ぬ、ぬぁに~!義父が「訪問リハビリ」を勝手にキャンセル⁉ その意外な理由とは/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年以上が経ちました。義両親と同居しながら介護をしていた当時のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:な、なぜ⁉ 足腰が弱った認知症の義母が寒い中ひとりで外へ。推理した結果は...⁉

しばらく話題にのぼっていませんでしたが、義父の訪問リハビリは開始から2年ほど、細々とでしたが何とか続いておりました。

1年近くお世話になっていた療法士のモリさんとは意外とウマが合っていたのですが

1.jpg

残念なことに

2.jpg

異動になり、担当から外れることになってしまったのです。

新たに担当してくださったのは

女性療法士の

3.jpg

ヤマモトさん。

元気なお姉さんといった感じの人でした。

ヤマモトさんはいつも一生懸命。

義父のリハビリに真剣に取り組んでくれて、初めの頃は順調に進んでおりました。

4.jpg

また、義母が立てなくなった時には、利用者の家族のことなのに時間を割いて色々アドバイスしてくれたのです。

5.jpg

6.jpg

と、聞かれたのでイスを持ってきてあてがい

7.jpg

やっと立てた事を話すと

8.jpg

立たせて動かす以前に脳梗塞などの心配もあるから無理に動かさない方が良い場合もあると教えてくれました。

意識がなかったり、マヒがあると感じた時はムリをせず救急車を呼んだほうが良いのだそうです。

幸い、この時は大事に至らなかったわけですが

9.jpg

最悪の場合、症状を悪化させることになりかねません。

また、義母に糖尿病の持病があることを話すと

10.jpg

ということも教えてくれました。

医療や看護の知識がない家族のバッグアップも訪問サービスの役割の一つだそうですが、分からないことを身近で親身になって教えてくれるヤマモトさんは私にとって『頼れる人』でもあったのです。

しかし、リハビリを受けている義父本人は

11.jpg

と、イマイチ『ソリ』が合わない様子。

いつでも一生懸命なヤマモトさんは熱心なあまり

12.jpg

13.jpg

義父の思いとすれ違うことが多かったこともありますが

14.jpg

何よりモリさんが男性だということも大きな理由のひとつだったようです。

療法士さんのカリキュラムは指針が決まっているでしょうから、担当者によってそれほどの違いがあるとも思えませんが

相性の良しあしや男性であるか女性であるかという違いはどうすることもできないですものね。

15.jpg

週1回の訪問リハビリは外出出来なくなってきた義父が人と接することの出来る数少ない機会でもあります。

何とか続けてもらいたいところなのですが...。

担当がヤマモトさんに代わって半年ほど経ったころでしょうか、義父が訪問リハビリを勝手にキャンセルするようになったのです。

16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

実は義父が訪問リハビリを避けるようになったのはただ単に『合わない』ということだけではなく、トイレの失敗が増えてきたことも一因でした。


これまで何とか自分でトイレに行っていましたが、ちょくちょくの失敗がたびたびの失敗へと頻度が増えていったのもこの頃でした。

失敗の原因は病気の進行により思うようにトイレに向かいづらい、ズボンのチャックが開けづらい・・・ということもあるのですが、排尿の感覚もだんだん鈍くなっている様子で、「あっ」と思った時には時すでに遅し。

20.jpg

やはり、若い女性の前で粗相するのは義父の性格からいっても耐えられないことだったみたいです。

事前に促してトイレへ行くよう勧めても『出る』感覚が怪しい上頑固な義父は素直に応じようとしません。

かといってリハビリパンツの使用をすんなりと受け入れる義父でもないのです。

21.jpg

困り切った私はケアマネおーさんに相談することにしました。

続きます。

義父母の介護での「事件&エピソード」満載!山田あしゅらさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

50代後半の主婦。息子3人はそれぞれ巣立ち、現在は孫が2人のおばあちゃん。指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を綴ったアメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」は11年以上続き、現在も継続中。

義父は入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。2019年肺炎により再度入院。同年4月28日逝去。享年90歳。

義母は週5日デイサービスに通いつつ在宅で介護されていたが2018年1月体調を崩し入院。療養病棟へ移り現在に至る。94歳。

在宅期間の日常を題材にした著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP