前ですよね?お嫁さんにばかり気を遣っているって…。息子さんがそう言っていたんですか?孫も嫁も会いに来ないって言う人って普通に嫌われてるんでしょ。好きなら会いに行きます。私はお義母さん大好きだから毎月会うし、旅行も行くし、一緒の部屋で寝たり全然平気です。お義母さんは旦那も私も同じように大切にしてくれます。自分の行いをちゃんと振り返ってみたらどうですか? あと、この相談のケースとあなたの話、全く違う話ですよ。自分自分って話したがる性格が出てますね。 ひまわりさん、供養は死んだ人より生きてる人の心を慰めるものでもあり、気持ちがあればどこでも出来ます。いまはお母様を亡くして傷付いているお父様を支えてあげて下さい。向こうが本当にお母様を思っているならば、いつか必ず機会は来ると思います。お母様のご冥福をお祈りします。
私の母とにてます。娘は馬鹿にしまくり、兄と弟は殿様 まいにちすり減る母をみてずーつと我慢したけつかです。連絡してもこないなんて、もう人間としてだめ。付き合うと馬鹿をみますよ。まず来る。たったそれさえしない。さいていです。
おばあさまは常軌を逸してらっしゃるし、伯父さんはこの程度の付き合いでと思っているようです。あなたは今、お父さまを大事に、寄り添ってあげてください。
筆者は孫さんですよね? なぜ祖母に知らせをせず 叔父にしか連絡してないのかが理解できない、、 あと、呼び名がややこしくて関係性がわかりにくい、、

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP