え? 忘れてただと!? 父の7回忌でルーズな住職に激怒した母の「墓じまい宣言」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:まさかず
性別:男
年齢:42
プロフィール:昨年の末、父の7回忌を迎えた一人息子。

13.jpg

2020年の11月、父(享年65歳)の7回忌を迎えました。

本来であれば、お寺でお経をあげてもらい供養するところです。

しかし、コロナウイルスの影響を考えると、年配の親族にお集まりいただくのもよろしくないということで、母(66歳)とわたし(42歳)の家族のみで、ひっそりとお墓参りをすることにしました。

お寺には母から、法要自粛の連絡とともに、お墓に立てるお塔婆(卒塔婆)を頼んでもらいました。

ところが、この後このお寺の対応がわたくしの悩みの種になってしまいます。

当日になり、お布施を用意してお寺に行きました。

「御免ください」

呼び鈴を押して声をかけても、お寺は電気もつかず、しばらく経っても誰も出てきません。

「御免ください!」

もう一段大きな声で呼ぶと、奥から住職が出てきました。

「はて、どちら様でしょうか?」といった表情です。

法衣をまとっているので、この後法要があるのでしょう。

すかさず母が声をかけました。

「本日、お塔婆をお願いした○○(我が家の苗字)です」

「え?」

「夫が7回忌になりますが、こんな状況なのでお塔婆だけお願いしていたんですけど!」

「はぁ、そうでしたっけ。FAXはいただいてましたか?」

このお寺、法要をお願いする時に、備忘の為にFAXをするよう言ってきます。

我が家にはFAXがないので、実家の母親に連絡を頼む理由の一つです。

「えぇ、送りましたよ。よく確認してください」

住職が奥に確認に戻り、しばらくして戻ってきました。

「申し訳ありません。確かにいただいてました。お墓の場所はどこですか? 後ほど、お塔婆を立てておきますので

どうも、忘れていたようです。

「○○(我が家の苗字)です。場所ぐらい、そちらでお調べください!」

わたしがお布施を渡す役割でしたので渡す素振りをすると、それはしっかり受け取ります。

2人で黙ってお寺を出てお墓に向かう為に車に乗り込みました。

「ふざけるんじゃないよ! 墓じまいだ! 分家だと思って舐めやがって! 後で立てておく? そういうもんじゃないだろ!」

母は怒り心頭です。

今のお墓には、母方の祖父と父が入っています。

今だ健在の祖母(93歳)と父が、30年ぐらい前に建てたものです。

このお寺は、祖母の実家の曽祖父が先代の住職に惚れ込み、地元の有名なお寺から移したことが始まりのようです。

当然、当主(祖母の長兄)である本家のお墓が一番立派で、その周りに祖母の兄弟がお墓を並べて建てています。

しかし、母方の親族なので苗字も変わっており、住職からすると、本家との繋がりも分からないのかも知れません。

また、現住職は先代の住職ほど熱心ではないのか、お寺やお墓は掃除も行き届いていないレベル。

先日、墓守が処分した古いお塔婆が、空いた墓地にあるゴミの山に放り込まれており、その中にうちの名前が混ざっていたのを見つけあきれたものです。

「まさかず。わたしはここのお墓じゃなくてもいいからね!」

30年前にお墓を建てた時、父が言っていたことを思い出します。

「これで、おまえはお墓の心配はしなくていいぞ。場所も家の近くになったからお墓参りもしやすいな。俺が入ったら、お前が墓参りしてくれよ」

「うん。わかった」

まだ小学生だった私も、そう返事をした気がします。

「お父ちゃん。心配しなくてよかったんじゃないの?」と思いながらも、どうせなら綺麗で気持ちいいお墓りをしたいよね、と妻と話しています。

解決に時間のかかる宿題が出来てしまいました。

関連の体験記:昼食15時、夕食21時、洗濯は14時から......。ちょっとめんどくさいマイペースなお義母さん
関連の体験記:100歳で亡くなった義母。結婚して36年、義母の仕打ちが本当にしんどかった...
関連の体験記:「話があるの」兄と二人、呼ばれて帰った実家で...79歳の母から告白された「驚きの話」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

お布施というか卒塔婆の代金ですからそりゃあ支払いますよね。受け取らずこれからたてるからたてたら払いに来てと言われたほうが良かったの? 処分するのも最終的には燃やすのも普通のことでは? 対応が悪いのは酷いけど墓じまいはまた別の話かな。
でもお金を払ってお願いするには信用が大事だと思います。 墓じまいといいたくなる気持ちもわかります

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP