うさぎの毛がひと晩で無くなりパニックに!「湿性皮膚炎」との闘い/ふうたの飼い主 -

うさぎのふうたと、3匹の保護猫(つむぎ・よもぎ・たび)との日常を描いたブログが人気の「ふうたの飼い主」さん。7年間にわたってブログを頑張っているふうたですが、その間には病気にかかることも...。そこで3回にわたって「ふうたのピンチ」を振り返ってもらいました。今回は前回に続く2回目、「湿性皮膚炎」にかかってしまったエピソードをご紹介します。

みなさんこんにちは。
日々うさぎの魅力を発信している「うさぎのふうた」の飼い主です。

前回のエピソード:え?うさぎが靴下をはくの!? 初めての病気「ソアホック」との闘い

これまでに経験したうさぎの病気に関する連載をお届けしている全3回のシリーズ。
2回目は、ふうたが5才の時に突然発症した「湿性皮膚炎」の闘病記についてお届けします。

2017年6月8日
その日は、梅雨入りしたとは思えないほどの快晴。
朝、ふうたを連れて外へ散歩に行こうとした時、

001.jpg

毛づくろいしていたふうたの右前足が大変なことに!
通常、うさぎの足はすべて毛に覆われているので皮膚が見えることはまずありません。
人間でいう「手の平」の部分の毛が、ほぼすべて無くなっていたので頭の中がパニックになったのを覚えています。

002.jpg

前日の夜はこのとおり、右前足はふさふさの毛で覆われていました。
ということは、たったひと晩で毛がなくなってしまったということ・・

慌ててかかりつけの病院へ行ったところ
「湿性皮膚炎」という診断結果でした。

おしっこや飲み水で、手が濡れてしまったことが原因で皮膚に細菌が侵入した可能性がある・・とのこと。

003.jpg

帰宅したらすぐに薬を処方。
ただし、湿性皮膚炎に効果がある薬は無いとのことで出されたのは精神安定剤でした。

004.jpg

うさぎは、違和感がある場所を無意識に舐めたり、イライラして自分で毛をむしってしまうことがあるので心を穏やかに保つために出されたお薬でした。
でも、薬が切れてくると・・

005.jpg

006.jpg007.jpg

舐めたくてしかたない衝動が!
でも、監視している私に止められてしまうので必死に耐えるふうたでしたが・・

008.jpg

私の目が届かないところで
こっそり舐めていたのを覚えています。
それから毎日、投薬はもちろん、床・ラグ・ケージなど
ふうたの生活スペースは徹底的に清掃。

009.jpg010.jpg

それでも完治まで2ヶ月以上かかりました。
やっと治った・・と安堵したのもつかの間、

011.jpg

なんと1ヶ月後に再発。

患部を毎日チェックしていたおかげで、2度目は症状も軽く3週間ほどで完治しましたが、
予防を徹底していたにもかかわらず、再発してしまったことにとてもショックを受けたことを覚えています。

012.jpg

でもこの病気がきっかけで、どんなに忙しくてもふうたの生活エリアは清潔に保つようになりました。患部を舐めないか監視していた時の心理戦を経て、これまで以上に心の距離も縮まった気がしています。

013.jpg

病気を経験することは、すべてがマイナスではないと私は考えています。

もちろん、ずっと健康でいることがベストではありますがどんなに予防や対策をしていても病気になる時はなります。

大切なのは家族であるペットが病気になった時、落ち着いて行動してあげられるかどうか。

最初に湿性皮膚炎になった時、患部を見た私がパニックになり、どうしていいか分からなくなったふうたは私から逃げて行ったのを覚えています。

「この人に任せれば助けてもらえる」

と思われるほどの深い信頼関係を築くのにソアホックと湿性皮膚炎、2つの病気はまちがいなく大きな経験値になりました。

大切なペットが大きな病気にかかった時、「頼りになる飼い主」として冷静に行動できるのか......。

ペットを飼われている皆さん、改めて考えてみてはいかがでしょうか。

うさぎ&猫ちゃんのかわいい姿が満載! ふうたの飼い主さんの連載リストはこちら

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ふうたの飼い主

ブログにてうさぎのふうたの日常をお届けしています。日本一の癒し系ペットブログを目指し毎日楽しく更新中です。うさぎとは思えないふうたの豊かな表情で癒されてくださいね。※うさぎと暮らす一例として見ていただけたら幸いです。

・ブログ新設!うさぎ+ネコのかわいい姿が毎日更新!!

「うさぎのふうた ~うさぎとネコと飼い主の日常~」

コメント一覧

我が家のうさぎ今年の3月5日に4才の若さで天国えと旅立ちました
私はウサギが好き過ぎて、一緒に入る墓建立しました。うさぎ保険、去勢はもちろん。どんなときでも、人よりうさぎ優先。うさぎは人の気持ちわかっていますよ!
病気になると悲しいですよね。 パニックにもなります。長く一緒に住んでると、天候の変化や、その子の体質など、段々と分かってくることも沢山あります。飼い主として何がしてあげられるのか、日々心をかけてあげることが、大事だと思います。
ふうちゃん

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP