一度決めたことを「やり通す」より「臨機応変な軌道修正」を!/最高の時短

あなたは毎日「やりたいことだけ」に向き合って、1日の時間を満喫できていますか?
自分がやりたいことはこれじゃない...。でもどうでもいいことに時間を追われて、やりたいことができない。便利な家電が増え、デジタル化も進んだ現代なのに、なぜか「時間がない」という悩みが絶えることがない、と感じていませんか?
月収20万から、1日実働2時間で月収1000万円を超えた筆者による、「最幸」の時短術を惜しみなく公開します!あなたもぜひ「幸率」の良い人生を!

※この記事は『お金と時間の悩みが消えてなくなる 最高の時短理』(米山 彩香/KADOKAWA)からの抜粋です。

 

pixta_35638822_S.jpg前の記事「大きな目標達成のために「逆算」した「今日の目標」をクリアしよう/最高の時短(5)」はこちら。

 

「一度決めたことをやり通す」ほどムダなことはない

「ガンガンいこうぜ」よりも「ゆるくやってみよう」

数値目標を決めて、それをクリアして達成感を味わうことは、とても「楽しい」ことです。その楽しさがなければ、設定した大きなゴールがいかに楽しげなものであったとしても、小さなゴールはつらいだけのものになるかもしれません。ですから、数値目標は「楽しむためのもの」と考えるようにしましょう。

最初は1日の投稿数の目標を決めていなかったツイッターも、数値目標を設定すれば、まず自分が決めた投稿数をクリアできたことに達成感を覚えるはずです。
そして日々の投稿(行動)を繰り返すうちに、見てくれる人の数が増え、プロフィールをクリックしてくれる人の数が増えていく......。

私もこうして楽しみつつ、小さな達成感を味わいながら、自分のビジネスを発展させていったわけです。
「楽しさ」「達成感」という観点でいえば、やみくもに「きつい目標」を自分に課してしまうことも、要注意です。

世の中は計画どおりにいかないことが多いものです。
たとえば「半年後に会社を辞めて独立起業する」と決めても、諸々の事情からそれが叶(かな)わないなんてことはあるでしょう。このときに「半年で起業できなかったから、独立するのをやっぱりやめる」では、あまりにももったいない。

数値や期限を決めるときには、「計画どおりにはいかないものだ」ということを必ず念頭に置いて、余裕を持たせるべきです。

あくまでも目指すべきは「大きなゴール」。そのためには、小さなゴールはどんどん軌道修正しても構わないのです。

仮に「フルマラソンへの参加」を目標に、練習として毎日ランニングをするとします。このとき、普段運動経験があまりない人がいきなり「毎日5キロメートル走る」という目標を設定してしまったら、どうなるでしょう。

一度くらいはなんとか5キロメートルを走り切ることはできるかもしれません。しかし、その計画が自分の体力に見合っていないということを、すぐに思い知るでしょう。

ここで「1日3キロメートル」「週4日」という具合に軌道修正をして、少しずつ体力をつけていけば、いつかは「フルマラソン参加」という目標を達成できるはずです。
しかし、一度決めた計画を崩さないといって無理を続けていても、身体を壊すだけ。これでは身もふたもないでしょう。


「きつい目標」が、最終的な大きなゴールを遠ざけてしまうのです。

 

目標達成に自己肯定感が重要な理由

きつい目標を立てて、途中で挫折する......。これは自分のメンタルにも、大きなダメージを与えてしまいます。

かつての私がそうでした。
「会社勤めをしながら、1年以内に弁理士資格取得」という目標は、当時の自分にとってはかなり無理のある、きつい目標でした。にもかかわらず、私は「やればできる」「やり通すことで成功への道ができる」とばかりに、その目標を変えることはしませんでした。

そして、結果は資格試験不合格です。
もしも「3年後に合格」くらいの少しゆるい目標設定であれば、弁理士としての生活は実現していたかもしれない......という後悔は、長く続きました。

思い込みはさらにエスカレートし、「いや、私は何をやってもダメなんだ」と、自分で自分をいじめ、何事にも積極性を持てない、暗澹(あんたん)とした日々を送ったものです。

今からすれば「長い人生、そんなこともあるよ」くらいの話かもしれませんが、当時の私にとっては、完全に「人生の挫折」だったのです。
「きつい目標」による挫折は、このように、いたずらに自己評価を下げてしまうという落とし穴があります。「ブログ100本を書けない自分はダメな人間」「30分でタスクを終えられない自分は仕事のできない人間」などと、そこまで自己否定する必要のないことを考え、勝手に自信をなくしてしまうのです。

そもそも「きつい目標」を設定してしまうのは、誰かに言われるがままにしているからか、あるいは自分のテンションが高くなった「冷静ではない」状態で物事を考えているからでしょう。

周りの基準や評価、自分の気分の盛り上がりは、まずは置いておくこと。
「一度決めたことは必ずやり通す」
立派な態度に思われますが、ムダのない人生を送るには、必ずしもよいこととはいえないでしょう。

途中で挫折しないように、あらかじめ余裕のあるスケジュールを立てる。きつい目標だと感じたら、すばやく軌道修正する。このほうがずっと効率的な人生を送れるのです。

 

◆アクションプラン


毎日目標を見直し、軌道修正は早めにする


 

次の記事「つらい努力は努力にあらず? 目標達成は「楽しいから」できるのです/最高の時短(7)」はこちら。

 

米山 彩香(よねやま あやか)

株式会社NEXT LEVEL SOLUTION代表取締役。1987年生まれ。千葉県出身。東京理科大学大学院イノベーション研究科知的財産戦略専攻修士課程修了。シャープ株式会社をはじめとした大手企業に勤務。
会社員時代に「大学院に通いながら弁理士試験を目指す」という多忙な生活を2年間送った経験と、大学院での研究成果や知見をもとに、すべての行動における時短の追求、徹底したムダの排除、1分単位のスキマ時間でどこにいても何をしていても超集中力を発揮できるメソッドなどを構築。仕事のスピードの速さはどの職場でも評価され、残業なしで圧倒的な成果を出す。しかし、次第に会社員という働き方に疑問を感じ、会社に頼らず「1日実働2時間」ほどでストレスフリーなライフスタイルを実現したいと思うようになる。そこで、独自に研究を重ねた時短術を活用し、起業準備を進めたところ、昼休みの30分から始めた副業で初月から会社員の収入を超える。それがきっかけで起業を決意。事務所なし、従業員なしで独立1年目から億単位の売上を創出しつつ、実働は1日平均2時間ほど。現在は「ゆるく・楽しく・気ままに」をテーマにしたブログやコミュニティを運営し、会社収入に頼らずストレスフリーに生きる人を多数輩出し、「お金と時間の悩みがなくなる時短術」を広める活動も行っている。著書に『お金と時間緒悩みが消えてなくなる 最高の時短』(KADOKAWA)などがある。


cover.jpg

『お金と時間の悩みが消えてなくなる 最高の時短』

(米山 彩香/KADOKAWA)

「もっと収入を増やしたい」「自分のやりたいことに時間を使いたい」……多くの人が望むことですよね。しかしこんなに便利な世の中になったのに、なぜか日々の忙しさは増していて、やりたいことより「どうでもいいこと」に時間が奪われがちではありませんか?
本書には社会にあふれる「時短術」の常識を覆す「最高の時短術」が満載。あなたの人生の「幸率」を「最幸」にする、時短術の全てを知れる現代人のための時短の教科書です!

この記事は書籍『お金と時間の悩みが消えてなくなる 最高の時短』からの抜粋です
PAGE TOP