自分の子どもたちと疎遠の義母。後悔のないよう、親らしいことをしてほしい/お悩み相談

日頃のモヤモヤやイライラ...人生を重ねると、さまざまな心配事が出てきますよね。そこで定期誌『毎日が発見』の「お悩み相談」コーナーから「読者の悩みと専門家のおこたえ」を抜粋してご紹介します。今回は、「子どもたちと疎遠の義母。後悔がないようにしてほしい...」というお嫁さんのお悩みに、作家、あかね屋代表の橋本きよみさんがアドバイス。さあ、あなたは...どう思われますか?

pixta_20873451_S.jpg

【お悩み】

疎遠になっている子どもに対し、せめて親らしいことを

義理の母は、自分の子どもたちと疎遠になっています。

長女はずっと闘病中ですが、義理の母は見舞いがてらに会おうともしません。

次男は30年以上帰ってきておらず、数年前リストラされるなど過酷な状況でも、義理の母は潔いほどきっぱり連絡をとりませんでした。

私の知る限りでは、次男からも母に対する安否確認はありません。

姉妹ともうまくいっておらず、そんな母を、夫(長男)もうとんじているようです。

義理の母が、せめて後悔のないよう、老親だからこそできること、親らしいことをしてほしいと思っています。

千葉県 T・Kさん(71歳)


【おこたえ】

お母様との縁はあなたの深い愛でつながれているもの

旦那様とのご結婚によってお母様と出逢えたことに深いご縁を感じておられるように見受けられます。

その大切なお母様が後悔しないようにと、子たちにしておいてほしいことについて心配されているあなたには、人を思う深い愛があります。

優しい方です。

あなたからの提案で、お母様にいつお迎えが来ても大丈夫と言ってあげられる何かを教えてあげてはいかがでしょうか。

きっとあなたの温かい言葉を待っておられると思います。

実のお子様との良い思い出が作れなかった方です。

そのお子様に残したいことを要求するのはむしろ残酷かもしれません。

あなたと暮らせた日々をきっと感謝しておられます。

最後には必ず「あなたのおかげで良い人生だった。ありがとう」とお別れの言葉を用意されていると思います。

先を思いわずらうことなく、いまのお母様との不思議なご縁を大切にお過ごしになられることをおすすめします。

●橋本きよみさん(作家、あかね屋代表

※記事に使用している画像はイメージです。

【まとめ読み】あなたの意見は...?「お悩み相談」記事リスト

おすすめ記事:1日2回、90歳の義母が「不機嫌」に。生活パターンが違うのに、どうすれば...?/お悩み相談
おすすめ記事:子どもが巣立った後、思い出のものをどう片付けたら.../お悩み相談
おすすめ記事:娘2人は結婚し、跡取りのいない私たち60代夫婦の「墓じまい」をどうすれば.../お悩み相談
おすすめ記事:同居する50代の娘とたびたび口論に。日々の「気の滅入り」をどうすれば.../お悩み相談
おすすめ記事:物だらけの義母の部屋...恥ずかしくて救急隊員も呼べない/お悩み相談

 

今回の先生

橋本きよみさん
作家、あかね屋代表。専門は「夫婦、家族」。

この記事は『毎日が発見』2021年3月号に掲載の情報です。

コメント一覧

実の子達と 仲良い老後を迎えられない 義母は嫁にも冷たい思います。嫁と仲良くしたかったら お願いします の言葉くらい自分から言う しかし 言われないのに 面倒みると 何か財産目当てと思われるので 冷たく 知らなかった^_^ がいいと思う。余計なことして 悪者になった嫁より
旦那さん兄弟達は多分あなたのいなかった今まで義母と会おうしてた時期あったと思います。でも義母が全く変わっていなかった。つまり毒親だったと。今の状態だけを見て決められるものでもない、とても深いものが旦那さん兄弟にはあると思う。そもそも、義母が後悔したくないと思ってないと始まらない話だと思いますが…

コメントする

この記事に関連する「お悩み」のキーワード

PAGE TOP