お庭は素敵なのに、家の中はゴミ屋敷寸前! お義母さん、その労力を片づけに回しては?

ぺンネーム:まくまく
性別:女
年齢:47
プロフィール:私の息子二人を連れ、現在の夫と暮らし始めて八年目になります。

9.jpg

義母は部屋の片づけが得意ではありません。基本的には物が置きっぱなしの、出しっぱなしです。物が多すぎるためその収納する場所を設けようと、さほど広くない部屋の中は家具がぎゅうぎゅうとひしめき合っています。

昔から物を管理すること、探すこと、見つけ出すことが苦手だという義母。文房具や乾電池といった小さな物は新しく買い足すため重複することも多く、自然と物が増えてしまう状況なのだそうです。義母の話では、幼少期に物がない時代を過ごしてきたので、物があると安心するとのこと。処分をするにも、まだ使えるのではないかとか、勿体ないではないかと、ためらってしまうのだそうです。

ここまでならまだわかるのですが、義母は家電も処分できません。先日食洗機を購入したのですが、これまで使用していた古い食器乾燥機は処分すると話をしていたのに、いつの間にかそれは食器の一時仮置き場となっていました。

炊飯器を買い替えたときも、古い炊飯器は赤飯を炊くときに使用するから置いておくそうで......。年に何度も赤飯を炊くこともないのに、とも言えません。気がつくと家電の量が二倍になり、そのまま適当に置かれています。

そして、もっとも多い食品。安いからと言ってケース買いをするので、水もカップ麺もストックは充実していますが、すぐ使うとの理由で階段に物が置かれている状況です。また漬物など手作りの物も多く、瓶や壺など台所の床にボンボンと並んでいます。何故床に直接置いてしまうのかいつも疑問です。

このように問題山積の義母ですが、意外といったら失礼かもしれませんが、とてもガーデニングがお上手です。家の生ゴミから作ったたい肥を使い、愛情込めて色とりどりの花を咲かせています。二十坪近くはあるであろう土地を駆使し、煉瓦で花壇を作るなど素敵な花畑を作り上げているのです。とても素敵な趣味だと思いますし、お花を見ていれば癒されるのもわかります。しかし時間さえあれば庭作りに没頭し、雑草を抜いたりするなど細々動いている時間を、部屋作りに生かせないものなのかなと考えてしまうのです。

庭を綺麗にしている人ならば、家の中も綺麗なのかと勝手な印象を持ちがちですが、全く別の問題なんだなと思い知らされています。かと言って私が勝手に片づける訳にもいきませんし、片づけ指導をするのもどうなんだろうと思うのです。

庭にかける手間のうちほんの少しでもかまわないので、部屋の中にも手をかけてほしいと思う日々です。

関連記事:「言っても片づけてくれない」人を動かす「片づけの3つの案」とは

■こちらもオススメ!人気の体験記
生協で月10万超えの買い物! 高齢者二人暮らしなのに、注文しすぎる義母にうんざり

「あの子5分もおったな図々しい」家に遊びに来た友人を追い返した姑/かづ
少しの間、高熱で寝込む息子との留守番を実母にお願い。帰ってみると.../石塚ワカメ

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP