過剰忖度!?若者を理解するキーワード「マイルディング」って

職場でバリバリ頑張っていた若手社員に、突然「来月で辞めます」と言われた――。そんな話を耳にしたことはないでしょうか? 若者の働き方研究の第一人者・平賀充記さんによると、今の若者は「すぐ辞める」のではなく「突然辞める」。そこにはオトナと若者の価値観の違い、世代間ギャップがあるといいます。そこで、平賀さんの著書から「若者の価値感がわかる20のキーワード」や「オトナと若者の意識のギャップ例」を5回にわたってご紹介します。

※この記事は「なぜ最近の若者は突然辞めるのか」(平賀充記/アスコム)からの抜粋です。

pixta_23387762_S.jpg前の記事:生きる空間まで違う?オトナと若者の「世代間ギャップ2.0」とは/なぜ最近の若者は突然やめるのか(1)はこちら

 

「自分的には普通にいい」? 自己表現は、限りなく曖昧なグレー

「このパスタ、普通においしくない?」最近、こうした表現をよく耳にします。しかしよく考えたら「普通においしい」って、「ちょっとおいしい」でもなく「意外とおいしい」でもなく、非常に曖昧な表現です。

他にも曖昧な表現は増えています。「ナシよりのアリ」とか「アリよりのナシ」とか。またツイッターでは「わかりみが深い」という言葉をよく見かけます。これは単に「わかる」と完全に言い切らないときに使う言葉のようです。実は、何かを評価する際に使う若者言葉が、どんどん曖昧化しているのです。いいとも悪いとも言い切らない、断定はしない。これも、他人に見られていることを前提にした、過剰な忖度が背景にあります。

オンラインの世界では、「2ちゃんねる」にせよ「食べログ」にせよ、ひとつの話題に対してさまざまな意見や評価があふれています。そんな中ではっきりと断定するには勇気がいります。誰にも否定されないように無難に答える、何ごとにもエクスキューズの余地を残すことが若者の処世術なのです。

 

#マイルディング

nazesaikinnno_P89_01.jpg 

「この新しいPOP、どう思う?」「自分的には普通にいいと思いますけど......」この「自分的には」や「普通に」といった表現には、発言の主体性を薄くしようという心理が透けて見えます。オトナからすると、言いたいことがよくわからないとか、自己主張が希薄だと思えるかもしれません。

しかし彼らは決して「ストレートな自己表現が苦手」なのではなく、「あえて封印している」のです。本音は、しっかり持っています。

 

【関連キーワード】
#ニュアンスコンシャス #曖昧ME #あえての封印 #ナシよりのアリよりのナシ...アレ、どっちだっけ?

 

次の記事「上司は見極め必須!? 若者を知るキーワード「ムリヤリア充」/なぜ最近の若者は突然やめるのか(3)」はこちら。


H1_なぜ最近の若者は突然辞めるのか.jpg 最近の若者の価値観を5つの特性と20のキーワードでわかりやすく解説。若者との付き合いが楽になるコミュニケーション術も紹介されています

 

 

平賀充記(ひらが・あつのり)

1963 年長崎県生まれ。ツナグ働き方研究所所長。株式会社ツナググループ・ホールディングスエグゼクティブ・フェロー。正規、非正規や性別、国籍などの枠組みにとらわれない働き方の実現に向けて、リアルな職場の現状を調査、レポートし続けている。30 年以上にわたり「職場の若者」を見続けてきた経験で、若者の採用とマネジメントに関するコンサルティング、セミナーが好評を博す。「東洋経済オンライン」「読売新聞オンライン」などウェブメディアへの寄稿も多数。

616jd28IjFL.jpg

『なぜ最近の若者は突然辞めるのか』

(平賀充記/アスコム)

「頑張ってるな、と思ったら突然辞める」「デキるヤツほどあっさり辞める」「仕事で若手に気を使わなきゃいけなくて疲れる」――。そんな悩みに「若者の働き方」を30年以上にわたって研究してきた第一人者が応える、渾身の一冊。最近の若者の価値観を5つの特性と20のキーワードでわかりやすく解説。さらにそんな若者たちとの付き合いが楽になるコミュニケーション術が具体的に書かれています。仕事で若い部下との関係に悩んでいる人、もっと良い関係を築いていきたい人、必読の一冊です。

この記事は書籍『なぜ最近の若者は突然辞めるのか』からの抜粋です
PAGE TOP