えっ⁉ 自ら望んで転勤したのになぜ...。49歳で突然仕事を辞めたうえに、私に不満をぶつける夫

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ちろ
性別:女
年齢:45
プロフィール:夫と二人暮らしの会社員です。

47.jpg

4歳年上の夫は20代の時に大病を患いました。

難しい手術が成功して、リハビリを経て今の会社に就職しました。

私は夫の会社の系列会社に勤めています。

夫の会社に応援派遣された時に知り合い、結婚しました。

夫は月に一度、検査も含めて通院していますが、私も一緒に行って結果を教えてもらっています。

病気の再発もなく普通に生活していますが、近ごろ、本人は体力と筋力の低下が気になっていたようです。

それでも「新しい事をしたい」と、自ら新支社への転勤を希望しました。

住まいも変える必要がある遠方でしたので、私も上司の計らいで派遣という形で転勤することになりました。

夫は昇進も決まりやる気満々で、引っ越しそっちのけで体力を付けるためにランニングまでしていました。

それなのに...。

2週間後に支社での勤務が始まると、なんとたった2日でリタイヤ。

更に驚いた事に「退職」までしてきたのです。

どうしてそんな性急な事を...⁉

夫に聞くと、「体力的にキツくて仕事を続ける自信がなくなり、昇進までさせてもらったのに申し訳ないと思い、退職を決めた」とのことでした。

思わず私は声を荒げてしまいました。

「3日後にそこで仕事が始まる私の事は考えなかったの?」

すると、夫はあっさりと。

「考えなかった」

...それどころか、こう言ったのです。

「俺がこんなになったら、普通はお前も行かないよな?」

...2人で仕事をなくして、どうやって生活していく気でしょう? 

私への風当たりは強いと思いますが、行かない訳にはいきません。

私は予定通り3日後に出社しました。

職場の人達は事情を知っていても「夫は夫」と考えてくれる人が多く、露骨な態度を取る人はほとんどいませんでした。

有り難くホッとしましたが、問題は「肝心の夫」のほうでした。

私が仕事から帰宅すると、必ずこんな嫌味を言うのです。

「今日も忙しかったのか? 会社に気に入られているもんな」

「仕事が出来るからやる事が多いって思うなよ。女だからいいように使われてんだよ」

「俺の事で怒られないのも、正確にはお前はよその会社の人間だからだよ」

なるべく反論せずに聞き流すようにしていますが、私が悪い事をした訳ではありません。

私は転勤したいと思っていなかったのに、夫に付き合って転勤したのです。

収入が半分になるし、少しでも残業して稼がないと...と考えている私の方こそ、夫に嫌味を言いたいくらいです。

夫が辛くて悔しい気持ちなのは想像できます。

希望が膨らんでいただけに、はじけた衝撃も大きかったのだと思います。

それでも...一方的に言われているだけの状態にモヤモヤしています。

関連の体験記:「嫁のあんたが月20万稼いだら済む話やん」仕事を辞めたい夫をかばう、姑のハチャメチャ理論は...!?/かづ

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

体験記の筆者さんの置かれている状況が、理不尽すぎて、驚いています…。 ご主人が「新しい事をしたい」という気持ちを汲んで、応援してきたのに、後々の筆者さんのことを考えずに今の状況を招いたこと…。 どれだけご主人が不満をグチろうとも、私は筆者さんは悪くないッ!って、絶対そう思いますよ。 筆者さんは、家庭の今後の経済状況とかも考えて、今の状況でも頑張ってお仕事されているんだから、偉い!!って思います。 ご主人には、筆者さんが家庭のためにやってくれているということに早く気付いて!…と願うばかりです。
自分で勝手なことしたのに 愚痴愚痴言われて気分悪いですね 私ならそんな人とはいたくないので別れます 旦那の都合に合わせたのにそんなこと言われちゃたまったもんじゃありませんよ
言い返して嫌味の一つでも言いたくなるような人ですね。心中お察しします。自分の都合で妻に転勤までさせて本当に自分勝手な人。そんな人捨てて新しい人生送られた方がご自分のためではないでしょうか。
我が儘で分からず屋の旦那さんは、ゆくゆくは、あなたの負担にしかならないと思います。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP