「少しだけど使って」コロナ禍の中、我が家に「ある届け物」をしに来てくれた義母の愛情

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:くあら
性別:女
年齢:53
プロフィール:子育てが終了したと思ったら自分の健康が心配な50代。

23.jpg

義母は70代後半です。高速道路を使って車で1時間以上かかるところに1人で住んでいます。

1年ほど前まで元気にバリバリと働いていましたが、75歳を過ぎてさすがに体力に不安を覚えたようで、退職しました。

それでも家でゆっくりすることはあまりなく、亡き義父から譲り受けた家庭菜園やご近所付き合いで毎日忙しく過ごしているようです。

コロナ以前は2〜3カ月に一度くらいは夫とランチがてら遊びに行ったり、盆と正月は家族で泊まりに行ったりしていました。

最近はなかなか行き来することができずにいましたが、電話ではしょっちゅう近況などを喋っていました。

数日前義母から「家庭菜園で野菜がたくさんできたので持って行くね」と電話がありました。

緊急事態宣言は終わっていましたが、なるべくステイホームと呼びかけられている時期なのにわざわざ......と、少し迷惑に思った私。

しかも夫のいない平日のことだったので、余計に面倒に思ってしまったのです。

でも、義母はこうと決めたらすぐに行動する人なので、止めても無駄だと了承しました。

お茶とお菓子くらいは出さないといけないかしら、それとも夕飯を食べて行くのかしらと思いを巡らせていましたが、到着した義母は意に反して「玄関先で野菜を渡したらすぐに帰るから」と言います。

ほっとしつつも、わざわざ車で来てくれたのにと戸惑っていると、義母は封筒を渡してきました。

「これ、コロナで仕事が減って困っていると思って。少しだけど使って」と封筒を渡されました。

「いえ、そんな、悪いんで......」と言う間もなく義母は車に乗り込みました。

「いいからいいから、またゆっくりランチでもできるようになったらいいわね〜、じゃまたね〜」

義母が飛ぶように去って行ってから封筒の中身を見ると、予想以上の金額が入っていました。

電話のたびに「元気? 仕事どう?」と気にかけてくれていた義母。

夫は会社員なのでなんとか大丈夫だけど、私はコロナで4月5月の仕事がゼロになってしまったと義母に愚痴っていました。

スーパーも特売を控えているせいか野菜も高いんだ、とも。

それを聞いて義母はなんとかしてあげようと飛んで来てくれたんだと思いました。

なのに少しでも迷惑に思ってしまったことがすごく恥ずかしくなりました。

常に自分のことより家族の心配ばかりをしている義母。

その日以降も手作りのマスクを何枚も何枚も作っては郵送してくれました。

コロナが収束したら、また家族で義母の家に遊びに行き、美味しいものでも食べようと思っています。

その時は是非ご馳走するから待っててね、と義母にお礼の手紙を書きました。

関連の体験記:義母が記念日のたびにくれるプレゼント。ありがたいけど、いつも絶妙に「不要」なもので...
関連の体験記:なぜ⁉美容師の夫の店でバイトする娘が「親友に無料でトリートメント」した結果、大問題に...
関連の体験記:「こんなに守られていたんだ...」娘が18歳になり「児童扶養手当」の受給が終了。そのありがたさを痛感...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

いい話じゃないですか! こういう時ほど、相手を思いやる、相手の行動の意味を考える力が必要ですね。
何故わざわざお金を貰った話を投稿したのだろう?リアでは誰にも言えないから?
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2020.09.06
これは単にわざわざお金を貰った話ではないですよね? 今どき珍しい思いやりに溢れたお嫁さんとお義母さんの関係。 うらやましいです。
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2020.09.06
主さんが発信することで見た人がすこしでも心が温まったり、いい話だなと共感を得られたらそれでいいじゃないですか。笑
素敵!お義母様もそして素直に感謝出来るあなたも。 段々歳を重ねると寂しいし心細くもなります。大事にしてあげて下さい。
もうすぐ、娘が結婚します。そんな気遣いのできる親でありたいな~~
何回も読み直しては、良い話だな、と思います。お義母様の、思いやりには頭が上がりませんね。 私も似たような経験があるので、自分が恥ずかしくなりました。人間み溢れるお話に感動しました。
涙が止まらない、~義母さんはとても素晴らしい心の優しい方なのですね✨私もあやかりたい~とです✌️

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP