「割れても買い直したいものを」人気ブロガーが教えたい食器棚が片づく食器選びのマイルール

「家の片づけを始めても、なぜかなかなか進まない」と思うことってありますよね? そんな悩みを10年以上前からブログでつづったことで、モノに囲まれた暮らしから「もたない暮らし」に変えた人気ブロガーのriamo*さん。そんなriamo*さんの著書『「もたない暮らし」の始め方』(すばる舎)から、誰でもすぐに試せる「片づけ上手になる工夫」をお届けします。

093-009-083.jpg

少しずつ集めた北欧食器

娘たちが小さい頃、割ってしまう心配もあって、100円ショップの白い食器でも、もらい物の食器でも、とくにこだわりなく使っていました。

食器にこだわる心の余裕もなかったのだと思います。

しかし、北欧を舞台とする映画「かもめ食堂」に出会って、北欧食器の魅力に引き込まれました。

なんの変哲のないおにぎりが、素敵な食器にのせるだけで、とっても美味しそうに見えたのです。

同じ白い食器でも、北欧の食器は温かみがあって、コーヒーを淹れると何倍も美味しく感じられました。

それから少しずつ、北欧の食器を集めました。

今まで使っていた食器より、ちょっと背伸びして買った食器は、わが家の暮らしを豊かなものへと変えてくれました。

100円ショップの食器も丈夫で良いのですが、お気に入りの食器は、料理を並べるのも、お皿を洗うのでさえも、楽しい時間となりました。

もし、お客様用にと高価な食器をしまっているのなら、ぜひ普段の生活に使ってみてください。

いつもの紅茶やコーヒーが、うんと美味しく感じられるでしょう。

おもてなしの心も大切だけれど、毎日の暮らしが素敵な時間へと変化します。

家族分の4枚を超えないルール

食器選びのマイルールがあります。

わが家は4人家族なので、同じ種類の食器は4枚がルール。

同じサイズのグラスも4つずつ。

そうは言っても、色々な食器も楽しみたいもの。

そんなときは、色違いを2枚ずつ買って、家族分の4枚を超えないように選びます。

同時に使うことのない大きなマグカップは、2つだけ持つことに。

コーヒーカップのソーサーにもなる、ケーキ皿にもなる多用途のお皿を使うと、収納場所をとらずに便利に使えます。

093-009-085.jpg

特別なお客様用の食器はありません。

普段の食器が特別なものという考えです。

持っている食器は少ないので、死蔵品は1つもありません。

すべてよく使う1軍の食器です。

以前、大切にしていたイッタラのグラスを1つ割ってしまいました。

唇に触れたときの感触が良くて、飲み物が美味しく感じられるグラス。

早速、同じグラスを買いに行きました。

立派なお店に、小さなグラス1個だけを持ってレジに並ぶ私を見て、夫が「それだけ?」と笑っていました。

割れた分だけ、買い直す。

いつでも買い直すことができるようなシンプルな食器を選び、割れてもまた同じものを買いたくなるものを選ぶ。

それまでは、しまった! 割れた!で、終わり。

同じものを買い直す感覚がありませんでした。

割れるので、数もバラバラ。

当然、食器への愛着もありませんでした。

お気に入りの食器を揃えると、暮らしにゆとりが生まれました。

手抜き料理だって、ちょっと美味しそうに見えるから不思議です。

撮影:上岡エマ

いつでも5分で片付く家になる「もたない暮らし」記事リストはこちら!

093-H1-motanaikurashi+.jpg月間100万PVを長期達成している人気ブログ「やさしい時間と、もたない暮らし」のブロガーが手掛けた初著書
※書籍の詳しい内容は、こちらからAmazon書籍購入ページを参照ください

 

riamo*(りあも)

神戸市在住。ライブドアブログ公式ブロガー。ブログ「やさしい時間と、もたない暮らし」は長期にわたり月間100万PVを達成。毎日の暮らしをちょっぴり豊かにするもの選びや余計なものを持たない暮らしなどをつづり、多くのファンから愛されている。

093-H1-motanaikurashi++.jpg『「もたない暮らし」の始め方』

(riamo*/すばる舎)

人気ブロガーによる初の全ページ書き下ろし著書! 家の掃除や片づけが誰でもラクになる「もたない暮らし」。その始め方から、モノを減らした後の掃除術まで、丁寧に教えてくれます。そもそも家の中をスッキリさせれば、収納テクニックがいらなくなります。

※この記事は『「もたない暮らし」の始め方』(riamo*/すばる舎)からの抜粋です。
PAGE TOP