ああ...さすがにもう聞き流せない! 介助が必要になった80歳父の愚痴を電話で言い続ける母

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ジャイアン
性別:女
年齢:53
プロフィール:会社員の53歳女性。

19.jpg

78歳になる母がまめに電話を掛けてくれて嬉しいのですが、内容が愚痴ばかりで困っています。

母は実家で80歳の父と一緒に暮らしています。

父は一昨年辺りから関節痛に悩んでおり、この頃、痛みが強くなりました。

立ち座りや着替えなど、日常の動作が大変になってきていて介助の必要があり、今年からホームヘルパーさんを頼んでいます。

ヘルパーさんが来てくれる様になり、母も楽になっているとは思います。

それでも、父が自分の事が一人で出来ていた頃に比べると、やはり疲れはたまるようです。

実家は車で2時間ほどの場所。

私は自分の家の事もあるため、訪ねて行けるのは2、3カ月に一度くらいになります。

昨年はお盆に帰省したのが最後でした。

その時には母も私に会えて嬉しかったのか、元気に見えたので安心していました。

しかしその後、以前よりも電話がまめになり、愚痴も多くなりました。

内容は父に対してのことがほとんどです。

「お父さんは病院に行っても、ちゃんと自分の事を話さない」

「病気だからって自分では何もしなくていいと思っている」

......などなど。

たまにヘルパーさんについても「気のない返事ばっかりで気分が暗くなる」など、ちょっと言いがかりのような事を言います。

母に言わせると病気で介助が必要になっても、自分で出来る事はなるべく長く続けられる様に工夫をするべきだそうです。

母からは「父は工夫をしていない」と見えていて、それが腹立たしいのだと思います。

母の言う事も一理あるとは思うのですが、一方的に父を責めて不満を並べられると、私も「聞き流す」という事が出来なくなってしまいます。

先日もつい「お父さんだって歯がゆい思いをしてるんだから可哀そうじゃない」と反論してしまいました。

そうしたらムキになって自論をまくし立てられてしまいました。

愚痴なのだから相槌を打って聞いている方がいいのでしょう。

ですが、いつも同じ様な母の愚痴を聞いていて、私自身も疲れてきて、以前のように聞き流すことができなくなってしまいました。

私が一緒にいたり、まめに帰省して話をして家事を手伝えたりすれば、母も気がまぎれるのだろうと思うのですが......。

それが出来ない罪悪感もあり、せめて電話で話す時には言いたい事を言わせてあげようと思っていました。

しかし、このままでは私と母、互いに疲れだけが溜まってしまうのではないかと考え始めています。

できるだけ母の気持ちが明るく楽になるような会話をしたいと思うのですが、どんなふうに言葉を運べばいいのか分からず困っています。

■おすすめの体験記
娘は「使い勝手のいい介護人」? 感謝の言葉もなく逝った父にとって、私の存在は何だったのか......
切ない...献身的に介護してもらった日々を覚えちゃいない認知症の母/あぽり
妻を亡くして自暴自棄になった知人。次々とトラブルを起こし、もうつきあいきれない!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

自分の家のこともあるでしょうが、2時間ほどの距離で2−3ヶ月に1度の訪問って少ないですよね。せめて1ヶ月に一度は行ってお母様の気晴らしをしてあげては。。介護が始まったらたとえ別居でも主介護者になればこんな頻度では追いつかなくなりますよ。今から慣れておく必要はあると思います。
介護の本来の形は、介護する側が何でもかんでも手伝ってしまう事ではなく、ご本人が本当に出来ない事をサポートする役割です。 でも今まで自分がやっていた事を人に手伝って貰うようになると、ご本人に甘えが出てしまうのはありがちな話しです。 ご自分の奥さんが介護人だと、甘えは更に出るかも知れませんよね。 実際、高齢になって来ると何処かに故障がなくても、体が動かす事自体がしんどくもなるんだと思いますが。 介護サービスを利用しているとは言え、生活を共にしながらお一人でお父様の介護をされているお母様のご苦労とストレスは、ご当人にしかわからない心身共にヘビーな負担だと思います。 お母様が気分転換をする時間はあるのでしょうか? お父様の介護から離れて、ご自分が楽しめる時間は確保してあげた方が良いと思います。 週一回くらい気分転換をする時間を、作って差し上げられると良いなと思います。 デイサービスの利用は介護度の範囲で出来ないでしょうか? 合う合わないもありますが。 お母様のストレスが心配です。 (続きます→)
(続きです) お父様の介護を手伝うご家族は、他にいらっしゃるのでしょうか?お母様だけですか? もしそうならば、娘であるあなたは言葉かけ以前に、あなた自身もなるべくマメに実家に足を運んであげて、お母様がお一人で引き受けているお父様の介護を、変わってあげる方が、お母様の力になるかも知れません。 その方がお母様のご苦労に寄り添えると思うし…手伝う事で見える事もあるのでは。 それから訪問介護の人は、限られた時間でやるべき事をやらなければならないので、お母様みたいな不満は出る場合はあるかも知れません。 (介護職と家族の介護との両方の経験者より)
聞き流してきた結果が今のお母さんの行動なのでは? お父さんやお母さんと直接話をしてお互いの事を橋渡ししてあげたりはしてあげられていますか? 三ヶ月に一回の帰郷も朝から晩までみっちり介護や家の用事をするわけではないと思うので1ヶ月に一度半日くらい時間を上手に作って顔をだしてあげてみてはどうでしょうか。 お母さんが介護鬱や倒れてしまって二人介護が必要になっても三ヶ月に一回しか行けないのならもっと違う手を今からうっておかないと。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP