100歳で亡くなった義母。結婚して36年、義母の仕打ちが本当にしんどかった...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ふさこ
性別:女
年齢:69
プロフィール:長く息子夫婦と夫、義母と同居。しかし先日義母が100歳で亡くなり、自由の身を満喫中です。

7.jpg

70歳を目前にして、つい先日義母を看取りました。

満100歳の誕生日を迎えた翌日、老衰により、全く苦しまずに眠るように亡くなりました。

夫と結婚して36年間、ずっと同居していた義母でした。

この5年ほど、義母は認知症が進み、私は介護のためほぼどこにも出かけられない日々が続きました。

夫は2人兄弟の次男ですが、先に結婚した夫の兄はさっさと県外に出てしまいました。

義父はもっと早くに亡くなっており、1人残された義母のことが心配だと言って、夫は同居前提で私にプロポーズしてきました。

当時夫のことが大好きだった私は、夫のためなら何でもできると思い、同居条件をのんで、結婚しました。

思えば、これが運のツキでした。

結婚する前の義母は、私が夫の家に遊びに行くたび、手料理でもてなしてくれたり、私に夫の小さいころのことを面白く話してくれたり、それはそれは物分かりよく感じのいい人。

これなら、同居しても毎日楽しくやっていけそうだと思っていました。

ところが、同居を始めてからすぐ、義母の態度が豹変しました。

結婚した当時、私はお勤めをしていました。

結婚前に義母は「私が家のことをしてあげるから、あなたはお勤めを続けなさい」と言ってくれていたのに、いざ同居を始めたら「3食の用意すらしない」と愚痴を言われるようになってしまいました。

そして、そのことを近所の義母の友人に「うちの嫁、家のこと何にもしないのよ~。息子も私もご飯の用意すらなくて、お腹がすいて困ってるの」と言いふらして回っていたのです。

そのことに気づいたのは、結婚・同居を始めて数カ月たったころでした。

嫁という立場上、義母を強く問いただしたり、責めたりできなかった私は、仕方なく5年勤めた会社を辞め、専業主婦になりました。

その後子どもに恵まれ、専業主婦業と共に子育ての日々が始まりました。

しかし、義母は、子どものことより自分の用事のことを(送り迎えとか、食事、洗濯等)優先するように言ってきました。

私は、言われた通り動いたつもりです。

それこそ自分や自分の子どもたちのことは後回しにして、義母のことを第一に日々生活していました。

ですが義母は、自分の望むようにならないときは、周囲に言いふらすのです......。

この繰り返しが36年間続いたのです。

夫は義母のそんな様子を知っていながらも、たしなめようとはせず、「老人の言うことだから、間にうけるな」と私に流すように言うだけでした。

また義母は、私たち夫婦、子どもがどこかへ出かける時、必ずついてきました。

というより、夫はどこかへ出かけるときは普通に義母を誘うのです。

義母の前では黙ってそれに従うしかありませんでした。

夫のそういう優しい部分に惚れたのは私だから......とずっと我慢してきました。

夫婦の寝室に入ってくるのも当たり前のようにあり、時には引き出しがあいていることもありました。

まるで監視されているかのようだと思いました。

認知症が始まってからの義母は、私たちの夫婦の監視がさらにひどくなりました。

特に夫がいないと、「○○ちゃんはどこ? いつ帰ってくるの? まだ帰ってこないの?」と5分おきに私に聞く始末。

それなのに、近所の友だちの家を訪問しては「うちの嫁、本当に何にもしてくれないし、病院も連れて行ってくれないの。あんな人、息子の嫁には大失敗だったわ」と愚痴こぼしをしていたそうです。

近所のことなので、こういうことは回りまわって私の耳に入るようになっていました。

ご飯の催促も毎日何十回と来るので、自分がおかしくなるのでは...と思う日々が続きました。

ただ、同居して30年も過ぎれば私にも知り合いができるので、いつしか私も義母の愚痴を知り合いにぶちまけるようになっていました。

夫にももちろん伝えるのですが、やはり実母の悪口を言われるのは嫌なようで、私が愚痴を言い出すとさ~っと逃げるように家を空けるようになってしまいました。

私も辛いので、義母の世話の合間を縫っては、知り合いの家に行き、今まで義母にされて苦しかったこと、嫌だったことをぶちまける日々を続けました。

愚痴ばっかり言う人は大嫌いだった自分が、いつしか同じようになってしまっている現実、止められません......。

義母が亡くなった今も、言われて嫌だったことばかり思い出され、苦しさのあまり、外で愚痴ってしまう日々をおくっています。

姑に対する恨みは墓まで持って行かなければいけないのか......悲しい毎日です。

関連記事:背筋が凍る! 母が作った息子の服を、妻が切り刻んでいたら...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

ふさこさまの尊い心と時間と労力を 旦那様への愛という名の基に捧げられ 本当にお疲れ様でした 人生を搾取され、あまりにも報われないような気持ち、辛かった日々を思い出す度に、いまもその中に佇んでいるような気持ちに襲われるのですね 恨みつらみに費やす心と時間は今ここにあるはずの幸せもみえなくしてしまう 誰ひとり例外なく限りある命なのに
私は、98歳の義父と同居してました。1年前に、他界しました。同じ経験をした人しか分からないと思います。今2年前脳出血で、倒れた旦那の介助をしてます。夫婦二人に、なりました。孫も8人います。自分の行動を子供や孫が、見ているだろうと思います。小さな幸せは、沢山転がってます。自分しだいで、幸せに思いか不幸に、思うかです。私は、いつ死んでも良いように、明るく楽しみを見つけながら生きて行きたいし嫌な人とは、付き合わない。楽に、自分に、良い事をしていきたいと思います。介助大変だけど孫娘のパワーを頂いてます。皆さんコロナに、勝ちましょうね!
私も20さいで嫁にきてこじゃうとまで
「自分はあんなふうにはなりたくない」と姑を手本に反対のことをしています。 でも最近「こんなお嫁さんだったら姑も可愛かっただろうに」と息子の奥さんを見て思います。 それでも思い返せば腹が立つやら悲しいやらのオンパレード。 亡くなっても許せそうにありません。
自分の言いたいことも言えない人と家族でいる意味。本人のいないところで悪口を言ったところで、聞かされる方はマイナスのエネルギーをもらってしまうし、本人に伝わるわけでもなし。
気にしないと諦めです
わたしも隣に義父母がいます。 うんうんと愚痴を聞いてくれる優しい主人に甘えていましたが、親の悪口を聞くのは嫌だったんでしょう、7年間も浮気をしていました。 お姑さんは亡くなられたのですから、これからは旦那さまと2人で仲良くお過ごしください。愚痴を聞いてくれるお友達が離れていかないように、ほどほどに、ですよ。がんばってください。
苦労した分、人様のお気持ちが、 解ると思います。もう少しで、 70代。これからの人生が、あろうかと存じます。たくさん愚痴ったあとは、前を向いて、生きて頂きたいと存じます。私も、そう生きております。昔は昔。今は今。 新しい人生の始まりです。どうか、どうか、お身体を大切に、 お過ごし下さいますようお願い申し上げます。
苦労した分、人様のお気持ちが、 解ると思います。もう少しで、 70代。これからの人生が、あろうかと存じます。たくさん愚痴ったあとは、前を向いて、生きて頂きたいと存じます。僭越ながら、私も、そう生きております。昔は昔。今は今。 新しい人生の始まりです。どうか、どうか、お身体を大切に、 お過ごし下さいますようお願い申し上げます。
どちら様も共感して読ませて頂きました。私は未だ、95歳過ぎの舅姑様の下働きをしてます。良いことも悪い事も亡くなる迄には全てクリアされてからと聞きます。現在私は63歳になろうとしてますが時代の流れに逆らわない様に気を付けてます。間違っても姑舅のような生き方はしたくないので……… お互い親のない人はいないので頑張りましょ☺️
長い間お疲れ様でした。 貴女のされたことは、皆様がきちんと見ておられると思います。 私も86歳で家の畳の上で死んでいった認知の姑。 家のなかがうんちとおしっこで
大変ご苦労様でした。私は同居ではないですが、一人っ子息子の旦那と結婚し、五年前旦那をガンで亡くした姑は隣宅に住み愛犬と暮らしてます。息子亡くしたショックと姑の妹の金銭問題で認知がひどくなりました。亡き主人はあり得ない金銭問題原因で私と別居、隣宅の姑宅に住んで親子べったりでした。子供が成人したら離婚しようと思ってた矢先の主人の死、姑は私にガン闘病で死ぬ迄知らせてくれませんでした。亡き主人と姑を恨んでました、姑は息子に先立たれた事も忘れてる姿を通し姑を憎む事もだんだんなくなりつつあります。ボケる前はきつい事いわれましたが。今は割り切る事できなくとも、ご自分の生活人生有意義になさってください。私は今も亡き旦那を許してません、許さなくても良いのだと割り切り大事な語り合える友人と楽しい時間たくさん作っていこうと。本当にご苦労様。嫁姑は永遠に分かり合えないのですから。
私もしつこく根に持つタイプです ですが、明るく映える服を着て、行きたいところに出掛ける。やりたかった事にチャレンジしてみる。でないと残りの人生もったいないですよ(^^)
お辛いですね。私は同居もしていないのに、義母の発言や表情、声が頭から離れず、今ここに居ない人の存在に苦しんでいます。呪縛です。 お姑さんの呪縛から早く逃れて、ものすごく頑張って来られた御自分の人生をしっかり楽しんで頂きたいと願っております。
私も87歳の姑同居です。 ふさこさんの立場でしたら、後、13年続くのですね。そうすると、私は、76歳になるまで、解放されないのですね。 うちとよく似たお姑さんです。 ですので、ふさこさんの気持ちがよくわかります。 同じように苦労しているお嫁さんがいるとわかり、気持ちが楽になりました。 ふさこさん、もう、お姑さんから解放されたので、これから、青春してくださいね。
ふさこさん、お疲れ様でした。私は結婚して22年、義父母とは同居してませんが、義父母、義兄夫婦に苦しめられてきました。何度も離婚を考えましたが、原因が旦那では無い事から実母には子どもの事も考えろと今に至ります。いつかは、楽になると私たち夫婦は頑張っています。義父が7年前に他界し継母だった義母と交流も減りましたが、母の日、誕生日、義父の命日、正月はきちんとしていますが、嫌味ばかり言われます。子ども達には、もう付き合いを辞めるべきだと言われますが、一応寝取ったとは言え旦那を育ててくれた恩もあります。小5から働かされ高校も行かせてもらえず義兄とは違い奴隷のような扱いを受けて来た旦那ですが今は本当の家族が出来幸せだと言います。義母、義兄夫婦とは程々に付き合うように言ってくれます。ふさこさん、私は、あなたを尊敬します。同居する全ての方を尊敬しています。
私のとこも本当最悪な人たちでした。 経験ですが、夫婦仲が凄く良ければ基本息子だろうが近所が金持ちだろうが他の家の事にはあまり干渉しないと思うのです。 没頭出来る楽しい趣味もなく夫婦仲も悪い。自分に幸せが足りていないと感じるから人の幸せを妬んで干渉したがるんです。 凄く可哀想な人たちなんです。 幸せだと満ち足りてる舅姑さん達は良い人やもん。 あいつらのストレスもあり旦那様が20年入退院の末早逝してしまい、病気の息子になんの生活費も出さずに同居してた舅姑義妹甥姪(舅姑も母子手当て貰ってパートの義妹もずっと働いてたのに)今度は当然の顔で私に寄生して来ましたが私1人で扶養する義務も甲斐性も(私の子供だって2人いる高校も奨学金)当然無いので義姉、義兄と4人で負担を分けたいと願い出たらあの子達も大変なんだよ!って逆ギレされちゃった笑。他の義姉兄妹は高校も専門も行ってうちの旦那さんは中卒で働かせてやしなわせてる。意味がわからん。 私はこれから少しの幸せでも楽しんで人に意地悪しなくてもいい人生を送り幸せになりたいと思います。
許せません?むしろ許さなくていい。 今まで出来なかったことを楽しみましょうよ。 介護ってね大変なんです。 家族は24時間介護なんです。 頑張りましたね。 これからは御身大切に好きなことしましょ! お金は旦那に出させるんですよ? あんたの親を介護してあげたのだから。 もう自由になってごらんなさいな。
お気持ち分かります。36年も振り回されたお気持ち。お許しになる必要は全く無いかと思います。許さねばと思うから苦しいのです。其れも含めたのが貴女です。本当にお優しいから苦しまれるのです。私自身義母に対しては鬼になっても自分を許そうと思って居ます。亡くなった方を悪く言うのはいけないなんて事有りませんよ。本当の事が悪口になる方が悪いのです。大丈夫。理解してくれる人は必ずいらっしゃいます。例え旦那様に理解されなくともです。私もそうですから

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP