もう何回目...!? 銀行カードの紛失&再発行を繰り返す認知症の母にぐったり/ワフウフ

みなさんこんにちは!

ワフウフです。

認知症になった実母・あーちゃんのフォローをしたくても、絶縁状態の父・たんたんが実家にいることでなかなか思うように出来ない日々は、結局母が家を出て施設に入るまで、2年ほど続きました。

前回の記事:あまりに身勝手な父と「家庭内別居」状態の認知症の母。いったいどんな暮らしなの...⁉

初期の頃の攻撃的な状態は、会うお薬を処方していただいたことでだいぶ治りました。

ですが、記憶力も判断力もどんどん落ちていきました。

なのに本人はまったく自分が認知症である自覚がなく、身体は不自由なく動き、また見た目も一見して認知症だと分かる状態ではなかったため、身分証と本人さえ揃えば母ひとりでなんでも公的な手続きが出来てしまいます。

_private_var_mobile_Containers_Data_Application_A2778492-8A48-49DB-B1B5-0C887B9225DB_tmp_572538AE-2511-40E2-AC4E-0450246E5B2D_Image.jpeg

手続きが出来てしまうことによって、本当に困らされたのが通帳とカードの再発行でした。

通帳とカードを預かっていることを忘れないように何度も言い聞かせたり、メモを渡したり、本人が手帳にメモをとったりと色々工夫はしたのですが...。

_private_var_mobile_Containers_Data_Application_A2778492-8A48-49DB-B1B5-0C887B9225DB_tmp_D0844BB4-A058-4FFB-BCDC-FDFA4A5298E6_Image.jpeg

_private_var_mobile_Containers_Data_Application_A2778492-8A48-49DB-B1B5-0C887B9225DB_tmp_CC93E0A7-5B49-4834-938B-D90084CF6526_Image.jpeg

数秒後...

_private_var_mobile_Containers_Data_Application_A2778492-8A48-49DB-B1B5-0C887B9225DB_tmp_E6C92D2A-401F-4178-8A44-7B64EFE0A052_Image.jpeg

_private_var_mobile_Containers_Data_Application_A2778492-8A48-49DB-B1B5-0C887B9225DB_tmp_F1D2F14C-DA46-4B77-80BA-627CD31C535F_Image.jpeg

何しろメモをとって数分でメモをとったことすら忘れてしまうのです。

ひとつだけ持たせていた通帳とカードも、失くしたと思って再発行手続きをしたのはいいけれど、しまいこんでいた通帳とカードが出てきたら再発行手続きをしたことも忘れてしまっているので、古いカードをそのまま使おうとして使えないから大騒ぎ、という事もしょっちゅうでした。

_private_var_mobile_Containers_Data_Application_A2778492-8A48-49DB-B1B5-0C887B9225DB_tmp_4E49A20E-BDF3-435B-B148-D88BCFDD0016_Image.jpeg

そして再発行したカードは郵送されてきますが、受け取った事も覚えていないので今度は新しいカードが行方不明になるわけです。

_private_var_mobile_Containers_Data_Application_A2778492-8A48-49DB-B1B5-0C887B9225DB_tmp_5C646723-B976-4C92-82B1-BFF4B6074262_Image.jpeg

母は口座をいくつも持っていたので、それぞれの口座で何度も何度も通帳とカードを再発行をしては失くすことを繰り返し、姉と私はその後のフォローに追われてぐったりでした。

【次の記事】ウソでしょ⁉「通帳とカードの再発行」のため、認知症の母が頼った人は...⁉/ワフウフ【最初から読む】貸し金庫の現金が消えた!? 毒親だった母の認知症疑い/ワフウフ

【まとめ読み】毒親だった母が認知症に!ワフウフさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP