カーテンを洗って運気アップ?風水で家事が楽しくなった!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ピンクのカメ
性別:女
年齢:40代
プロフィール:更年期の症状なのでしょうか......毎日汗だくで家事をしています。

12.jpg

私が風水を始めたきっかけは、初めての一人暮らしをするときに買った風水の古本でした。そのときは風水に凝っていたわけではなく、インテリアの配置などの参考になればと思った程度。現在もたくさん風水を取り入れているというわけではないのですが、このときから今にいたるまで続けている風水の習慣があります。それはカーテンに関わる風水です。結婚し義両親と同居した家でも、そして現在夫の実家を出てアパートで暮らしている家でも取り入れていて、カーテンのおかげかわかりませんが、気分良く暮らせています。

初めて風水の本を買ったとき、私にできそうなものはあるかなと読んでみたところ、目についたのがカーテンに関する風水でした。サイズが合っていないカーテンはよくないとのことだったので、長かったカーテンをさっそくカットしぴったりに直しました。そして、風水というより当たり前のことなのかもしれませんが、カーテンが汚れているといい運が入ってこないというので、春夏秋冬、季節が変わる毎に年4回洗濯をするようになりました。また焼肉などをしたときは、においや油が付着してしまうので翌日には洗濯。これは現在も続けています。

その後結婚して、主人の実家で義両親と同居をしていたのですが、最初にしたことは、主人の部屋のカーテンをオーダーで新しいものにしたことです。主人はわりときれい好きなのですが、カーテンは20年間洗ったことがなくホコリをはらう程度だったそう。カーテンを新調したところ、風水のおかげかはもちろんわかりませんが、それまで苦しんできた肩こりや片頭痛が楽になったそうです。私は「カーテンをきれいにしたからかな」とうれしく思っています。

ただ問題だったのが義両親のスペースのカーテン。やはり20年以上洗っておらず、朝晩の開閉時に恐ろしいくらいホコリが舞っているのです。「洗いましょうか?」と声をかけたことがあるのですが、「家を新築したときに高級なカーテンを買ったのよ。家で洗濯したら生地が傷んじゃうから」といわれてしまいました。

風水を人に押し付けるのはありがた迷惑な話ですし、個人的な自分の趣味程度にとどめています。

その後私達夫婦は実家を出たのですが、そこでもこっそり風水を取り入れ、主人の健康や夫婦の幸せを祈ってきました。

独身、同居時代は時々体調を崩していた主人でしたが、今は体調不良を起こすことはほとんどなくなりました。会社でも結婚前より評価が上がったようで家族で喜んでおります。アパートの窓には生活を見守ってくれるきれいなカーテンが、気持ちよい風を運んでくれているのかな?と良いことだけ信じるようにしています。

風水は「今年のラッキーカラー」など毎年変わるものもありますが、私は今でも昔買った本を参考にしていて、簡単に取り入れられるものがあればこれからも実践していこうかな、と思います。

全てを風水で解決するのは危ないと思いますが、趣味の延長としてこっそりと私の楽しみにすることで掃除も洗濯も楽しいものだと思えるようになっています。

関連記事:寝室のホコリは運気を下げる! 受験生を熟睡させるベッド下掃除を【やってみた】/tommy

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP