せっかくのデイサービスなのに...血圧が高くて入浴できない日が続く/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年以上が経ちました。

前回の記事:ちょっと目を離したスキに...認知症の義母が○○食べちゃった!/山田あしゅら

人は年を重ねることによって

体調にも様々な箇所に支障が現れてきます。

それまで血圧に関してはそれほど問題のなかった義母でしたが

時折とても高い値が出るようになりました。

しかも不思議なことに

1.jpg

病院では正常値なのに

デイサービスで測ると何故だか高くなることが多く

入浴できずに帰ってくることがたびたびとなっていたのです。

2.jpg

もっとも、デイサービスではバイタルチェックが欠かせません。

デイサービスに通うようになって、こまめに体調管理をしてくれるからこそ

血圧の変動に気づけたともいえるのかも知れません。

デイサービス側としてもなるべくお風呂に入れる方向で

何度も再検しては様子をみてくれるようですが

何せ高齢者のこと。無理はさせられず

リスクを伴う入浴は慎重にならざるをえないようです。

しかし、血圧というのは案外不安定なもの。

家での測定でも高めな時があり

心配していたところ

3.jpg

ちょうど家にいた次男が


4.jpg

と、助言してくれました。

試してみると...

5.jpg

高齢者の血圧って

本当によくわからないものです。

ただ

何日もお風呂に入れないのは困ります。

安定した時を見計らって

こそっと家でお風呂に入れることにしました。

それにしても

デイサービスに行ったときに

血圧が上がるのはなぜでしょう?

6.jpg

7.jpg

血圧高めでも

ご本人はいたって元気なんですけどね。

山田あしゅらさんの過去記事はこちら!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

山田あしゅら

指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を アメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」にて綴り始めて10年近く。 山田家介護のキーパーソンでもある50代主婦。

2017年現在、現在義父は88歳・要介護3。入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。 義母は92歳・要介護4。週5日のデイサービスなどでしのぎながら在宅にて介護をしている。 同居家族は夫(としお・60代・会社員)長男(一郎・30代・会社員)。 このほか結婚して独立した次男(二郎・20代・鍼灸接骨院経営)とそのお嫁さん(さくら・看護師)孫(きんとき・2歳)一人暮らしの三男(三郎・20代・会社員)と結構賑やか。 これらの日常をもとに著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP