切ない...献身的に介護してもらった日々を覚えちゃいない認知症の母/あぽり

こんにちは!

夫と、大学生の息子と、高校生の娘の
4人暮らしのあぽりと申します。

要介護1で一人暮らしをしている
母の事を書いています。

前回の記事:母の家の冷蔵庫は賞味期限切れ品だらけ。で、我が家は!?

前回は、冷蔵庫の整理が出来ない話を書きました。
(私も人の事言えないけれど。笑)

母との会話で。

1909aahakken01.png

母は、週に二回、

リハビリ付きのデイサービスに
通っています。

1909aahakken02.png

リハビリの先生が、しみじみと、

歩けるようになったことを
喜んで下さったみたいで。

だけど母が、
「まるで私が歩けなかったみたいに言う」と。

え...?

1909aahakken03.png

1909aahakken04.png

1909aahakken05.png

この会話の流れで、

なんとなく嫌な感じがしました。

あんなに長い期間歩けなかったのに
覚えてない...?

1909aahakken06.png

最初から歩けたと言い張るんです。

歩けないのに生活できるわけがないと言うんですね。

1909aahakken07.png

入院した事も忘れちゃってるのかと思ったら

「入院した」という事実は覚えていて。

だけど理由が分からないみたいです。

大丈夫そうに見えるけれど、
母はやっぱり認知症なんだな...と
考えてしまった話で、

この話、ちょっと続きます!

つづく。

母の介護に夫との大ゲンカも...!? あぽりさんの記事リストはこちら!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

あぽり

50代の日常を楽しい絵日記で綴っているブログ「絵日記でございます。」を運営。ライブドア公式ブロガー。夫と、大学生の息子と、高校生の娘の4人家族です。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

あぽりさんのブログ:絵日記でございます。

コメント一覧

いつも楽しみに拝見させて頂いてます。職業がら、息子さんの小さい頃の体験のお話を拝見し、やっぱり居るんだって、納得しました。色々なナゾが解けた感があり、一気に読みました。ブログ、これからも楽しみにしております。季節の変わり目ですのでお体に気を付けて下さいね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP