理想はゲームにハマる子供の姿。知っておきたい「集中」と「リラックス」の関係性

何を始めるにも時間がかかる、すぐに気が散る...そんな悩みを解決する方法があることをご存知でしょうか。必要なのは、たった30秒。わずかな時間で「集中力」を発揮して持続できるメソッドがまとめられた『30秒集中法―いきなり一点にすべての能力を集め、持続させる―』(森 健次朗/ワニブックス)から、誰でもできる「集中する技術」を連載形式でお届けします。仕事や普段の生活で、きっと「良い結果」が残せるようになるはずです。

pixta_3703196_S.jpg

子供がゲームにハマるように「仕事」「勉強」にハマるカギは"リラックス"

子供は、ゲームに集中します。

このとき、子供は本当に楽しそうにプレイしています。

これこそ、「理想の集中の形」だと私は考えています。

子供がゲームにハマるように、大人が仕事、勉強にハマるためには、子供がある意味でゲーム依存症になっているメカニズムを知ることが大切です。

子供は、適度にリラックスして、目の前のゲームに強く集中します。

しかも、「もうやめなさい」と言われてもお構いなしに、長時間プレイを続けます。

実は、〝瞬時に強く、そして長時間〟集中するためには、リラックスすることが欠かせません。

いかにリラックス状態をつくれるかが、集中の質と密接に関係しているということです。

集中するためにまずするべきことは、リラックスすることです。

リラックス状態をつくることとは、集中するために絶対的に必要な準備なのです。

「集中力が続かない」「スッと集中できない」という悩みを持つ人たちに対して、私は長年、研修などを通して指導してきました。

そこでわかったことは、何かに集中できない人に共通することが、緊張して力が入りすぎているということです。

力が入りすぎている人や、「何がなんでも集中しなければ」と考える人ほど、自分の能力を発揮できません。

気合いや、気持ちを強く込めすぎて物事に臨む人ほど、「失敗したらどうしよう」という考えが頭をよぎり、本領を発揮できないのです。

自分の能力を存分に発揮する人、能力以上の力を発揮できる人というのは、リラックスして物事に臨んでいます。

振り子は引っ張れば引っ張るほど、振り幅が大きくなります。

同様に、リラックスの幅が大きいほど、集中も強くなります。

集中とリラックスは表裏一体の関係であり、切っても切り離せない関係です。

一流はリラックスのための副交感神経の役割を知っている

一流のビジネスパーソン、アスリート、アーティストは、結果を求められるため、緊張状態にさらされる機会が多くあります。

そのため、意識的にも無意識的にも、リラックス状態をつくることを意識しています。

彼らは、いつでも瞬時に集中状態をつくるために、そして、集中状態を持続させるために、リラックスする方法を実践しているのです。

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあります。

車で例えると、交感神経がアクセルで、副交感神経がブレーキの役割を担います。

仕事でも勉強でも、私たちは進んだり止まったりしながら、日々の活動を行なっています。

アクセルとブレーキの割合が、適度なバランスを保つことで、成果は出せるのです。

人間は、戦闘モードになったときに交感神経が働きます。

交感神経は、運動時や昼間の活動時に働くのです。

このとき、血圧は上がり、心拍数も増え、エネルギーを消費します。

一方で、副交感神経は、休息や栄養補給などの役割があり、エネルギーを再生する働きがあります。

このとき、血圧は下がり、心拍数は減り、体も心もゆったりとします。

交感神経の活動レベルが高く、副交感神経の活動レベルが低いと、心身が不調になります。

だからこそ、リラックス状態をつくるために、副交感神経にスイッチを入れ、心も体もゆるめる機会を意識的に持つことが大切です。

冷静に仕事や勉強に集中し、成果を出すための準備として、リラックス状態をつくることを心がけましょう。

自分の能力を最大化できる「30秒集中法」記事リストはこちら!

30秒集中法.jpg
書籍の詳しい内容は、こちらからAmazon書籍購入ページを参照ください

 

森 健次朗(もり・けんじろう)

株式会社集中力 代表取締役。一般社団法人 日本集中力育成協会 代表理事。オリンピック競技ウエア(陸上、水泳)の日本及び世界各国の開発を担当し、シドニー五輪で注目を集めた「サメ肌水着」の世界特許の発明者でもある。「リラックス法」「集中法」を体系化し、「集中力発揮法」を伝える講師を育成する協会を設立。

shoei.jpg

『30秒集中法―いきなり一点にすべての能力を集め、持続させる―』

(森 健次朗/ワニブックス)

面倒くさい、気が散る…何かを始める前に横たわるこんな問題。解決するために必要なのは「集中力」です。集中するために必要な時間は、たったの30秒!普段の習慣を少しだけ工夫すれば、仕事や勉強などさまざまなことがきっとうまくいきます!

※この記事は『30秒集中法―いきなり一点にすべての能力を集め、持続させる―』(森 健次朗/ワニブックス)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP