お金持ちにはなれていなけど...52歳主婦「私流の風水の取り入れ方」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:シルキーロール
性別:女
年齢:52
プロフィール:息子一人の3人家族。専業主婦。流行りの物は好きだが、飽きっぽい。片付けが苦手。

28.jpg

「風水」にハマる人は多いですよね。

かくいう私もちょっとだけですが風水を参考にして、生活に取り入れています。

風水には物の場所や置く物の色、生活方法についてなど細かい「教え」のようなものがあります。

私もいろいろと実行してみたのですが、残念ながら、目に見える変化は特にはありませんでした。

もちろんお金持ちにもなっていません。

ただひとつだけ心に残っていまだに気を付けている考え方があります。

それは家や身の回りを「清潔・綺麗にすること」です。

風水には家の中の「気」の流れが大事だという教えがあります。

「気」とはいわゆる人間の血液のようなもの。

その流れが悪いと、滞った場所が人間でいう「具合が悪い」状態になります。

そうならないよう、その場所の流れを直す、整える必要があります。

これは私なりの解釈ですが、家庭ならゴミが溜まる、汚れが溜まる、嫌な匂いがする、何がどこにあるかわからない等を「滞っている」と捉えています。

そんな状態だと、とても気分が悪いですし、生活する上で良い影響は全くありません。

しかし、問題の箇所を綺麗にすれば、見た目も気分もスッキリします。

だから、風水の「清潔・綺麗にすること」という考えは、私の心にストンとおさまりました。

もともと片付けが苦手な私は、掃除を始めるまでに葛藤が続きます。

重い腰が上がらないのです。

子供の頃も親に「片付けなさい」と何度も言われてきました。

今でも「断捨離」できるなら家ごと出来たら幸せだな......と考えたりするくらいです。

そんな私が、もちろん「万全」とはいかないけれど、できる限り色々溜まらないように、こまめに片付けることを心がけられるようになったのは、風水のおかげかもしれません。

私が決めているルールはこんな感じ。

「外出の際には、他人に見られてもいい程度には片付ける」

「キッチンは1日の汚れをリセットする気持ちで片付ける」

周囲や家族のためだけではなく、私自身の気が済むように続けています。

普段の掃除などは気持ちを上向きにするために......と自分を鼓舞。

綺麗にすると、その空間が明るくなったような気がしますし、清潔だと次にやることにも取り掛かりやすいと感じています。

また、掃除するということは目に見えて結果が出るので、達成感もあります。

主婦にはなかなか味わえない、達成感が感じられる唯一の家事じゃないかと思うくらいです。

この小さな達成感により心もスッキリ、ストレス解消!

大げさかもしれませんが、私にとって気持ちを整えることにつながっています。

これまで経験してきた他の占いは、ほとんど思い出すことはありませんが、風水が教えてくれたこのことだけは私の中にずっと生きているのです。

関連記事:仕事を辞めて「玄関掃除」してたら...次々幸運が!これって風水パワー?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP