女子中高生が発信源!「デジタル携帯ペット」大ブーム/1996(平成8)【平成ピックアップ】

いよいよ「平成」が終わりを迎えます。ニッポンが駆け抜けてきたこの30年間、何が起こり、何が変わったのか......。「とらえどころのない時代」と言われがちな「平成」とは一体何だったのか、この機会にわかりやすいイラスト図解とともに振り返ってみましょう。

※この記事は『雑学ニッポン「出来事」図鑑』(KADOKAWA)からの抜粋です。

前の記事「首相がカイワレを一気食い!O157食中毒の拡散/1996(平成8)【平成ピックアップ】(7)」はこちら。

 

たまごっち、大ブーム【1996(平成8)】

女子中高生から火がついた「デジタル携帯ペット」
「デジタル携帯ペット」という位置付けの玩具「たまごっち」が大流行。常に身に付けて持ち歩き、画面の中のキャラクターを世話して育てたり可愛がったりするというもので、女子中高生を始めとする若者の間で大ブームとなりました。

i-242.jpgi-243.jpg

[1996年11月23日]~[1998年] 第1期:誕生期
初代「たまごっち」発売。©BANDAI,WiZ

 ↓
[1997年2月]
「新種発見!!たまごっち」発売。登場するキャラクターが新しいものに。
 ↓
[12月]
「たまごっち オスっち・メスっち」発売。本体同士をつなげて子どもが生まれるようになった。
 ↓
[2004年3月]~[2007年] 第2期:ツーしん期
「かえってきた!たまごっちプラス」発売。赤外線通信機能を搭載。
 ↓
[2008年11月]~第3期:カラー期
「たまごっちプラスカラー」発売。液晶画面がカラーに。
 ↓
[2016年7月]
たまごっち20周年。「Tamagotchi m!x」発売。

 

次の記事「「銀行・証券は潰れない」神話が瓦解!山一証券破たん/1997(平成9)【平成ピックアップ】(9)」はこちら。

 

 

ケン・サイトー

イラストレーター。宮城県仙台市生まれ。大学卒業後、ゲームデザインの会社を経て、2006年よりイラストレーターとして独立。おもに書籍や雑誌の挿し絵などを手がけている。

cover.jpg

『雑学ニッポン「出来事」図鑑』

(ケン・サイトー/KADOKAWA)

「平成時代の終わり」が迫るいまこそ、昭和から平成までを振り返る時。政治、社会、学術からエンタメ、スポーツ、流行りモノまで、大人として知っておきたい重大な事件や出来事を、分かりやすいイラスト図解でまとめました。取り上げるのはずばり戦後の昭和から平成までの100大事件。「あの時」一体何が起こったのか、楽しみながら解明できる一冊です。

 

この記事は書籍『雑学ニッポン「出来事」図鑑』からの抜粋です

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP