「1軍の服」はたったの2割。悩む時間がなくなる「服をもたない暮らし」

「家の片づけを始めても、なぜかなかなか進まない」と思うことってありますよね? そんな悩みを10年以上前からブログでつづったことで、モノに囲まれた暮らしから「もたない暮らし」に変えた人気ブロガーのriamo*さん。そんなriamo*さんの著書『「もたない暮らし」の始め方』(すばる舎)から、誰でもすぐに試せる「片づけ上手になる工夫」をお届けします。

093-007-061+.jpg

ほとんどが処分できる

捨てられないものナンバーワンは、服だそうです。

数年前まで、ファッションブログを書いていました。

服は今でも好きです。

でも、新着を追い求めるのに疲れてしまって、現在の「もたない暮らし」へと変化しています。

パレートの法則をご存知でしょうか?

結果の8割が、原因の2割によってもたらされる規則性のことです。

......と言われても、なんだかピンときませんね。

では、クローゼットの2割の服が、8割方使われていると言ったらどうでしょう。

たくさん詰め込まれたクローゼット。

着続ける服は、たったの2割です。

残りの服を捨てても、問題ないことがわかります。

若い頃、クローゼットを見渡しても、服はあるのに今日着て行く服が見つからない、ということがありました。

アイロンをしないと着られない服や、ちょっと前に流行った服。

「あ〜あ、服がないわ」とため息をつく。

おかしな話ですよね。

服はたくさんあるのに、服がないって......。

着る服がないと思うから、また買ってくる。

そうして、どんどん服を増やしてしまうのです。

新しい服を買ったら、古い服の出番はなくなります。

試着室で、新しい服を試着して、着ていた服を再び着ると、途端に古ぼけて見えてしまうのです。

そこで捨てればいいものを、いつか着るだろうと、またしまい込む。

1週間旅行にいくとしたら、どれを持っていく?

1週間は7日。1ヵ月は30日。

そう考えると、たくさんの服は必要でなくなります。

1週間、毎日違う服を着ても7枚。

1ヵ月、毎日違う服を着ても、30枚あれば不足することはありません。

明日から1週間、旅行へいくと想像してみます。

着ていく服は、トップクラスのお気に入り!

旅行中は着心地の良さ重視。

ちょっとおしゃれなレストランには、お気に入りのワンピース。

スーツケースの中に詰め込みます。

これが、私の一番好きな服。

残念ながら、留守番になった2軍、3軍の服は、もうあまり出番がないかもしれません。

着る服は決まっているのです。

着心地が良いとか、お気に入りとか、自然に手が伸びています。

服の処分に迷ったら、鏡の前で見るだけでなく、実際に着てみます。

袖を通すことによって、やっぱりいらないかと判断が早くなります。

いつも着る1軍だけのクローゼットは、何着て行こうと悩む時間がなくなります。

少ない服をハンガー収納、衣替えは1秒

以前は、衣替えシーズンの6月と10月、家族全員の衣替えをしていました。

娘が小さい頃に「ころもがえしよう!」と言うと、「え? こどもかえるん?」と聞いてきたのを懐かしく思い出しました。

大きな重い収納ケースを抱えて、家族4人分の服をたたみ直して、キレイにしまっていきます。

衣替えは、一大イベントでした。

1軍の服だけのクローゼットは、衣替えをする必要もありません。

たたむのが嫌いな私は、服はハンガー収納にしています。

季節によって、ハンガーに掛けた服を取り出しやすい位置に移動するだけだから、衣類整理があっという間に終わります。

自分で把握できる量のモノを持ち、収納ケースに押し込める衣替えをしない。

これだけで、家事がラクになります。

「とりあえず」衣替えをしてしまうことで、着ていない服も、「来年こそは着るだろう」と丁寧にたたみ直し、しまい込んでしまいます。

しかし、ワンシーズン着なかった服は、すでに「処分の対象」になっているのです。

「着る機会がなかった」「新しく買った服ばかり着ていた」「着心地が悪い」「ちょっと流行が過ぎた」など、着なかった理由を見つけ出してください。

「処分の対象」の服をしまい込むかわりに、新しいものが入るスペースを空けると、素敵な一着が見つかるはずです。

季節がわりの見直しがおすすめ

春夏秋冬、季節ごとにモノの見直しをやっておきます。

着なかったもの、使わなかったものを、季節の区切りで確認しておくと、捨てるものが明確に見えてきます。

冬に履くスリッパやタイツは、春が来たらすべて処分。

シーズン1回の使い切りです。真夏にクローゼットを開けて、真冬のセーターを眺めてみました。

時間がたてば、なんだかくたびれて見えてきます。

毛玉も取ったはずなのに、あちこちに毛玉が。

暑い季節に、冬のセーターのモコモコとした手触りは暑苦しく、「また冬の始まりまでに、素敵なセーターを見つけよう」。

そう思って、処分に踏み切れるのです。

季節ごとのくり返しの片づけで、おうちスッキリを目指してくださいね。

撮影:上岡エマ

いつでも5分で片付く家になる「もたない暮らし」記事リストはこちら!

093-H1-motanaikurashi+.jpg月間100万PVを長期達成している人気ブログ「やさしい時間と、もたない暮らし」のブロガーが手掛けた初著書
※書籍の詳しい内容は、こちらからAmazon書籍購入ページを参照ください

 

riamo*(りあも)

神戸市在住。ライブドアブログ公式ブロガー。ブログ「やさしい時間と、もたない暮らし」は長期にわたり月間100万PVを達成。毎日の暮らしをちょっぴり豊かにするもの選びや余計なものを持たない暮らしなどをつづり、多くのファンから愛されている。

093-H1-motanaikurashi++.jpg『「もたない暮らし」の始め方』

(riamo*/すばる舎)

人気ブロガーによる初の全ページ書き下ろし著書! 家の掃除や片づけが誰でもラクになる「もたない暮らし」。その始め方から、モノを減らした後の掃除術まで、丁寧に教えてくれます。そもそも家の中をスッキリさせれば、収納テクニックがいらなくなります。

※この記事は『「もたない暮らし」の始め方』(riamo*/すばる舎)からの抜粋です。
PAGE TOP