立ち上がった瞬間に何をしようとしたのか忘れてしまう。義母の指差し確認/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年以上が経ちました。

前回の記事:せっかくのデイサービスなのに...血圧が高くて入浴できない日が続く/山田あしゅら

心療内科から処方される薬で、ある程度は進行が抑えられていましたが

それでも症状は少しずつ進んでいってしまいます。

血圧の上昇のほかに

義母には気になることがもう一つありました。

1.jpg

それはその頃、事あるごとに見られたしぐさ

『指さし確認』です。

これは別に

『戸締りよ~し』『ガスの元栓よ~し』といった

意味のある確認ではなく

わたし、何をしてるんだっけ?

今から何をしようとしてたっけ?

ここに座っててもいいのかな?

と、不安な気持ちになった時

無意識にやっていた動作のように思います。

認知症の症状が顕著になってくると

義父はその進行を少しでも食い止めたいと思ったのでしょう。

義母に「頭の体操だ」と言いながら

計算練習などをさせていました。

2.jpg

しかし

認知症は悲しいかな

一つ所で止まっていてはくれない病気です。

今日出来ていたことが次の日には出来なくなるということが

だんだん増えていきました。

かと思えば

急に「あれ?元に戻った?」という場面もあり

状態は行ったり来たり。

義母の戸惑いやストレスは

周りの人間以上に大きかったのではないかと思います。

そんな不安の表れのひとつが

1.jpg

この指さし確認だったのかも知れません。

そんなある日のこと。

朝食後しばらく居間でくつろいだ後

ぼちぼち2階へ行こうということになったのでしょう。

(当時義父母の居室は2階にありました。)

3.jpg

義父は、

義母が後に付いてくるものだと思いこんでいますので

とっとと一人で2階に上がって行ってしまったようです。

けれど義母の動きはとても緩慢です。

ゆっくりソファーから立ち上がるのですが

4.jpg

背がすっかり伸び、立ち上がった頃には

5.jpg

何をしようとしていたか

こちらもすっかり忘れてしまいます。

その時

私はたまたま隣のキッチンにおりました。

6.jpg

玄関の鍵が開く音に気が付き

不審に思って見に行くと

義母が靴をはいて外へ出ようとしているではありませんか。

7.jpg

日頃義母は家族が促さない限り外に出ることはありません。


「どこへ行くの?」と聞きましたが全く要領を得ず

何だか分からないけど玄関を開けて外に出ようとしていたようです。

認知症の症状がみられ始めておよそ7年。

義母の徘徊がだんだん目立つようになってきたのは

そんな頃でありました。

山田あしゅらさんの過去記事はこちら!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

山田あしゅら

指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を アメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」にて綴り始めて10年近く。 山田家介護のキーパーソンでもある50代主婦。

2017年現在、現在義父は88歳・要介護3。入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。 義母は92歳・要介護4。週5日のデイサービスなどでしのぎながら在宅にて介護をしている。 同居家族は夫(としお・60代・会社員)長男(一郎・30代・会社員)。 このほか結婚して独立した次男(二郎・20代・鍼灸接骨院経営)とそのお嫁さん(さくら・看護師)孫(きんとき・2歳)一人暮らしの三男(三郎・20代・会社員)と結構賑やか。 これらの日常をもとに著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP