「うさぎの飼い主にしか分からない!?うさぎにまつわる専門用語(造語)をご紹介-後編-」

みなさんこんにちは。
日々うさぎの魅力を発信している「うさぎのふうた」の飼い主です。

前回のエピソード:うさぎの飼い主にしか分からない!?うさぎにまつわる専門用語(造語)をご紹介 前編/ふうたの飼い主

今回は、一般的には知られていないうさぎに関する専門用語(造語)後編をお届けします!

前回もお伝えしましたが、うさぎを飼っている方、うさぎ好きな方の間で広く知られている用語(造語)になります。
言葉の由来や歴史については諸説あり、インターネットやSNSの普及により広まった言葉もあるので、
お堅いことは抜きにして軽い気持ちで読んでいただけたらうれしいです!


6.プゥプゥ

うさぎには声帯がないので、鳴き声を出すことができません。
ですが、うれしい時やかまってほしい時に鼻をプゥプゥ鳴らして感情を表現してくれます。
ちなみに怒っている時は「ブッブッ」という音を出したり、過度な恐怖やストレスを感じると「キィーーー」という甲高い音を出すこともあります。
※喜怒哀楽の表現には個体差があります。

001.jpg

002.jpg

7.ホリホリ

ペットのうさぎは、野生のアナウサギを改良した品種なので、本能で穴を掘ることを覚えています。
家の中に設置してあるカーペットやラグ、布団などで穴を掘る仕草をホリホリすると言います。
やわらかい場所を好む傾向がありますが、畳をホリホリしてボロボロに破壊されたことがあるので破壊力は侮れません(笑)

003.jpg

004.jpg

8.うさまんじゅう

丸まって伏せている状態のことを言います。
リラックスしている時、寝ている時などに見かけることが多いです。

005.jpg

9.カクカク

正式名称はマウンティングと言います。
一般的には交尾の仕草というイメージが強いですが、
オスがオスの上に乗って、上下関係をはっきりさせる時にする場合もあります。
ちなみに、メスがオスの上に乗ってカクカクすることもあるのですが、
これも「私の方が立場が上」という格付けのためにする仕草です。
人間の腕にしがみつき、カクカクしてくる子もいたりします。

006.jpg

007.jpg

10.うさパンチ・うさキック

うさパンチは、洗顔の前にかなりの確率で行います。
これは野生のアナウサギの時の習性で、顔を洗う前に前足についている土や砂を振り落とす仕草の名残です。
うさキックは、爪切りや投薬の時に仰向けで抱っこした際、嫌がって後ろ足で人間の腹部を蹴った時などに使います。
パンチはたいした威力ではないですが、キックは息が止まるほどの衝撃で、初めてくらったら面食らう可能性大です!

008.jpg

009.jpg

010.jpg


前編・後編の2部構成でお届けしましたが、楽しんでいただけたでしょうか。
今回は、日常でもよく使うメジャーな用語を紹介していきました。
ですが他にもいっぱいあるのでそれはまた別の機会に・・

うさぎは、一緒に生活してみて初めて分かる感動(もしくは衝撃)が多い動物です。
「表情がないのでは?」「リアクションがないのでは?」などと言われますがそんなことはまったくありません。
これだけたくさんの用語が生まれる=(イコール)魅力が詰まっているイキモノだと、この記事を書かせていただき改めて実感しました。

7歳になった相棒のふうたと、うさぎ用語を広められるようこれからも日々精進していきます!

ふうたの飼い主
Amebaトップブロガー。ブログにてうさぎのふうたの日常をお届けしています。日本一の癒し系うさブログを目指し毎日楽しく更新中です。うさぎとは思えないふうたの豊かな表情で癒されてくださいね
※うさぎと暮らす一例として見ていただけたら幸いです。

ブログ:うさぎのふうた

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP