「戒名はいらないからね」と言って亡くなった父に、結局付けてもらった戒名

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:まなやさん
性別:女
年齢:51
プロフィール:51歳専業主婦。当家は息子で二十代目になります。8年前に亡くなった父の話です。

22.jpg

80歳の頃、養護老人施設に入所していた父が終活を開始しました。元来几帳面な父は、実家の土地問題に始まり、お中元お歳暮のやりとり、年賀状までいろいろなことを心配していました。私にもよく終活の内容を話してくれましたが、必然的にお金に関する話題をすることに。

秘書として74歳まで現役で働いた父。早朝から深夜まで頭と神経をすり減らす姿を見て、私は父を尊敬していました。その思いから、お金の話になった時にはこう伝えました。「葬儀にかかる費用200万円を残しておいてくれたら、あとは全部好きに使っていいよ」。

父は「200万かぁ~、死ぬのも金かかるなぁ」と笑っていました。でも、その時、私は戒名(法名)のことをすっかり忘れていたんです。

生前父は「戒名なんていらないから。なんならお前がつけてくれ。お前が生まれた時は俺が付けたんだから、今度はお前が付けるといい」といっていました。「俺うまいこと言うだろ?」と言わんばかりの顔をして笑っていた父。

でも、代々続く旧家の長男に戒名がないなんてことになったら、口うるさい大勢の親戚に何と言われるかわかりません。ですが父は頑なに「戒名はいらない」といっていました。

そんなある日、親戚たちが父の施設にお見舞いにきてくれました。

父のベッドを囲み、「あの世の名前」だとか先に逝った人の戒名の話で盛り上がっています。長いとか高いとか、祖先が長い名前だと急に短くできないとか、親戚たちは好き勝手なことを父に吹き込んでいます。私でさえ父に戒名の話をするのは気が引けるのに、無神経に語る親戚に耐えかねて、つい私は言ってしまいました。

「こうします! 祖先が立派なあの世の名前を付けていただいていても、父は普通の戒名を付けてもらいます! それで、もしあの世で、たいそうな名前がついてる人はこちらの列にどうぞ~とご飯が美味しい物をもらえたり、先にご飯がもらえたり、並ばなくてもよかったりという特別扱いをされるのであれば、私の夢枕に戒名変えてくれと出てきてお知らせして! そしたらお寺さんに言って、メチャメチャ長い戒名付け直してもらうから!」

皆腹を抱えて笑っていました。

しかし、その爆笑を鵜呑みにしてはいけません。本当にそんなことをしようものなら、後から寄ってたかって「兄さんの娘、本当にみっともないことをした!」と批判されるに違いないからです。

その後父は亡くなり、結局戒名は菩提寺で付けてもらうことに。祖先とのバランスがあるらしく、それなりの戒名を付けていただいきました。

最後まで戒名はいらないといっていた父は、当然のようにその費用は残さず、自分の葬儀費用だけを残して旅立っていきました。親戚の目を気にするより、父の希望を叶えたほうがよかったのだろうか......と思う日々です。

1関連記事:100万円の「戒名」と20万円の「戒名」... 値段に差が出る理由って?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

先頃母を送りました。身内だけで送りましたが、菩提寺から戒名をいただきやっぱり7桁納めました。この後、息子達の代になったら支払いしていけるのか、まあ、あたしの知ったこっちゃないと開き直ってます。
爺さん何呑気なこと言ってるんだ そこまで分かってたら生きてるうちに自分で付けて貰えば良いだろ 戒名、法名は本来生前に自分で貰っておくものだろが

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP