待望のサッカーJリーグ開幕!初ゴールを決めたのは?/1993(平成5)年【平成ピックアップ】

いよいよ「平成」が終わりを迎えます。ニッポンが駆け抜けてきたこの30年間、何が起こり、何が変わったのか......。「とらえどころのない時代」と言われがちな「平成」とは一体何だったのか、この機会にわかりやすいイラスト図解とともに振り返ってみましょう。

※この記事は『雑学ニッポン「出来事」図鑑』(KADOKAWA)からの抜粋です。

前の記事「受験生困惑!?「共通一次」から「センター試験」へ/1990(平成2)年【平成ピックアップ】(2)」はこちら。

  

Jリーグ開幕【1993(平成5)年】

日本サッカー界に待望のプロリーグが誕生!
日本のサッカーにプロリーグが誕生、「Jリーグ」と名付けられました。その最初の試合は、観衆6万人の国立競技場でキックオフ。後の日本代表の活躍などとあわせ、サッカー人気が大きく盛り上がるきっかけとなりました。

i-230.jpgi-231.jpg

[1965年6月6日]
日本サッカーリーグ開始
日本のサッカーリーグが設立され、社会人クラブ、古河電工、三菱重工、日立本社など8チームによりスタート。
 ↓
[1968年10月]
メキシコシティーオリンピック
日本代表が銅メダル獲得。釜本邦茂が7得点をあげる活躍で得点王に。
 ↓
[1993年5月15日]
Jリーグ開始
日本のプロサッカーリーグとなる「日本サッカーリーグ」、通称「Jリーグ」が10チームでスタート。
 ↓
[1998年]
Jリーグ2部制に
チーム数の増加などにより、Jリーグディビジョン1とディビジョン2の2部制に。後にそれぞれJ1、J2となる。
 ↓
[2001年3月3日]
「toto」開始
サッカーくじ(スポーツ振興投票)「toto(トト)」がスタート。
 ↓
[2014年]
J3創設
J1、J2に続く3部リーグ「J3」が誕生。

 

 

ケン・サイトー

イラストレーター。宮城県仙台市生まれ。大学卒業後、ゲームデザインの会社を経て、2006年よりイラストレーターとして独立。おもに書籍や雑誌の挿し絵などを手がけている。

cover.jpg

『雑学ニッポン「出来事」図鑑』

(ケン・サイトー/KADOKAWA)

「平成時代の終わり」が迫るいまこそ、昭和から平成までを振り返る時。政治、社会、学術からエンタメ、スポーツ、流行りモノまで、大人として知っておきたい重大な事件や出来事を、分かりやすいイラスト図解でまとめました。取り上げるのはずばり戦後の昭和から平成までの100大事件。「あの時」一体何が起こったのか、楽しみながら解明できる一冊です。

この記事は書籍『雑学ニッポン「出来事」図鑑』からの抜粋です

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP