あのマネージャー、どうしてるだろう。百貨店のコロナ関連のニュースを見て思い出した「20年前の暴言」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:masako
性別:女
年齢:53
プロフィール:主婦です。55歳の夫と二人暮らしです。1999~2002年の間、アパレルメーカーの派遣社員をしていました。

24.jpg

53歳の共働きの主婦です。55歳の夫と2人暮らしです。

コロナ禍関連のニュースで印象的だったのは、百貨店の売上の減少です。

ニュースによれば、自粛要請などの影響で、前年比で7割減の百貨店もあるとか。

1999~2002年の間、婦人アパレルメーカーの派遣社員として、いくつかの百貨店で販売員をしていた私としては、かなり衝撃的かつ感慨深いニュースでした。

私が働いていた頃の百貨店は、すでにバブルは弾けていたとはいえ、現在に比べれば、恐ろしく景気がよかったです。

販売員は売上アップのために全力で接客し、1%でも前年の売上を下回ると、問題視されたくらいです。

また、アパレルメーカーにとって「百貨店に商品を置いて貰う」ということは、一つのステイタスだと言われていました。

売上の大半を百貨店が占めているメーカーも多かったです。

そのせいか、百貨店の社員はアパレルメーカーに対してひどく強気に見えました。

たとえば、アパレルメーカーから百貨店側のショップに派遣される女性販売員に対して、「30代半ばまで。器量が良ければ40まで可」などと、セクハラ紛いの条件をつける管理職(主任やマネージャー)も少なくなかったのです。

今なら、確実に問題になりますよね。

私は当時30代前半でしたので、年齢的にはギリギリ問題なかったはずです。

それでもアパレルメーカーの営業担当者から、「百貨店側からクレームがついたら助けられないから、社員さんにはなんとしても好かれるように」と言い含められました。

実際に「社員とうまくやれない」「ウチの店の雰囲気に合わない」など、百貨店側からの要請で、店を異動させられたり、退職に追い込まれたりする販売員を何人も見てきました。

なかでも2000年の夏、30代の若い男性マネージャーが、50歳のベテラン女性販売員(アパレルメーカーからの派遣社員)に対して言い放った一言は忘れられません。

男性マネージャーは50歳の販売員に近づき、「年はいくつ?」「この仕事をして何年?」などと質問を重ね、販売員が答えたのちに淡々とこう言いました。

「ふーん、ベテランだね。でも、うちの店にババアはいらないんだよ、売場が汚く見えるから」

私を含め、近くで聞いていた販売員たちは凍り付きました。

言われた50歳の販売員も、こわばった顔のまま立ちすくむだけでした。

現在なら大問題になる暴言でしょう。

ですが、この頃はまだコンプライアンスなどという言葉も浸透しておらず、百貨店の力も強かった時代です。

この暴言は咎められることはなく、けっきょくのところ50歳の販売員は別の店に異動になりました。

あの暴言を吐いたマネージャーは、今頃どうしているのでしょうか。

そして、現在の百貨店の状況をどう思っているのでしょうか。

訊けるなら、訊いてみたいものです。

関連の体験記:娘の私のため、頼まれた友人のため...マスクを求め開店前のドラッグストアに並ぶ母に複雑な思い...

関連の体験記:なぜ⁉ 孫を溺愛し、私とも仲が悪くないのに...一歩たりとも「我が家に上がらない」義母
関連の体験記:昼食15時、夕食21時、洗濯は14時から......。ちょっとめんどくさいマイペースなお義母さん

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

年齢だったり禿頭だったり、身体的な部分で頑張っても自分でどうにもできない事を攻撃する器量の小さい人は、だいたい自滅してますよ。景気ドン底の今、口先だけじゃ生きていけませんからねぇ。
大変な思いをしているであろう人に、ねぇ今どんな気持ち?って聞きたいの?
20年も忘れられずに怒りを溜めてたならはっきり言えばいいのに ざまあみろって

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP