瞑想がアイデアの源に!googleの「SIYプログラム」とは?

「体の不調」や「老後の貯蓄」などの心配事は、誰もが抱えているはず。考えすぎて心の重荷を増やす、嫌なサイクルに陥ってしまっている人もいるかもしれません。そこで取り入れたいのが「禅の習慣」。今回は、google本社で禅の講義を行う話題の禅僧による、「心配を取り除くための"ちょっとした思考のクセや生活の習慣を変える方法"」について、連載形式でお届けします。

※この記事は『心配事がスッと消える禅の習慣』(松原正樹/アスコム)からの抜粋です。

pixta_41443113_S.jpg前の記事:通勤時やカフェで!トップアスリートも実践する「イメトレ法」/禅の習慣(12)はこちら

 

■禅の習慣
仕事で息詰まったら、マインドフルネスで頭の中を整理する

ここ数年の間で日本でもよく耳にするようになった「マインドフルネス」は、禅から宗教色が排除されたアメリカ発祥の瞑想法などとも紹介され、逆輸入のような形で日本にもブームをもたらしました。

しかし、私の中で禅とマインドフルネスの間に垣根はありません。瞑想という大きな傘の下に、禅があり、マインドフルネスがあり、ヨガがある。瞑想へのアプローチの仕方がそれぞれ異なるだけで、瞑想という大きな目的は同じです。

ではなぜ、マインドフルネスがブームになったのかといえば、ビジネス・メディテーション(瞑想)の要素がクローズアップされたからではないかと推測します。そのきっかけを作ったのが、検索エンジンでおなじみのグーグル社です。

チャディー・メン・タンというグーグルのエンジニアが、従業員の「集中力向上」、「ストレス解消」、「チームワークの向上」のために、仏教の瞑想の要素を取り入れた「サーチ・インサイド・ユアセルフ(以下、SIYプログラム)」を開発しました。

私も禅の指導という形で、茶道を通してこのSIYプログラムに関わりましたが、基本的には心を落ち着かせ、思考を整理し、集中力を高めることで仕事の能力や能率をアップさせるというものです。

また、グーグル社内には社員が自由に使える瞑想ルームがありますが、ここで他の社員と一緒に座ることで、周囲の人たちとの共感・協調といったものが芽生え、チームワーク意識の向上にもつながります。

瞑想というのは、そのとき湧き上がる感情をとらえることもできれば、イメージトレーニングによって頭の中を整理することもできます。SIYプログラムは、双方の要素をバランスよく取り入れたプログラムだと考えるとわかりやすいでしょう。

仕事をしていると、同時進行でいろいろなことに対処しなければならず、時間との勝負で焦るあまり空回りしてしまうこともあれば、考えすぎて迷宮に入り込んでしまうこともあります。

詰め込みすぎた頭のバケーション。マインドフルネスは、そんな効果が期待できます。

目の前の仕事からいったん離れ、頭の中をリセットするとそこに空間ができ、新しいアイデアの入る余地が生まれる。このような経験が、マインドフルネスはクリエイティビティを向上させるといわれるゆえんです。

仕事で行き詰まった頭のリセット。心の休息。新しいアイデアの源。
疲れ切って思考停止に陥る前に、自分らしい瞑想のやり方を手に入れましょう。

 

 

松原正樹(まつばら・まさき)

1973年、東京都生まれ。千葉・富津市のマザー牧場に隣接する臨済宗妙心寺派佛母寺住職。アメリカのコーネル大学東アジア研究所研究員。ブラウン大学瞑想学研究員。ベストセラー『般若心経入門』の著者で名僧の松原泰道を祖父に持つ。コーネル大学でアジア研究学の修士号、宗教学博士号を取得後、カリフォルニア大学バークレー校仏教学研究所、スタンフォード大学HO仏教学研究所を経て、現在に至る。グーグル本社で禅や茶道の講義をするなど、マインドフルネス界からも注目を集めている。ニューヨーク在住。アメリカと日本を行き来しながら、禅とマインドフルネスの橋渡し的存在として、国籍や人種、宗教を問わず人々の「心の救済」にあたっている。

616jd28IjFL.jpg

『心配事がスッと消える禅の習慣』

(松原正樹/アスコム)

ニューヨークを拠点にスタンフォード大学、コーネル大学、グーグル本社などで禅的な生き方、心をラクにする瞑想法を指導している、いまもっとも注目すべき禅僧のデビュー作。不安・恐れ・孤独感・心の苦しみがスッと消える「禅的生活」のススメが、分かりやすく丁寧に語られた話題の一冊です!

この記事は書籍『心配事がスッと消える禅の習慣』からの抜粋です

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP