なぜ? 二世帯住宅での食卓、毎回「義父にだけ」フルーツを出す義母に違和感が...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:もっちゃん
性別:女
年齢:35
プロフィール:結婚して5年。1歳になる子供がいます。

9.jpg

昨年、70代後半の義父母と私達で資金を出し合って、二世帯住宅を建てました。今は同じ建物に住んでいます。

義父母ともに持病もなく元気で、洗濯や掃除に関しては自分達でやってくれていますが、夕食は一緒に食べるのがいつの間にか習慣になりました。

特に取り決めたわけではないのですが、それまでも一緒に食事をしていたので、急に二人だけの食事は寂しかったようです。

また、孫の顔も見たかったのだろうと思います。

料理は私達のキッチンで、うちの冷蔵庫の食材を使って私と義母とで一緒に作っています。

女性が二人でキッチンに立つと不協和音が生じるとよく言われますが、ざっくりと役割が決まってきて、義母が気をつかって一歩引いてくれているので、険悪な空気になったことはありません。

ただ、一つだけ引っかかることがあります。

それは「義父のための義母の行動」です。

義父は好き嫌いが多い人。

そのうえ、同じ料理でも気分で食べたり食べなかったりするので、その日の献立によっては、義母が「義父のため(だけ)の一品」を作る事もしばしばあるんです。

義母が、本当に義父が食べる分しか作らないことにも戸惑うのですが、さらにそれより違和感を感じることがあります。

それは、義母が「義父にだけ」別皿でフルーツを出すこと。

しかも、食後の果物を自宅から持参し、売っているカットフルーツの様にきれいにひと口大に切って出すんです。

義母の分も、もちろん私達の分もありません。

何故か義父の分だけきっちり持参してくるのです。

でも、夫もそれが当たり前のようにしているので聞いてみると、もともと野菜や果物をあまり食べない義父の健康を心配した義母が「少しでも果物を食べてくれる様に」と夫が子供の頃から続いている習慣なんだそう。

夫も昔は同じ様にカットしてもらっていた果物を食べていたそうで、特に不思議とも思わないようです。

義母に「夫の分はあなたが用意しなさい」と言われないのは有り難い気がしますが...毎日、一人で黙々と果物を食べている義父を横目に、皆で雑談をしながらお茶を飲んでいる光景は、私には不思議で仕方ありません。

「いつもの食材はうちが提供しているのだから、たまには皆の分も持ってきてくれたらいいのに」「もう少し子供が大きくなって『どうしておじいちゃんだけ?』と聞かれたらどう答えよう?」など考えてしまいます。

果物や食材でそんな事を考えてしまう自分は心の狭い人間だなと思うのですが、日々モヤモヤしてしまうのです。

■おすすめ体験記
竜宮城だと思った義実家は実は鬼ヶ島で...!? 人徳者を装う義母の本当の顔
夫が負担していた超高額の光熱費を「折半」にした途端、節約しだした義両親
「今まで苦労したから何もやりたくないし、やらない!」豪遊し毎日のランチは外食の義母だけど......

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

お義母さんはお義父さんに毎日フルーツを出したいけど 毎日家族全員分買うと予算が4倍5倍になってしまって 「毎日」は出せなくなるので「お義父さんだけ」というスタイルを選択しているんだと思います。 それはおそらく食事の支度の1部ではなくお義母さんからお義父さんへの愛情表現の儀式なんだと思います。 「あなたは私にとって大切な人です」と。 お義父さんも、そのささやかな特別扱いに幸せや愛情を感じているのかもしれません。 食事の一環ではなくバレンタインの本命チョコみたいなものだと思えばあまり気にならないのではないでしょうか(*´∀`*)
素敵な考えだと思います^^
お義父さんのことを糖尿病にするための作戦かと思ってしまった私は心が汚れているのかな…(笑) 余裕があるときに一度他の家族にも出してしまうと、出さない日に「今日はないのか…」とがっかりさせてしまうこともあるので、お義母様なりの気遣いなのかもしれませんね。 じゃあ全員フルーツなしでよくない?とも思うけれど、長年の習慣なのでしょうし、他の方のコメントにもあるように愛情表現のようなものかもしれませんね! 我が家も、義父に胃の手術歴があり、義母はサラダではなく蒸し野菜を義父だけに用意しています。
パートナーを大事にする。たてる。素敵なお義母様だとおもいます。私の母もフルーツは必ずカットして出してくれていたので、私自身もカットします。もし、これが投稿者様の旦那様(息子さん)にだけ、カットしていたら大問題ですが。別に悪気があって、やっているわけではないとはおもいます。ただ、食後のフルーツなら、自分のところへ戻って、二人きりになって食べてもいいんじゃないかなぁ?って、おもってしまうところもあったり。悪い方に考えたらたくさんでてきてしまいますが、いい方に考えたら、息子さんにくっつきすぎない。お義母様はお義父様のことをちゃんと考えているだけ。と、割り切っては。。。 お子様が言うようになったり、食べるようになったら、お孫さんに会いたくてご一緒にご飯をしているのであればその時は用意してくださるとおもいますよ。
毎日晩酌されるお父様であれば、毎日お父様にだけお酒とつまみが出ると思うのですが、それを他の家族に気を遣ってつまみだけでもみんなの分を···ということにはならないと思いますのでそういうものだと割り切った方が良いのでは? あからさまに姑さまに悪意があるのであれば問題でしょうが、そうでないなら「たまには私たちの分も」というのはかなり図々しいのでは···
各々の家庭で食事をしていればそういうのもアリだと思います。というか自由だと思います。 ただ食材は嫁側だけ負担となるとまずそこからして相当不満になりそうですが。 これで子どもが大きくなってきて自分も欲しいと言われ用意しだした時『オレだけ特別だったのに!』とヘソを曲げるのか『嫁子さんありがとう』と言って嫁側の冷蔵庫から父の分もとなるのか気になります。
息子にも孫にも出して投稿者さんの分だけ出さないとかなら意地悪だけど、自分の家から持ってきて食べさせてるならまだマシかな? そもそも、晩ご飯の食材費の支払いが無いってのがモヤモヤの原因じゃ無いんですか? キッチンもそれぞれある二世帯住宅なら、別々に食べるようにご主人に言ってもらわないとお金も作る労力もだんだん投稿者さんの負担になりそう。 義母が料理出来ないくらい衰えてるなら仕方ないけど… あと、他にも書いてる人いるけど毎晩フルーツ盛り合わせ食べてたら糖尿病になりそう。かえって健康に悪いんじゃ無いかとそれが心配です。フルーツはビタミンよりも糖質の塊と思った方が良い。
大黒柱である人をたてて、お刺身を添えたり一品増やすのは昭和の夫婦ではよくある話でした。 稼いでくるご主人にだけの一品を見て子供達も、ご主人の家庭内での位置付を学ぶのです。小説にもそういうシーンが出てくるのがありました。 共働きや主夫という言葉が出てきた現代では減ってしまったので、専業主婦家庭では、今でもあるのかもしれませんね。
【お父さんが食べれる献立】をみんなも強いられるのではないから良くないですか? お子さんが疑問を口にしたときに、そのままお母さんに質問を回せばいいと思いますよ。 食事の支度をしてるので思う部分はあるかもしれませんが、正直フルーツ類の購入をねだってくるわけじゃないから許容範囲だと思います。フルーツ高いから、盛り合わせって言われるの想像しただけでイラッとしちゃう
やっぱり嫌かな、 そこが他人。 お母さんから一言もないのもどうかと思う。 わたしなら、テーブルの真ん中に、全員で食べれるように盛り付けます。 食べる食べないは、人それぞれ。 食材も持ち込まないなら、フルーツぐらい用意するぐらいの気遣いは必要です。 お嫁さんの気持ちがよくわかります。
私も同じ事がありました。 果物はもちろん、お刺身の盛合わせやステーキなど義父だけに用意されました。 義母には大切な大黒柱なのでしょうが、私からすれば大黒柱は夫であり、同じ食卓の中で義父のみに向けられる特別扱いを良くは思えませんでした。 その気遣いが出来ない義両親との食卓を一緒にするのは無理だと思います。
私自身が二世帯住宅の家庭の孫の立場で育ちました。 祖父は年を取れば顎の力、歯の脆さからお肉もお魚もそんなに食べれなくなっていきました。 私の家は母(嫁の立場)が祖父の分だけ別に用意しました。 母に聞くとそれは年を取れば仕方なく、食べれない物を出すわけにはいかないと言っていたので、私もそう言うことなんだと学びました。 お子さんに聞かれたらそのままのことを伝えればいいのではないかと思います。 えこひいきとか意地悪でおじいちゃんだけに出してるわけじゃないと。 おばあちゃんの愛情だと伝えればホッとするのではないでしょうか。 平等や公平さがないかもしれません。 それを学ぶのも大切な気もします。
昭和時代の人って家長だけ一品多くしたり、座る席もいい場所だったり、家長を特別に立てる事は普通の事でした。(しないお家もありました。)ずっとそれが当たり前てきてるので、義母さんにとっては、義父さんにフルーツを出すのは当たり前の事で意地悪とかそういう感覚はないんだと思います。 同じ台所を使用しても揉めない義母さんは、相手への気配りが出来る方なんでしょう。 義父さんに対しての敬意なんだと思います。 次は貴方様が旦那さんを立ててあげたらよろしいかと思います。 子供ってそういう中で育つと、それが当たり前だと思うのでお父さんは偉いんだ。ってお父さんを立てるようになると思います。旦那さんも自分を立ててくれる貴方様を大切にしてくれるし、その中で育つお子さんはきっといい子に育ちますよ。
同居していた嫁です。 食事や光熱費の事は生活費の割り振りで一番難しかったです。ウチは6人義父母は2人、全く半分という訳にはいかないし質より量の我が家と量より質の義父母の食事、光熱費も節約どころではありませんでした。 義父さんにだけ食後のデザートがある事をご主人も違和感ないのであればそれは以前からの習慣として受け入れるしかないですね。 後から入った私たち嫁にとっては不可思議なことであっても、義実家の習慣まで否定する事は出来ません。まだ嫁はいませんが、自分が義母になる日が近い歳になってかつての義父母の立場や思いを振り返ると、もっと理解し合えたことがあったのではないかと思う事があります。今は良き義母になる勉強中です。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP