リハビリ「やる気ゼロ」の義父にさく裂した、ケアマネさんの「会心の一撃」/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで、義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年以上が経ちました。

義両親と同居しながら介護をしていた当時のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:ぬ、ぬぁに~!義父が「訪問リハビリ」を勝手にキャンセル⁉ その意外な理由とは

訪問リハビリの担当者がモリさんからヤマモトさんに代わってリハビリに対する『やる気』が薄れてきてしまった義父。

次第に何かと口実をもうけては

1.jpg

サボることが増えてきました。

リハビリだけのことでなく、この頃は外出しようとする気持ちも失せており、以前行っていた町内の『茶話会』も「もうワシは行かん!」とずっと断り続けていたのです。

2.jpg

自分の意にそわないレクリエーションも理由のひとつでしたが、だんだん怪しくなってきていた『おシモ事情』も大きく影響していたようです。

『時々』の失敗が『たびたび』の失敗へ。

3.jpg

プライドの高い義父にとって忸怩たる思いはかなり強かったのでしょう。

本人も周りもどう対処すれば良いのか悩み深い時期でもありました。

さて、ケアマネージャーの「おーさん」との話し合いをする日。

その直前に義父の介護認定の結果が届いていました。

4.jpg

5.jpg

必死の説明をした甲斐もなく、出された結果は『要支援2→要支援1』。

6.jpg

介護度が下がるというのは状態が改善されているということですから、本来なら喜ばしいことなのでしょうが...。

要介護高齢者の急増とお国の財政事情の厳しさもあり、この頃から介護認定はだんだんシビアにならざるを得ない状況になっていたようです。

だから現状に見合わないと感じることも少なくなかったわけです。

介護度(区分)が変わると『担当者会議』が開かれることになります。

『担当者会議』とは本人とサービスを提供してくれる事業所、ケアマネージャー、家族を交えてそれぞれが意見を出し合い、その人に合ったケアプランを組み立てていく会議のことです。

7.jpg

おーさんの訪問は、その事前確認の意味合いもありました。

おーさんはポータブルトイレの導入を提案。

8.jpg

当時の我が家のトイレ。

2階は洋式便所でしたが、1階は何と昔ながらの和式便所だったのです。

9.jpg

これまで義父母は2階で過ごすことが多く、それほど支障は感じていませんでしたが、動かなくなってきた義父や、立ち上がりが困難になってきた義母のことを考えると1階のトイレの使い勝手が問題になることは大いに予想されます。

トイレの改修工事となれば大ごとですが、ポータブルトイレを置けば多少は解決するのではないか?

それはもちろん、このところ毎晩のように私たち家族を悩ませていた

10.jpg

お風呂問題の解決のためということもありました。

事前に玄関先でおーさんと軽く打ち合わせをしたのち

11.jpg

『義父VSおーさんと私』。

ポータブルトイレおすすめミッションの開始です。

どんな便利な福祉用具も当の本人が使ってくれなければ意味がありませんものね。

しかし、くだんの義父のこと

12.jpg

自身の失敗がすんなり認められるはずもなく。

話はどんどん膠着状態。

そこで少し流れを変えるため

13.jpg

と何の気なしに聞いてみたのです。

・・・ええ。これもダメ元で。

案の定

14.jpg

即、却下。

しかし


15.jpg

ここぞとばかりにおーさんが熱く説得してくれました。

16.jpg

すると義父の気持ちがだんだんほぐれてくるではありませんか。

そして

17.jpg

今までどれだけ勧めても「行く」とは言わなかった通所サービスなのに、初めて「行ってみてもええな。」の一言が出たのです。

『送迎してくれる』はともかく『風呂に入らなくていい』がポイントというのが少々気になりますが

これは大きな1歩になる予感!!

18.jpg

肝心のポータブルトイレ導入の話はどこへやら。

だけど思いがけず『不動の山』が動き出しそうな気配です。

義父母の介護での「事件&エピソード」満載!山田あしゅらさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

50代後半の主婦。息子3人はそれぞれ巣立ち、現在は孫が2人のおばあちゃん。指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を綴ったアメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」は11年以上続き、現在も継続中。

義父は入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。2019年肺炎により再度入院。同年4月28日逝去。享年90歳。

義母は週5日デイサービスに通いつつ在宅で介護されていたが2018年1月体調を崩し入院。療養病棟へ移り現在に至る。94歳。

在宅期間の日常を題材にした著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP