立てる?吊るす?乱雑になりがちなバッグを整然としまえるのは?/リバウンドしない収納

「片付かない」「すぐに散らかる」そのお悩みは、収納方法が暮らしに合っていないからかもしれません。ものを片付ける方法は1つではなく、さまざまな方法の中から自分に合っているものを見つけることが大切。台所、風呂場、クローゼットなど、お悩みが発生しがちなケースごとに、すっきりしまえる収納をA、Bの2通りご紹介します。あなたに合うのはどっちの収納方法?

※この記事は『リバウンドしない収納はどっち?』(須藤昌子/KADOKAWA)からの抜粋です。

前の記事「ボックス?収納袋?冬物寝具をすっきりしまえる方法は?/リバウンドしない収納(16)」はこちら。

 

乱雑になりがちなバッグ、整然としまいたいなら?

A.仕切りを使って立てる

rebound_p44-45_01.jpg

クロゼットのコーナーをバッグ置き場に決め、仕切りを立てて収納。

 

→立ててしまえば服の下の隙間も有効活用
場所は取るけれど安定感があり、さっと取り出せる方法です。仕切りを使い、1個ずつ定位置を決めます。購入時についていたパッキンを中に入れてしまうとしっかりして立てやすく、型崩れ防止効果も。大きなバッグに小さなバッグを入れてパッキン代わりにしてもいいでしょう。

rebound_p44-45_03.jpg

引き出しに仕切りを入れて立てて収納。詰め込まないほうが取り出しやすい。

 

 

B.吊るしてしまう

rebound_p44-45_02.jpg

ポールにS字フックをかけ、持ち手をかける。

 

→どこにでも設置できるが持ち手の型崩れが心配
コンパクトにしまいたいなら吊るすのがベスト。ただ、持ち手が型崩れしてしまうので注意。また、バッグを取り出すとき、S字フックが外れないよう持ち手に意識を集中させて取らなくてはいけないのが難点です。たくさん収納できますが、収納場所以上に持たないようにするのも大事。定期的に点検して増やさないようにします。

rebound_p44-45_04.jpg市販のバッグハンガーで段差をつけ重ねて吊るすと狭い場所でもたくさんのバッグがしまえる。

次の記事「祝儀・不祝儀で分ける?まとめる?冠婚葬祭用品をあわてずに準備できる収納は?/リバウンドしない収納(18)」はこちら。

 

 

須藤昌子(すどう・まさこ)

整理収納コンサルタント、フラワーデザイナー。ブログ 『ROOM-COZY 心地よい生活の始め方』を運営しながら、自宅や訪問にて整理収納セミナー・レッスンとフラワーアレンジメントの教室を開催している。

cover.jpg

『リバウンドしない収納はどっち?』

(須藤昌子/KADOKAWA)

大人気ブロガー初の書籍!片付かないのは収納方法が間違っているのではなく、収納が生活に合っていないから。クローゼット、冷蔵庫、シンク下から洗面所まで……。整理収納コンサルタントが、生活に合った収納方法を「どっち?」形式でご紹介します。リバウンドしない、あなたに合った収納方法がきっと見つかります。

この記事は書籍『リバウンドしない収納はどっち?』からの抜粋です

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP